犬の目のトラブル 目やにや目の病気の時の症状と治療法


犬,シベリアンハスキー,オッドアイ

犬の目とは?

光によって起こる感覚を視覚といい、光を感受するために必要な知覚器官が目です。
視覚器は、眼球と視神経、光受容器は眼球内の網膜です。

目のトラブルにつきものの、特に病気の際に説明されるような、よく出てくる目の器官や役割について説明していきます。

犬の眼球の構造と役割

眼球繊維膜

眼球は、物を見るのに最も大切な器官です。まず、眼球の最外部を覆う幕を眼球繊維膜といいます。眼球繊維膜は、眼球の裏側の方の3/4は強膜と呼ばれ、眼球の表側の方の1/4は角膜と呼ばれます。角膜は、いわゆる眼球の表面部分の見えている部分です。
角膜は良く耳にすると思います。角膜の役割は、眼球を保護するために涙を分泌させたり、角膜反射といい角膜が刺激されることによって目を閉じるという眼瞼反射が起こったりします。

眼球血管膜

眼球繊維膜の内側は、眼球血管膜といい、脈絡膜と毛様体で形成されています。
脈絡膜は、網膜に栄養を運んだり、眼球内部を暗くして散乱光を吸収したりする役割を持っています。脈絡膜の一部には、タペタムという光を網膜に再び反射させて利用するためのものがあります。夜行性の動物に見られる膜で、犬にもあります。フラッシュで写真を撮ったり、車のヘッドライトをあてたりすると犬の目が光って見えるのは、このタペタムが反射しているからです。
毛様体は、水晶体を取り巻く器官で、毛様体小帯やチン小帯と呼ばれる繊維が水晶体と繋がっています。毛様体の前端部分には、虹彩と呼ばれる水晶体を取り囲む膜が形成されています。
虹彩、毛様体、脈絡膜を総称してブドウ膜といいます。
虹彩とは、血管膜の前端部で、角膜の後方にある膜です。目の色素の部分です。瞳孔の開き具合を調節して光の量を加減する役割があります。

通光器官

通光器官とは、その名の通り光を通す器官です。

水晶体は、視覚のピントを調節する役割があります。硝子体は、水晶体の奥にあるいわゆる眼球の中の器官で、無色透明のゼリー様の物質です。眼球の内圧を保持しています。
眼房水は、水晶体と角膜との間を満たす液体で、水晶体や硝子体に栄養を補給したり、眼圧を一定に保ったりする役割があります。

副眼器

副眼器とは、眼球の周りの器官で眼球を保護したり眼球の働きを助けてくれたりしています。副眼器には、眼瞼(まぶた)、結膜、第三眼瞼(瞬膜)などがあります。
眼瞼(まぶた)は、眼球の保護と光の刺激の遮断を行う役割があります。

結膜は、まぶたと眼球を結ぶまぶたの裏側の膜で、眼瞼運動(まぶたの動き)を円滑にする役割があります。

第三眼瞼(瞬膜)は、まぶたとは別で目の内側から、目を閉じるときに瞬間的に出てきて眼球を保護してくれる役割がある膜です。人にはなく犬や猫にはある器官です。

犬の目のトラブル 目ヤニ

症状

目ヤニがでるのは、健康状態である犬でも多少は出ます。病気の可能性がある目ヤニとは、サラサラしている目ヤニとは違い、その多くはドロドロしています。そして、量も多く、拭き取ってあげても何度も頻繁に出てくるような目ヤニであれば、目の病気を疑ったほうがいいでしょう。

また、目ヤニの色も無色透明のものではなく、黄色いものや緑色のもの、茶色のものだと病気の可能性が高まります。

治療法

サラサラとした目ヤニでかゆみや充血などの症状が出ていなくて、量も気になるほど頻繁に出ていなければ、様子を見ていても大丈夫な場合がほとんどです。しかし、量や色がおかしく、ドロドロの目やにの場合は動物病院を受診しましょう。主な治療法は、抗生物質の入った点眼薬となります。

