犬はピーナッツを食べてもいい?犬のピーナッツの栄養素や与える際の注意点


ピーナツ,落花生

犬はピーナッツを食べても大丈夫?

犬にピーナッツは、少量であれば、食べさせても大丈夫です。

同じナッツ類である、マカダミアナッツなどは、中毒を起こすことが多いので、絶対食べさせてはいけないと言われていますが、ピーナッツ自体は犬にとって毒になる成分は含まれていません。

ピーナッツは、人が食べる時と同じように、食べ方によって、犬にとっても体にいい食べ物になります。

では、犬にとってのピーナッツの栄養素や、どうやって食べさせるのが効果的なのかなど、ご紹介していきます。

ピーナッツの栄養素・効用

大量のビタミンEで、犬のアンチエイジング

ピーナッツにはビタミンEがたくさん含まれています。

ビタミンEは強い抗酸化作用があることは有名で、細胞の老化を防ぎ、強く健康的に保つことができます。

ピーナッツに含まれるレシチンで犬が賢くなる?!

ピーナッツにはレシチンという成分が含まれています。

この成分は、脳の神経細胞の働きを活性化させる働きがあるといわれています。

人が食べると、記憶力が良くなるといわれています。

犬にとっても脳の活性化に繋がり、痴呆予防に効果が期待されます。

ピーナッツに含まれる脂質で犬の動脈硬化を予防

ピーナッツの約50%が脂質です。

ただその脂質にはオレイン酸とリノール酸が多く含まれ、それらは悪玉コレステロールを減らしてくれる働きをします。

そして、それだけではなく、コレステロールを下げる働きをしてくれることもわかっています。

多く摂取しすぎは問題ですが、適量摂取することで、動脈硬化などに効果が期待できます。

犬にピーナッツはダメといわれる理由

こうして見ていくと、良いことだらけなような気がしますよね?

でも、ピーナッツは犬にあげるべきではないという意見があるのも事実です。

ではなぜ、ピーナッツはダメという風に言われるのでしょうか。

犬にピーナッツがダメな理由1. 高カロリー

ご紹介したとおり、ピーナッツには脂質がたくさん含まれています。

1粒1粒が小さいので、ついあげすぎてしまうこともあるでしょう。

そうなると、どんなに体にいいといわれていても、太る原因になります。

また、人が脂っこいものを食べすぎて、胸焼けを起こすように、犬も食べ過ぎることで、下痢や嘔吐をすることがあります。

犬にピーナッツがダメな理由2. 消化が悪い

ピーナッツ自体、消化が良くない食べ物なので、犬がたくさん食べてしまうと、うまく消化できずにピーナッツが腸で詰まってしまう危険性がゼロではありません。

腸閉塞などになった場合、命の危険があるので、ピーナッツをあげること自体は問題なくても、きちんと安全なあげ方をしないと、犬を危険にさらすことになります。

犬にピーナッツをあげる量とあげ方

犬にピーナッツをあげる方法

犬にピーナッツをあげる時には、ピーナッツを食べた後の犬の反応がわからないので、初めてあげる時には1〜2粒など、少量あげて様子を見ます。

食後の反応として、元気がなくなったり嘔吐しないかを観察します。

そして、翌日のウンチの状態が正常かを見て、今後、ピーナッツをあげてもいいかどうか判断しましょう。

犬にピーナッツはどれくらいあげても大丈夫?

どんなに体に良いといわれるピーナッツですが、あげすぎは良くありません。

ピーナッツ自体ご紹介したように、50%近くが脂質なので、食べ過ぎは当然太ってしまいます。

また、ピーナッツにはマグネシウムやリンも多く含むので、食べ過ぎは結石の原因にもなります。

ピーナッツは1粒で4kcalあります。

犬の大きさによって、食べる量は変わってきますが、基本的には、

  • 小型犬5粒前後
  • 中型犬10粒前後
  • 大型犬で15粒前後
が適量といえます。

ただし、犬には個体差があるので、あげる方法でご紹介したように、最初は少量からあげてみて、犬の体調を確認した上で、量を調整していきましょう。

無添加のピーナッツバターは犬におすすめ

市販されているピーナッツバターは、砂糖たっぷりで、いろいろピーナッツ以外の材料が使われていることが多いので、あまりおすすめはしません。

でも中には、ピーナッツのみで、砂糖も乳化剤も安定剤などの添加物などを一切使わずに作った、安全なピーナッツバターがあります。

そういったピーナッツバターであれば、薬を飲ませる時に薬を包んだり、手作りのおやつ作りに、味のアクセントにほんの少し入れてあげることもできます。

飼い主さん自身も、そこにハチミツを混ぜたりすれば、おいしく、ヘルシーなピーナッツバターをいただけます。

犬にピーナッツをあげるときの注意点

犬にピーナッツをあげるときは、そのままの形であげない

ピーナッツは消化しにくい食べ物になります。

また、犬はよく噛んで食べるということをしません。

当然、ピーナッツを1粒そのままあげると、ほとんど噛むことなく、飲み込みます。

そうすると、翌日のウンチには、丸々ピーナッツが消化されずにそのまま出てくるのがわかります。

せっかく、体にいいと思ってあげても、消化されないんでは意味がありません。

また、腸に詰まる原因にもなりかねません。

あげる時には、細かく刻むか擦ってあげるようにしましょう。

ご飯の上に、トッピングとしてあげてもいいですよね。

犬に味付きのピーナッツはあげてはダメです

私たちがよく食べるピーナッツは、塩味やチョコレートや砂糖でコーティングされたものなど、どれも味が付いているものですよね。

犬にそれらはあげないでください。

塩がついたピーナッツは、食べることで塩分摂取過多になりますし、犬にチョコレートは毒になります。

砂糖やその他の調味料も、実際犬にとって必要な栄養素ではないので、あげるメリットはありません。

無添加で味付けなしのピーナッツを、あげるようにしましょう。

犬に毎日ピーナッツをあげてはいけません

体にいいピーナッツですが、犬に食べさせてみて、体調が良く問題なさそうな場合でも、毎日ピーナッツをあげるのはおすすめできません。

ご紹介したように、ピーナッツに含まれる脂質は不飽和脂肪酸といっても、摂取するカロリーのことや、マグネシウムやリンの摂取量を考えると、毎日食べる食べ物ではありません。

たまに、少しだけあげる程度がちょうどいいと思ってください。

犬にピーナッツアレルギーがないか注意

初めて犬に、ピーナッツをあげる時には少量から始め、犬の反応を見ますよね。

それには、犬にピーナッツアレルギーがないかを見るためもあるのです。

ピーナッツを食べた後、

  • 皮膚を痒がる
  • 皮膚が腫れたり、湿疹(赤み)が出る
  • 下痢や嘔吐

などの症状があったときは、アレルギーが疑われます。

こういった症状が現れたら、以降、ピーナッツをあげるのは控えるのと、症状によっては、動物病院に行くことをおすすめします。

さいごに

犬用のお菓子などの原材料を見ると、ピーナッツパウダーと書かれていたりしますので、愛犬にアレルギーさえなければ、ピーナッツは体にいい、おやつのレパートリーの1つにしてもいい食材になります。

ただ、ついついあげすぎるということがないように、ご注意くださいね!