覚えておこう。犬が誤飲した時の応急処置!


犬,誤飲,医者

犬の誤飲について

犬の誤飲とは言葉通り、誤って何かを飲み込んでしまうことをいいます。

それは食べ物に限らず、犬のおもちゃだったり、家のインテリア、子供のおもちゃ、時に人用の薬だって誤飲してしまう可能性があります。

それら誤飲には、多少飲み込んでも様子を見て大丈夫なものと、緊急に対処しないといけないものまで様々あります。

まず、室内で起こり得る危険な誤飲リストを見てください。

  • 犬が食べたら中毒を起こす食べ物(ネギ類、チョコレート、ぶどう類、キシリトール、アルコールなど)
  • 犬や子供のおもちゃの一部(特に鋭利なもの)
  • 爪楊枝やインテリアの一部をかじって尖った木の破片、針など
  • 電池(特にボタン電池は危険大)
  • 化粧品
  • 大量の糸くず
  • タバコ
  • ビニール袋
  • 洗剤(洗濯洗剤、シャンプー、漂白剤など全ての化学洗剤)
  • 保冷剤
  • 乾燥剤
  • ペットシーツの中身(大量)
  • 観葉植物

これらのものは全て、どんな家庭にもあるもので、意識しないと簡単に手の届くところにありがちです。

このリストの中のものの中には、糸くずやペットシーツの中身など、少量であればウンチと共に体外に出て、問題ないとはいわれていますが、やはり個体差があるのと、体の大きさに対してたくさん誤飲してしまった場合は、楽観視できない状況になります。

犬が誤飲した時の症状

では実際犬が何かを誤飲してしまった時、どんな症状が現れるでしょうか。

犬の誤飲の症状は、そのものが詰まる場所でそれぞれ違う症状をみせます。

喉(食道)に詰まった時

喉に詰まってうまく呼吸ができないことで、咳き込むようになります。

咳き込んだり吐き出す仕草を繰り返し、詰まったものを出そうと必死になり、じっとせず、動き回ることもあります。

また、大量のよだれが出るようになります。

胃に詰まった場合

異物感より、嘔吐を繰り返したり食欲がなくなったりします。

また、元気がなくうずくまることもあります。

食道を通過し、胃まで落ちていった場合、全く症状が出ないこともあるので、飼い主さんが気づかないということも最悪起こり得ます。

それで、消化してしまうか、ウンチと一緒に排出されれば問題はありませんが、そのまま胃に留まることで、胃の粘膜を傷つけたり、最悪穴が空いてしまうなど起こります。

腸に詰まった場合

腸に異物が詰まると、嘔吐、便秘、下痢などの症状が現れ、元気がなくなり食欲が落ちてきます。

症状が進むごとに、明らかに食欲は落ち、やがて全く食べなくなることもあります。

さらに状況が悪化すると、腸閉塞となり激しい腹痛に襲われるのと、腸管が壊死して命を落とす場合もあります。

犬の誤飲の症状が出る時間は?

飲み込んだものや、その犬の状態によって、誤飲による症状が出る時間はかなり幅があります。

石ころやボールを誤飲したけど、1週間経っても症状がなく元気みたい。

大丈夫かな、とは思わないでください!!

異物は異物です。

元気に見えても、放置してはいけません。

体内に長く停留することで、数年後に突然症状が出てくることがあります。

犬が誤飲をしたとわかっている場合は、必ず、獣医さんに連絡をするようにしましょう。

吐くかウンチと一緒に排出されなければ、何かしらの方法で体外に出さなければいけないことが多いです。

犬が誤飲した時の応急処置

犬が誤飲をしてしまった時、飼い主さんはかなりパニックになってしまいます。

どうしていいかわからず、良かれと思ってしたことが逆効果のこともあります。

万が一の時のために、犬が誤飲した時、どうしたらいいかを知っておくことはとても大切なことです。

何を誤飲し、どこに詰まっているかによって、応急処置方法は変わってきます。

食べ物を喉に詰まらせ、呼吸ができない時

間違いなくそれが食べ物の場合、喉に詰まって犬がゲホゲホ吐き出そうとしても、吐き出せない時には、

小型犬の場合

  • 後ろ足を持ち、逆さ吊りにします。
  • その際、誰かもう1人そばにいるなら、その犬の背中を平手で叩きます。
  • もし1人しかいないなら、逆さにした状態で、少し上下に揺らします。