しかし、その病気によって治療法は変わってくるので、自己判断での抗生物質の点眼はおすすめできません。

犬の目のトラブル 目が赤い

症状

犬は人よりも白目部分が見えにくい構造です。しかし、まぶたをめくると結膜部分や白目部分が赤くなっていることがあります。目が赤いのは、目にかゆみがあってかいたりこすったりしたあとや、まぶたや結膜、瞬膜が何らかの刺激によって炎症を起こしている場合が多いです。

病気の場合であれば、ほかの症状も一緒に出てくる場合がほとんどですが、水やシャンプーが目に入った場合や、じゃれあって少し目に当たった場合の充血であれば様子を見ているとすぐに治ることもあります。

治療法

充血をしている場合の治療法は、主に抗炎症作用のある点眼薬を使います。しかし、充血している犬のほとんどは、「目が赤い」以外にも目ヤニやかゆみなどのほかの症状が出ている場合が多くあります。細かい治療法は病気によって違いますが、抗生物質の点眼薬を一緒に点眼する場合も多いです。

犬の目のトラブル 目の病気

目の病気は、とても様々です。犬によくみられる病気に絞り、症状と治療法を説明していきます。

角膜炎・角膜潰瘍

症状

角膜炎の症状は、主に涙が多くなり目ヤニが出ます。また、光をまぶしく感じたり痛みがあったりするとショボショボすることもあります。さらに悪化すると、角膜が白く濁ります。

この角膜炎の症状が悪化することによって、角膜の表面が盛り上がり血管を新たにしょうじさせたり、角膜に関係する組織が壊死し潰瘍化したりします。この悪化した状態は角膜潰瘍となります。

治療法

軽い角膜炎の状態であれば、点眼薬で角膜を保護します。また、二次感染の予防のために抗生物質の点眼薬を使います。

角膜潰瘍の場合も、角膜炎と同じ治療法にはなりますが、状態がひどく、眼球が破裂する可能性などがあれば、外科的な治療も行う場合もあります。

結膜炎

症状

結膜炎の症状は、結膜の充血や腫れ、目ヤニが多くなります。また、かゆみや違和感もあるので、かいたりこすったりします。

治療法

主な治療法は、抗生物質や抗炎症の点眼となります。原因が、まつ毛が逆さに入っていたり、目の周りの毛が入っていたりする時は、まつ毛を抜いたり、毛を切ったりして目に入らないようにします。

ドライアイ

症状

ドライアイは、別名を乾性角結膜炎といい、目が乾くことによって角膜と結膜に炎症が起こる病気です。経度では普通の角膜炎や結膜炎のような症状ですが、涙の量がかなり少なく重度であれば、目ヤニも充血もひどく、出血やまぶたが目にひっついて目が開きにくい状態になります。さらに重度になると、角膜に穴が開いたり、失明したりすることもあります。

治療法

涙を人工的に増やす点眼薬を頻繁にさし、抗炎症、抗生物質の点眼薬も併用します。重症の場合や、失明した場合は、外科的治療も行います。

ブドウ膜炎

症状

ブドウ膜の部分が白く濁ったり、眼球内出血によって目が赤く感じたり、瞳孔の調節が上手にできなくなり、瞳孔の縮小に伴って眩しがることもあります。痛みや、目ヤニ、涙も出ます。

治療法

ブドウ膜炎の原因は不明なことも多く、その場合は対症療法となる点眼薬がメインです。

白内障

症状

水晶体が白く濁り、進行すると視力が低下したり、失明したりします。

治療法

点眼薬や内服薬では完治しませんが、進行を遅らせるためにしようします。最近では、外科的に手術で白内障を改善することができる動物病院も増えています。

緑内障

症状

緑内障は、眼球内の眼房水の排出異常によって、眼球内の圧力が高くなります。そのため、目の激しい痛みや視野が狭くなり視力が低下したり、瞳孔が開いたままの状態になったりします。進行すると、目が飛び出てきたり、失明したりします。

治療法

緑内障用の点眼薬を使ったり、利尿剤を使ったりして水分の排出を促します。外科的治療も行う場合もあります。