【動物看護士が解説】犬の子宮蓄膿症とは?原因から治療法。飼い主さんができる予防法について


パピヨン,犬

犬の子宮蓄膿症とは?

子宮蓄膿症とは?

子宮蓄膿症とは、子宮内に膿が貯まってしまう病気です。子宮内に膿が貯まってしまうことで、全身の様々な臓器に悪影響を及ぼし、放っておくと弱っていき、死に至ることもありますので、基本的には早急な治療の必要が求められます。

子宮蓄膿症の特徴

避妊手術をしていないメス犬で、6歳を超えたあたりから発症することが多いです。必ずしも6歳から発症するわけではなく、それよりも若齢で発症することもあります。

発症しやすい時期は、発情期が来た後の2か月間で発症することが多いです。飼い主さんは、愛犬の発情期がいつもより長く続いていると心配して、動物病院にかかると発情期ではなく、子宮蓄膿症だったいうことはよくあるケースです。

また、出産経験がないメス犬は、出産経験があるメス犬よりも発症のリスクが高いともいわれています。しかし、実際の動物病院での経験では、出産経験がたくさんあるブリーダーさんに飼われている犬も、この子宮蓄膿症になって来院されるケースは少なくはないです。

子宮蓄膿症の症状

子宮蓄膿症には、子宮内の膿が外に出てくる「開放型」と、子宮内に膿が貯まってしまう「閉塞型」との2つのタイプがあります。閉塞型の子宮蓄膿症でも、少量の膿が出てくることもありますが、自分で陰部を舐めていると飼い主さんは気が付かない場合もあります。そして、気が付いた時には悪化しているといったことも少なくはないです。

これらのどちらにも共通する症状を挙げていきます。

  • 陰部からおりもののような分泌物が多くなる
  • 陰部から膿が出てくる
  • 陰部から出血している
  • 陰部をよく舐めたり、気にしたりする
  • 多飲多尿
  • 陰部の腫れ
  • 膿のにおいが気になる
  • 発熱
  • 脱水
  • お腹が張ってくる
  • 嘔吐・下痢
  • 食欲・元気喪失

犬の子宮蓄膿症の原因

通常、犬の膣粘膜のpHは酸性よりで子宮内への菌の侵入というのは生じにくい構造となっています。しかし、このpHのバランスが崩れてしまうことによって、外部からの菌の侵入を許してしまい、子宮内への細菌感染が起こります。

このバランスが崩れてしまう原因としては、発情期に分泌されるホルモンの影響が大きいです。発情が繰り返されることによって、発情中の子宮内は細菌感染に対する防衛本能が弱くなります。この時期に外陰部からの細菌感染が起こると、子宮内に細菌が侵入して増殖し、膿が貯まってしまうのです。

発情期に、陰部よく気にして舐めていたり、散歩中に細菌感染をおこしたり、不潔な生活環境であったり、交配時の衛生的なことからも起こりうる可能性があります。しかし、子宮蓄膿症はいつ、どうのようにして発症したのかというようなはっきりした原因は特定できません。

犬の子宮蓄膿症の治療とは?

子宮蓄膿症になってしまった場合の治療は、内科治療と外科治療の2つの方法がありますが、根本的に完治をしようとすれば外科治療になります。子宮蓄膿症の場合の治療は、どちらの治療法を選んだとしてもリスクは伴います。

内科治療と外科治療では、具体的にどのように治療を行うのかを説明していきたいと思います。

内科治療

内科治療は、抗生物質やホルモン剤の投与を行います。

内科治療を選択する場合というのは、子宮蓄膿症の状態が軽い場合や、飼い主さんがどうしても子宮を残したいというような場合が挙げられます。しかし、内科療法は、完治が望めるものではなく、定期的な治療が必要となります。効果がある場合は一時的に状態を緩和させたり、元気になったりこともありますが、再発したり効果がない場合は最終的に外科治療が必要となる場合もありますし、命を落とす場合もあります。しっかり獣医師と相談することが大切です。

