トイプードルと飼い主に必要なのは主従関係?信頼関係?


トイプードル,白

トイプードルとの主従関係は信頼関係を築くこと

主従関係に関しての情報はたくさんあります。
中には、誰がリーダーかをちゃんと理解させることとか、飼い主はリーダーシップを取らなければいけません云々とあります。

決してそれらは間違いではないのでしょう。
常に飼い主さんが先で、犬が後。
昔はそれがスタンダードでした。
いろんな飼い方があります。
でも確実に勘違いしてもらいたくないのは、主従関係とは頭ごなしに自分がリーダーだと押し付けることではありません。

愛犬が飼い主さんを尊敬するようになれば、自ずと愛犬は飼い主さんに従います。
それは、嫌々ではなく喜んで従ってくれます。
つまり飼い主さんと愛犬との主従関係というのは、上下関係の話ではありません。
いかに飼い主さんと愛犬が信頼し合い、お互いを尊重し合えるかということなのです。

しつけだけではトイプードルと主従関係は築けません

トイプードルは本当に賢い犬種です。
しつけトレーニングなどは比較的すぐに学習してくれます。
ではしつけがちゃんとできてれば、主従関係が築けているのかといえばそう主従関係は簡単ではないのです。

人との親子関係に似ていると常々思うのですが、親と子の間で信頼関係があるのは、子が育つ環境の中で、親が常に子を思い世話をし、いろんなことを教え、時にお互い一緒に成長して成り立ちます。
犬と人の関係もやや似ています。

しつけだけに限らず、毎日のご飯の世話、散歩、ブラッシング、そして愛情を持って一緒に遊ぶ。
そういう1つ1つの時間が信頼関係を生むのです。
自分の気分や都合で犬の世話をするという飼い主さんでは、なかなか犬との信頼関係は生まれません。

「うちの犬はなかなか私のいうことを聞いてくれない」という飼い主さん。
思い出してみてください。
毎日どんなふうに犬の世話をしていましたか?

力ではトイプードルと主従関係は築けません

一昔前のしつけ本などでは、ご飯は人が先、犬が後。
一緒のベッドで寝てはいけません。
などありましたね。
特に顕著なのがマズルコントロールやホールドスティールです。
果たしてそれらは本当に必要なのでしょうか。

ただでさえ、犬はマズルコントロールやホールドスティールは嫌なものです。
それを信頼もしていない相手にされたらただの力での押さえ込みではないでしょうか。
当然、犬は反撃しようと暴れませんか?それをしつけの一環と思い、イコール信頼関係を築くためのものと思っているのなら間違いです。

犬と接するときの基本は愛情を持って優しくすることです。
そしてとにかく褒めること。
どっちが先にご飯を食べるとか、一緒のベッドで寝る寝ないは、どっちでもいいことなのです。

トイプードルは飼い主さんを見ています。
信頼してもらえる飼い主になるには?

主従関係を築くこと。
つまり愛犬に信頼してもらえる飼い主になることなのです。
実際どうしたらいいでしょうか。

  • その日の気分で愛犬に対しての態度を変えないこと。
  • 叱るしつけトレーニングではなく、褒めるトレーニングをする。
  • 毎日のスキンシップ(ブラッシング)を大切にすること。
  • 甘やかすことと愛情を持って接することを混同せず、メリハリをつける。
  • 愛犬が問題行動をする時、なぜそうなるか犬の立場で考えて適切に対処すること。
  • 運動不足にならないように、一緒に運動(散歩)をする。

いかがでしょうか?こういう毎日の積み重ねで犬と飼い主さんとの間に信頼関係が生まれていきます。
犬というのは本当に人の気持ちを敏感に察することができます。

愛情を持ってちゃんと向き合えば、犬は必ずあなたを信頼し、頼りにしてくれます。
犬はいつも飼い主さんを見ています。
忘れないでください。