大型犬の場合

  • 大型犬だと持ち上げること自体困難なため、横向きに寝かせます。
  • 犬の胸の下あたりから上へ向けてグッと手のひらで押し、吐き出す補助をします。

このような方法を試してみます。

または、犬の口を開かせ、舌を抑え、喉が見える状態にします。

そこで異物が目に見える場合、喉を傷つけないように、ピンセットで取り除きます。

ただこの方法は、犬が暴れてしまうと大変危険なので、犬の性格に左右されます。

いずれにしろ、窒息するようでは命に関わりますので、応急処置をしながら必ず、獣医さんに連絡を取り判断を仰ぎます。

洗剤、薬剤、有害物質、化粧品、電池などを誤飲した場合

人の薬、洗剤、漂白剤、電池などを誤飲した場合、吐かせることはNGです。

吐かせることによって、食道を傷つける可能性があります。

また、人の薬の場合は誤飲した薬の種類によって、対応が違ってきます。

必ず、動物病院に連絡を取り指示を仰ぎます。

その際には必ず、何をどのようにどれくらい誤飲したかを伝えられるようにしましょう。

例えば、人の薬を誤飲した場合、薬そのものだけを誤飲したのか、シートごと誤飲したのかで違いがでます。

シートごとの場合、プラスチックが食道や胃、腸を傷つけることも考えなくてはいけません。

特に電池を誤飲した時は、緊急を要します。

電池の成分が体の組織を壊すからです。

また、絶対に吐かせようとしないでください。

かなり危険なので、必ず動物病院に急いで連れて行ってください。

おもちゃやゴム、ビニール袋などを誤飲した場合

飲み込んだものの形態と量によって違います。

おもちゃなどの一部を飲み込んだ場合、まず、その飲み込んだものの形態を確認しましょう。

小さく鋭利ではなく、丸みがあるようなものの場合、犬の体調に変化がない場合、緊急性は低いとみて、獣医さんに報告した上で、様子見をすることが大きです。

だいたい、1週間を目処にウンチと一緒に出てくることが多いので、念のため、誤飲の破片がウンチとともに排出されたかどうか、ウンチのたび、中に破片があるかどうかをチェックします。

結構な大きさの破片や破片が鋭利なことが考えられる場合は、胃や腸を傷つける可能性があるので、素人判断をせず、獣医さんにお任せするようにしましょう。

犬が誤飲をした時とるべき行動

犬が誤飲をした時には、症状があるなしにかかわらず、必ず獣医さんに報告をするようにしてください。

誤飲したものによっては、だいぶ時間が経ってから思いもしない病気の原因になったりします。

素人判断で、無理に吐かせたりすると状況が悪化しますので、獣医さんに従うようにしてください。

また、誤飲したものの一部が残っていれば、それを持って、病院に行くようにします。

犬の誤飲を防ぐためには

犬の誤飲を防げるのは、飼い主さんだけになります。

誤飲を防ぐ方法は4つあります。

1…室内には、犬が届くところに危険なものはおかない

2…飼い主さんが必ず犬の目線の先を見て危険物がないかチェックする

3…「離して」や「ダメ」の合図で咥えたものを離すようにしつけする

4…危険なものを犬が咥えて離さない場合、無理やり取ろうとしない。

(慌てて飲み込む可能性大)オヤツなどで釣り、注意をそらして奪います。

以上のことを徹底して、愛犬を守ってあげましょう。

まとめ

犬はそのものが危険かどうかはわかりません。

興味があるとつい、口に入れてしまいます。

普段から犬の周辺に危険なものを置かないことで、見ていないときの誤飲からも犬を守ることができます。

そういう危険な場面から守れるのは、飼い主さんだけということを忘れないでください。