外科治療

外科治療とは、手術で子宮卵巣を取り除きます。子宮蓄膿症の場合はこの手術を行うというのが、一般的で最も推奨される治療方法です。子宮蓄膿症の症状が悪化してしまっている場合は、一刻も早く手術で子宮卵巣を取り除いてあげなければいけません。しかし、子宮卵巣を取り除くことや麻酔自体に抵抗があるという飼い主さんも中にはいます。その場合には、麻酔のリスクと、外科治療を行わないというリスクを天秤にかけて選択しなければいけません。手術が成功したとしても、術後に状態が悪化してしまうということもありますので、外科手術を選択する場合にもしっかりと獣医師と相談することが大切です。

犬の子宮蓄の予防法

子宮蓄膿症を完全に予防する方法は、避妊手術しかありません。避妊手術は、子宮と卵巣を取ってしまうので、まず子宮と卵巣に関する病気は防ぐことができます。
子宮蓄膿症になってしまったとしても子宮と卵巣を取る手術を行うことで、完治してその後の経過がよければ健康体に戻って通常通りの生活を送ることはできるようになります。しかし、子宮蓄膿症になってしまうと、愛犬も辛い上に、高齢や状態が悪ければ麻酔のリスクは高くなります。
そこで、この避妊手術を健康な若いうちに行うことによって、麻酔のリスクもそこまで高くはないですし、子宮蓄膿症は100%予防することができるのです。
ただし、将来的に子供を産ませたいということや、病気をしていないのに麻酔をかけるということに抵抗があるという方も実際います。もちろん、避妊手術を行わなくても子宮蓄膿症にはならず健康に寿命を全うする犬もいます。
避妊手術は、子宮蓄膿症だけではなく乳腺腫瘍や卵巣腫瘍などの避妊手術をしていないメス犬が特にかかる可能性のある他の病気の予防もできるとあって、最近では子犬のうちから勧める病院が多いです。
実際に子宮蓄膿症になってしまった愛犬を持つ飼い主さんは、まさか愛犬に限ってそのような病気にはならないだろう、またそういった病気に馴染みがなく予防できるということを知らずに避妊手術を行わなかった、などのお話もよく聞きます。
若いうちに避妊手術をやっておいたら良かった、と後悔しないためにも子供を産ませたいという希望がなければ、避妊手術での予防は大切になります。

まとめ

人にとってはあまり馴染みのない子宮蓄膿症ですが、実際に動物病院で働いていると感じるのは、犬にとっては決して珍しい病気とは言えないということです。
子宮蓄膿症の症状の多くは、多飲多尿です。そして陰部から膿がでたり、出血したり、よく陰部を気にしていたりするので生理が長引いているかもと感じたら、それは生理ではなく血膿の場合があるので注意が必要です。普段から生理の時期や間隔などを把握しておくことで早期発見にもつながります。
そして、子宮蓄膿症はそのまま放っておくと亡くなってしまうとても怖い病気です。早い犬だと、症状に気がついてから数日で悪化してそのまま亡くなってしまうケースもあります。他の病気と違って内服薬や注射などの内科治療では完治することがとても難しく、完治を望むのであれば手術で子宮と卵巣を取らなければいけません。状態にもよりますが、子宮蓄膿症と診断されてから手術を行うのはその当日にやらなければいけないような緊急手術になることもよくあります。遅くても数日以内には手術に踏み切らなければいけません。
完全な予防法も避妊手術しかなく、麻酔のリスクがまだ低い若い頃や健康な頃の避妊手術をするという選択が、後々に病気の予防になるということを踏まえて考えなければいけません。
避妊手術を行っていない場合で、これからも行う予定がないという場合は、100%の予防法ではないですが、生活環境を清潔に保ちストレスかかからないような環境作りをしてあげましょう。