犬に「ハウス」のしつけを教える方法とポイント


犬,柴犬,豆柴

犬のハウスのしつけとは?

まずは「犬のハウスのしつけとは何か」からご説明します。

犬に決まった号令、例えば「ハウス!」や「ゴーホーム」などといった掛け声とともに、犬に決まったハウスに入ってもらうことをいいます。

この場合のハウスは、犬用のベッドではなく、主にクレートやケージを指します。

そのため、「ハウストレーニング」もしくは「クレートトレーニング」などといいます。

強制的に閉じ込めるなんてかわいそうと思いますか?

ハウスを覚えることは、犬にとってたくさんのメリットがあるのです。

犬に「ハウス」を教えることのメリット5つ

1. 病院に連れて行くときなど、犬が嫌がらずすんなりクレート移動できるようになります。

2. 災害時など、犬がパニックになっている時でも、ハウスができていれば迅速に犬を連れて避難ができます。

3. 急な来客時、お客さんに吠えたり、じゃれたりと迷惑をかけなくて済みます。

4. 室内で修理や家具の移動など、犬がいると危険がいっぱいですが、ハウスができれば、安全な場所に犬を誘導できます。

5. 犬に留守番をしてもらうとき、広い部屋に放し飼いをするよりも、ケージなどに入ってもらった方が、間違いなく安全で、犬にとっても広い場所におかれるより、限られた範囲の方が安心できるようになります。

犬にハウスのしつけを教える方法

では具体的にどうやって犬にハウスを教えていったらいいでしょうか。

ポイントは、犬にハウスに入るといいことがあると学習してもらうことに尽きます。

  • ここに入ると楽しい
  • ここに入ると安全

そう思わせたら大成功です。

そうなってもらう方法は7つになります。

1. クレートの中に大好きなおやつなどをそっと入れて、犬を呼びます。

2. 犬がクンクン匂いにつられてクレート(ケージ)の中に首を突っ込んで入る瞬間に「ハウス」など、短い合図でクレート(ケージ)=ハウスと認知させます。

この時絶対してはいけないのは、焦って犬をクレート(ケージ)の中に押してしまうことです。

自ら入ることを待ちます。

3. クレート(ケージ)に軽く入っても、最初のうちはすぐに出てしまうでしょう。

それでもいいのです。

絶対、無理強いはしてはいけません。

4. クレート(ケージ)に犬が入った時は、絶対扉を閉めないことです。

自由に出入りできるようにし、入ったら閉じ込められる!という不安を与えないようにします。

5. 1と2の方法を何度か繰り返しながら、何もないときにでもたまにオヤツをクレートの中に忍ばせます。

そうすることで、クレート(ケージ)にいるといいことがあると自然と認識し始めます。

6. クレート(ケージ)の中でのんびり寝そべるようになってきたら、もう少しです。

クレート(ケージ)が安全な場所と思えるように、クレート(ケージ)の中にいるときには絶対、手を出さないようにします。

どんなに出てきて欲しい場面でも引っ張り出してはいけません。

とにかくひたすらクレート(ケージ)の中は安全地帯と学習させるのです。

7. 次第にクレート(ケージ)の中に慣れてきたところで初めて、クレート(ケージ)の扉を閉めてみます。

最初は数分から始め、徐々に慣らしていきます。

ハウスを教えるポイント3つ

1…とにかく焦らないこと(特に扉を閉めるのは、ほぼハウスができてからで十分

2…犬がハウス=楽しくて安全と認識することに集中する

3…犬がクレートに入る瞬間にタイミング良く、「ハウス」と声をかけ、ご褒美をあげることもOKです。

犬がハウスに入りたがらない。なぜ?

様々理由はあると予測できますが、

  • ハウスの場所が悪い(極端に寒かったり暑い。家族が見えない。騒々しい)
  • ハウスのサイズが犬に合っていない(狭すぎて動けないなど)
  • ハウスに入ることで怖い思いをしてしまった
  • ハウスが汚い

などを見直してみましょう。

万が一、ハウスの中にいるときに怖い思いをして、トラウマがある場合、思い切ってハウス自体を新調してみたり、焦らず、ハウスのしつけ方法を1から根気よくやり直し、トラウマを解消する工夫をしてみましょう。

また、犬はとにかく家族のそばにいることが大好きです。

ハウスを覚えるまでの間は、家族みんながいるようなところにハウスを置き、安心させてあげましょう。

犬のハウスにはどんな物がいい?

ハウストレーニングは犬用のベッドなどではなく、クレートや犬用バッグ、ケージを使うことをおすすめします。

クレートや犬用バッグに入るようにしつけることで、いざ、病院に行くときや、災害などがあり緊急に避難が必要となったとき、ハウスのしつけができていれば、走って逃げる犬を捕まえる必要がなくなります。

具体的にどんなものがいいでしょうか。

クレートや犬用バッグの場合

犬のサイズに合わせることが重要です。

中に入ったとき、立った状態で方向転換できるものがベストになります。

犬は狭い方が安心するなんてよく聞きますが、身動きができないくらいのスペースは、犬にとっては居心地いいとはいえません。

クレートや犬用バッグには、ハードとソフトと素材が様々あります。

用途に合わせて選ぶようにします。

万が一汚れた時のことも考え、洗えるものを選ぶと長く使えて便利なのでおすすめします。

犬用ケージの場合

犬用ケージもクレートや犬用バッグと同様、犬のサイズに合わせることが大切です。

狭すぎても大きすぎても落ち着きません。

留守番の時に活用することも考えているのであれば、トイレや水を置くスペースを確保した上で、犬が自由に立ったり座ったりできる大きさのものを選びましょう。

また、ご自身の愛犬の性格を考えて、ケージの素材はステンレス、プラスチック、木材などから選ぶようにします。

まとめ

犬に「ハウス」をしつけることは、犬に無理強いをさせることなく、飼い主がのんびり構えて教えることで、比較的苦労なく教えることができるしつけになるでしょう。

犬は私たちが想像するよりデリケートで、意外なものに恐怖を覚えたりします。

私たちが神経質になりすぎて、過剰に犬に気を遣う必要はありませんが、犬の立場に立って、優しい気持ちで接することは、「ハウス」を早く覚えてもらう方法の1つかもしれません。