【動物看護士が解説!】犬の歯周病の原因と症状、治療法・予防方法について

犬の歯周病とは?

歯の周囲に起こる病気のことを「歯周病」といいます。放っておくと、さらに他の病気にもなることがあります。

歯周病のはじまりは歯肉(歯茎)の炎症からです。この状態が進行すると、歯と歯茎の間に溝ができ、通常よりも深くなり、この状態を歯周炎といいます。さらに症状が進行すると、骨にまで広がりこの状態を歯周病といいます。

 

ここで、歯周病にも関係している歯と唾液についてです。

犬の歯について

犬の歯の乳歯は上下それぞれ14本、計28本あります。永久歯については、上20本、下22本の計42本です。生後3~4ヵ月から生え始め、生後6ヵ月~7ヵ月には生えそろいます。

犬の歯の役割は、食べ物を噛み砕くことの他に敵から身を守るためであったり、獲物をとらえるため、鋭く尖った歯(犬歯、臼歯)をしています。現在は、柔らかいフードなどを食べているため、歯周病のような歯の病気にかかりやすくなっています。

口の中の唾液は大切な役割をしています!!

唾液はどのような役割をしているか知っていますか?

口に入れたものを食べるとき、消化していくための手助けをしています。さらに唾液には、細菌やウイルスからの感染を防ぐ物質(免疫物資)が含まれています。この免疫物資のお陰で、口の粘膜や体内への感染を防ぐ手助けをしています。しかし、体に何かの異変があると、この免疫物資は弱まってしまいます。

犬の歯周病の原因 ・症状・治療法

■ 原因

そもそも、歯周病の原因とは何なのでしょうか?原因は、外傷からのものや、細菌による感染からのものがあります。外傷についてですが、例えば犬が、硬いものを噛んだり食べたりしたときに、口の中に傷ができることがあります。また、頭部を強く強打したりしても歯肉に炎症が起こることがあります。これらのような外傷性の場合の炎症ですと、自然に治っていく事がほとんどです。次に細菌による感染の場合ですが、一番の原因となるものは、口の中の汚れです。人間と同じように、フードなどを食べた後、歯みがきなどで汚れを落とさないと歯垢や歯石となっていきます。

 

※歯垢とは?

表面に付着した歯の汚れのこと(細菌)。この時点では、ガーゼや歯ブラシなどで擦ると汚れは落ちます。

※歯石とは?

歯垢が石灰化したもの。歯磨きなどではなかなか落ちません。

■ 症状

歯周病の初期の段階は、歯肉炎程度ですので日頃、歯のチェックなどをおこなっていないと飼い主はなかなか気づくことができません。通常の健康な犬の歯肉の色はピンク色をしています。口の中のチェックが可能であれば、歯磨きの時などにおこないましょう。

歯肉炎の症状が進行すると、口臭(腐敗臭)がしてきます。これは、歯の根元から膿が出ることによるものです。この段階から、異変に気付く飼い主が多いと思います。

さらに症状が進行すると、「歯周ポケット」と呼ばれる歯肉と歯の間に溝ができます。この溝に膿が溜まっていきます。また、歯がぐらついたりといった症状もでてきます。この状態になると、食事にも影響が出てきます。普段食べていたフードをあまり食べなくなったり、食べるのに時間かかかったり・・・食欲の低下のようにみられることが多いです。

また、化膿した歯の周囲では細菌によって毒素が作り出されます。これを知るには、血液検査です。生化学検査をおこなうと、アンモニア濃度が高く表示されます。

 

症状をチェック項目でまとめると・・・

  • 歯肉が赤くなる
  • 口臭がする(腐敗臭)
  • フードなどが食べにくくなる
  • 歯がぐらついてくる
  • 膿性鼻汁
  • 目のすぐ下(頬辺り)の腫れ
  • その他

 

上記の症状については、それぞれです。早期に発見し、治療をおこなうのが理想ですが、なかなか気づかずに進行してから気付くことも多いです。

■ 治療方法

まずは歯周病の診断についてです。

歯肉の腫れや色、ちぢみ方、潰瘍や壊死などの状態を把握します。そして、X線検査において歯の根元での炎症などの確認をし、歯周ポケットの深さも調べていきます。このような検査によって診断をしていきます。さらに、糖尿病などの他の異常が見られた場合、血液検査によって生化学検査などもおこなわれる場合もあります。

次に治療についてですが、細菌による感染症のため、歯石や歯垢の除去です。犬の場合はじっとしていられないので、麻酔をかけておこなわれます。歯の根元などにも付着している場合も完全に取り除くことが大切です。その後、抗生物質やイソジン消毒をおこなっていきます。他の病気が見つかった場合、そちらも治療していきます。

犬の歯周病の予防方法

予防方法は、基本的に口の中を清潔に保つ事です。ですから、歯磨きをおこなうことが大切です。毎日おこなうのが理想ですが、歯についた汚れが歯石などになるには2~3日かかりますので、歯磨きが難しい場合、最低週に3回はおこないましょう。

しかし、歯磨きについては、子犬の時期からおこなっていない場合、成犬になってからですと、なかなかやらせてくれない犬が多いと思います。この場合は、無理をしないでできるところから始めていきましょう!

まずは、口を触らせてくれるか?です。マズルを撫でても嫌がらない場合は、口を軽く開いてみて下さい。そして、できたら褒めるのも忘れずにおこなってください。次に、ガーゼを指に巻いて、歯肉や歯を軽くマッサージするように動かしていきましょう。慣れてきたら、歯ブラシを使用していきます。

現在は、ペットショップやホームセンター、インターネットなどで歯磨きグッズ(犬用歯ブラシ、歯磨き粉、歯みがきガムなど)も売られているので上手く活用していきましょう!!

 

※一部商品をご紹介します。(楽天市場にて)

こちらは、歯ブラシや、ガーゼです。ガーゼは通常の人間でも使用するものを指に巻いておこなうこともできますが、簡単に指にはめるだけで歯磨きができるものもあります。

https://item.rakuten.co.jp/ashu/teeth-06/

https://item.rakuten.co.jp/wan/10001690/

 

歯みがきが難しい方は、歯みがきガムなどから始めてみるのもよいと思います。

https://item.rakuten.co.jp/kurosu/greeniesplus001/

まとめ

いかがでしたか?人間と同じように犬も歯の病気が増えてきているということや、動物病院で歯の歯石除去をおこなう際、麻酔をかけないと処置ができないことなど...一度付着してしまった歯石は麻酔というリスクを伴います。ですから、日頃の歯のケアをできるところからでも、しっかりおこなっていきましょう。その際、歯肉などの異常があった場合は、早期にかかりつけの動物病院に連れて行ってあげてください。