犬はこたつでまるくなる?実は危険なこたつで寝ること


犬はこたつが好き?

こたつは日本で暮らす犬だけの特権!

こたつのルーツである掘りこたつは室町時代からありましたが、江戸中期に火鉢をやぐらで囲い布団をかけたものが今のこたつの原型です。

もちろんその頃の飼い犬は外飼いだったので、犬がこたつに入ることなど有り得ませんでしたが。

世界の寒冷地では室内の暖房設備が完備されているため、日本のようなこたつがあるのはイランやアフガニスタンの「コルシ」と呼ばれるものだけのようです。

飼い犬がこたつに入るようになったのは、洋犬が室内犬として飼われるようになってからのことですから、日本で暮らす犬だけの特権なのかも知れませんね。

寒がりじゃない犬でもこたつは好き?

ミチュアピンシャーなどのスムースや、ミニチュアダックスやチワワ・パピヨンなどの下毛のないシングルコートの犬は寒さに弱いのでこたつ好きが多いようです。

寒冷地で育ったシベリアンハスキーやレトリバーなどの大型犬種や、コーギーやポメラニアンなどの下毛の生え変わりによって体温調節をしているダブルコートの犬は寒さに強い犬種ですが、室内で飼われていることでこたつ好きになることもあるようです。

犬にとってこたつが危険になるときとその注意点は?

寒い冬に潜るだけで体がぬくぬくになるこたつは、犬にも嬉しい暖房器具ですが、長時間こたつに入っていることの危険性はないのでしょうか。

冬でも熱中症になる?

犬に最適な室内温度は18~22℃といわれています。

最近のこたつは温度自動調節機能などの高機能なものも多くありますが、犬は体温調節が苦手なのでこたつにずっと潜っていると体温が上がり過ぎて熱中症になる可能性もあります。

犬は暑くなると自分から出てきますが、その時すでに脱水症状を起こしてしまっていることがあるので注意が必要です。

・注意点と対策法

こたつの温度は常に「弱」に設定しておき、時々はこたつ布団をあげて空気を入れ替えて換気をするか、こたつ布団に隙間を作っておくといいでしょう。

脱水にならないためにこまめに水分補給をしてやる必要があります。

低温やけどや皮膚の乾燥に注意!

こたつの赤外線ヒーターの下で長時間いると低温やけどをする恐れもあります。

低温やけどは症状がなく痛みを感じないこともあり軽症に思われがちですが、皮膚の奥深くじわじわと細胞にダメージを与えるため、普通のやけどより重症になってしまうことがあるので気をつけましょう。

被毛に覆われてはいますが、犬の皮膚の角質層はとても薄く人間の3分の1しかないといわれています。

長時間こたつに入っていることで乾燥肌などの皮膚疾患や、被毛のパサつきや抜け毛など被毛のダメージにも繋がります。

・注意点と対策法

長時間こたつに中に入りっぱなしにしないように、時々は外に出しましょう。

また、時々スイッチを切るなどして犬の体に長時間熱が当たらないようすることも必要です。

コードを噛んで感電や漏電!

仔犬やいたずら好きの犬の場合にコードを噛んで感電した、犬が噛んだコードから漏電して火災になった、噛みちぎったコードを飲み込んでしまった、などというような大きな事故につながることもあるようです。

・注意点と対策法

まずはいたずらや噛み癖をしつけで直すことが第一ですが、その前の対策としてコードに噛みちぎり防止用のプラスチックコードカバーや、犬の嫌がる臭いスプレーなどを使って防いでおきましょう。

また、外出するときは必ずこたつ本体からコードを抜いて片付けておくことも必要です。

犬用のこたつもいろいろあります。

最近ではリビングも洋室が多く、室内温度はほとんどエアコンで管理されているので、こたつは使わないという家庭も少なくありません。

今ではエアコンでの温度管理は当たり前になってきましたが、エアコンは高い所のほうが暖まりやすく足元が暖まりにくいのが特徴です。

常に人より低い所にいる犬にとって、エアコンはあまり暖かいとはいえないかも知れません。

また、長時間留守にする時や寝る前などはエアコンをオフにしておくという家庭も多いことでしょう。

今、愛犬のために極寒の日の留守番や就寝時などの暖房器具として犬用こたつが注目されています。

なるほど・・これは快適かも、と思えるいくつかの犬用こたつをご紹介します。

ドギーマン ワンちゃんの陽だまりこたつ

価格 ¥6,980

本体サイズ:(幅X奥行X高さ) :33.0×45.0×40.0cm

本体重量:1830.0g

犬用にこたつの背丈を高くしているため、熱板が直接体に触れず低温やけどを防ぎます。

敷マットに熱反射素材を使い、床からの冷気を防ぎこたつ内部のぬくもりを保ちます。

目に有害だとの噂もある(実際に根拠があるわけではありません)赤外線ヒーターは使用していません。

低温やけどを防止するためのヒーター保護網があり、直接皮膚が触れない仕様になっています。

こたつ布団には出入りしやすいようにスリットが入っています。

人には低すぎるくらいの温度ですが、じんわりと暖かく犬が長時間入っていても脱水や熱中症にはなりません。

四方がかこまれているので犬にはお気に入りの棲家になりそうです。

商品はこちらから

マルカン あったかこたつ猫用 L CT-395

価格 ¥9,777

本体サイズL (幅X奥行X高さ) :50.5×40.5×36cm

本体重量:3890g

猫用となっていますが、Lサイズは犬でも十分な大きさがあります。

コードは全体を金属でカバーされているので噛み癖のある犬でも安心して使えます。

赤外線ランプは使われていません。

こたつ布団には出入りしやすいように、入口を自由に作れるワイヤーが入っています。

熱板面に皮膚が直接触れないように保護カバーが付いています。

熱すぎないほんわかとした暖かさで、温度自動制御付きなので長時間入っていても安心です。

商品はこちらから

ペットパラダイス なりきりペッツ 犬・猫用 こたつ型ハウス

価格 ¥6,264

商品サイズ 幅:約45cm 奥行:約45cm 高さ:約25cm、

入り口部分:幅15×高さ15cm

素材 本体:ポリエステル100%

仕様  天板クッションに付いているお茶・みかんは面ファスナーで取り外しできます。

こたつの形をしたハウスのようなもので、ヒーターなどはついていません。

中にペット用ホットマットなどを敷いてやるとこたつのように暖かく使えそうです。

天板に見立てたクッションの上のみかんとお茶のレプリカが可愛いのでここに入ってくれていると思わず写真を撮ってしまいそうですね。

高さがあまりないので小型の犬でないと使えないのが残念です。

商品はこちらから

最後に・・

犬が室内で飼われるようになって本来は寒さに強いはずの犬も寒がりになってきているのだそうです。

常にエアコンなどで室内温度が管理されているところいるので、本来犬が持っている季節による気温の変化への順応性が弱くなっているようです。

家族の横でこたつから顔を出して、ぐっすり眠っている愛犬の姿を見ていると、ほっこりした気持ちになりますね。

ついつい長時間そのまま眠らせてしまいがちですが、脱水や低温やけどには十分注意してあげましょう。

飼い主も愛犬とこたつで丸くなってばかりいないで、寒くても外に出て元気よくボール遊びなどをして体を思いっきり動かしてみましょう。

やっぱり犬は野原で駆け回るのが似合っています。