【動物看護士が解説】犬の脳梗塞について 症状と原因 治療法から予防法

犬,柴犬

犬の脳梗塞とは?

犬の脳梗塞の現状

犬の脳梗塞は少し前までは脳梗塞を起こすことはかなり少なく、稀であると考えられてきました。しかし、最近になって脳梗塞を含む脳の血管障害というものが起こることが分かってきています。
実際、小さい動物病院では、まだまだ脳梗塞と判断できるような症例はほとんどなく、あったとしても原因が分からずにCTやMRIの検査ができる大きな動物病院を紹介した上で診断してもらえるような病気です。このようなことから、動物病院で働いていても現在はまだ脳梗塞のはっきり判断できるような症例は少ないと感じられます。
では、実際の脳梗塞とはどのような病気なのでしょうか?

脳梗塞とは

脳梗塞とは、脳の血管障害です。何らかの原因によって脳の血管が破裂して血栓が動脈に詰まったり、脳への血液のめぐりが低下したりしまいます。そのことによって、脳内の酸素や栄養が不足し、脳が貧血を起こしたり組織が壊死したりして脳の働きが正常に行われなくなる危険な病気です。

犬の脳梗塞の症状

脳梗塞の症状は、脳が障害を受けた部位によっても異なります。しかし、いづれも急激な症状を示す場合と、片側性に起こることが多いです。

初期症状

  • めまい
  • 頭痛
  • 足の痺れ  など

犬の脳梗塞の初期症状でこのような症状が挙げられますが、実際に人のように「めまいがする」、「足が痺れた」など言葉に出して伝えるというようなことはできません。なので、飼い主さんが脳梗塞の初期症状に気がつくのはとても難しいです。頭痛によっていつもより元気が無かったり、めまいや足の痺れによって少しふらつきが見られたり、歩きたがらないような場合もありますが、明らかなものではなく少しの違和感のような症状が多いようです。
そして、少しの違和感やいつもとの違いを動物病院で獣医師に訴えても、このような症状だけでは、獣医師も脳梗塞と判断するにはなかなか難しいのが現状です。
初期症状が現れても、一時的なもので様子を見ていれば通常通りに戻る場合もありますので、犬の脳梗塞の早期発見も難しいのです。

大脳に発症した場合

  • 沈鬱
  • 筋肉の痙攣
  • 片側不全麻痺
  • 旋回運動
  • 嗅覚麻痺など

沈鬱とは、気分が沈むことですが犬の沈鬱状態とは人から見るとただ元気が無いようにも見えますので、なかなか判断しづらいです。
また、片側不全麻痺とは障害が部分的に起こったり筋力の低下が体の片側に起こったりし

ます。
旋回運動は、同じ場所をくるくるとずっと回っているような行動です。犬の認知症などでもこのような行動がよくみられます。
嗅覚麻痺になると、食餌を目の前にしても食欲が起きないことがあり、食欲低下に繋がります。

小脳に発症した場合

  • 傾斜
  • 眼振
  • 測定過大

斜頸とは、首が傾いてしまうことです。眼振とは、自分の意志とは関係なく眼球が動くことです。測定過大とは、目的の場所や物を通り過ぎてしまう行動です。

犬の脳梗塞は、大脳や小脳以外にも起こりますが、最も多くの発症率を占めるのはこの小脳です。しかし、これらの症状は脳梗塞だけではなく他の脳障害でも起こります。そのため、このような症状が見られたからといっても、症状だけで脳梗塞と判断するのはとても難しいのです。

犬の脳梗塞の治療法

人の脳梗塞の場合であれば、様々な治療法がありますが、犬の脳梗塞の場合の治療はまだその効果がしっかりと確認できていないのが現状のようです。そのため、起こっている症状を落ち着かせるような対症療法がメインとなります。

対症療法は、その症状によっても、獣医師によってもやり方は多少変わってきます。主に行われることが多い対症療法を挙げていきます。

ステロイド剤の投与

ステロイド剤の投与は、脳のダメージを予防する目的として行われる治療です。

酸素吸入

酸素吸入は、低酸素状態を改善、悪化させないために行われます。酸素吸入を行う際は、基本的に動物病院で入院し、ICUの入院ゲージで酸素濃度や温度などを調節して様子をみるような方法になります。最近では、家で酸素吸入ができる酸素室がレンタルすることもできます。入院がストレスになり状態が悪化するような場合や、獣医師の許可がでれば家で酸素室に入れてみてあげることもできます。

輸液

輸液は、血液の循環を改善するために行われます。基本的には血管に管を通して時間をかけてしっかりいれていきます。

利尿剤投与

利尿剤投与は、脳の圧を抑える目的で使用されます。

リハビリ

筋肉が上手に使えなくなってしまったり、麻痺してしまったりすることもあります。その場合は、筋肉の衰えを防ぐためにリハビリを行うこともあります。

リハビリ方法としては、マッサージをしてあげたり、ゆっくり動かしてあげたりすることを日常の習慣とします。また、最近では犬のリハビリを専門として行ってくれるトレーナーもいますので、トレーナーのいる動物病院や施設に通うということも一つの方法です。

犬の脳梗塞 原因と予防法

脳梗塞の原因

犬の脳梗塞の原因ははっきりとはまだ分かっていません。

しかし、脳梗塞を起こす犬の特徴としては、高齢犬や、肥満犬、脱水を起こしている犬、心臓病や副腎皮質機能亢進症というホルモンの病気を発症している犬、腫瘍が転移してしまった犬などが発症することが多いことが報告されているようです。このようなことから、人と同じような原因が考えられます。

脳梗塞を予防するには

脳梗塞の原因がはっきりしていないので、これといった予防法はなく、いくら気を付けていても発症してしまう犬もいます。

しかし、脳梗塞になった犬の特徴から、そのような状態にならないように生活習慣を見直すことによって少しでも脳梗塞の予防に繋がればいいでしょう。

まとめ

犬の脳梗塞とは、MRIやCTのペット用の高度医療施設が普及し始めてから起こりうる病気ということが分かってきました。しかし、現状ではまだまだ症例が少なく、MRIやCTが置いていない小さな病院では、はっきりと判断することはとても難しい病気です。

MRIやCTがある大きい病院で脳梗塞と診断されたとしても、人のような治療法もまだ難しいため、その症状を抑えるような対症療法がメインとなります。

脳梗塞は直接命に関わることもありますし、後遺症が残る場合もあります。できれば、早期発見することも大切になりますが、言葉を話せない愛犬が脳梗塞の初期症状が出ても分かりにくく、見逃してしまうことも多いです。普段から、愛犬の様子をしっかり観察して、少しでも様子がおかしかったらかかりつけの獣医師に相談したり、脳梗塞の可能性があるならば、大きい病院を紹介してもらったりしてもらいましょう。

また、脳梗塞を予防するという意味で、肥満にさせない、脱水を起こさないように注意する、高塩分の食餌を見直すなどの生活習慣にも気を遣うようにしてあげましょう。