シーズーの飼い方まとめ

シーズー,犬

シーズーってどんな犬種?

シーズーは、中国を原産とする犬種です。
中国語で「獅子」という意味の名前を持ち、守り神として中国の王侯貴族の家庭内で愛されて続けてきた愛玩犬です。西太后に愛された犬としても有名です。
人懐こく明るい面と、穏やかで攻撃性の少ない落ち着いた面を合わせ持っていることから、高齢者や小さな子どもさんのいらっしゃるご家庭でも飼いやすいと人気のある犬種です。

シーズーの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ法もご紹介

シーズーは友好的な犬種なので、飼い主を選びません。
犬を飼うのが初めての人でも飼いやすい賢い犬種でもあります。
ただ、シーズーは長毛の被毛を持っているため、毎日のブラッシングや定期的なトリミングなどお手入れ面では手がかかるでしょう。
それでも、愛情をかければかけるほど愛情を返してくれるような魅力多い犬種です。
『シーズーの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ法もご紹介』

シーズーの歴史とは?中国王宮で尊ばれた神聖な犬

シーズーは、古い歴史を持つ犬種で、古くから中国王朝で守り神として大切にされてきました。
神聖な犬として王宮貴族しか飼うことが許されていなかったのです。
しかし、20世紀初め頃にはシーズーは絶滅に危機にさらされることになります。
そんなシーズーの誕生から人気犬種として定着するまでの、シーズーの歴史について紹介しています。
『シーズーの歴史とは?中国王宮で尊ばれた神聖な犬』

あなたのシーズーは何色? シーズの毛色にはどんな色があるの?

日本で見るシーズーのメジャーな毛色は、ブラックとホワイト、ゴールドとホワイトの2色ですが、他にも様々なカラーが存在します。
ホワイトと有色の割合も異なり、成長するに従って毛色が変わることもあるようです。
シーズーの毛色について、詳しく紹介しています。
『あなたのシーズーは何色? シーズの毛色にはどんな色があるの?』

シーズーって飼いやすい?シーズーには魅力がたくさん

飼いやすいことで定評のあるシーズー。
見た目の可愛さはもちろんですが、人気の理由は大きく分けて5つ、「小型犬でも丈夫」「抜け毛が少ない」「無駄吠えが少ない」「攻撃性が少ない」「人懐こい」という理由があります。
詳しくはこちらの記事で紹介しています。
『シーズーって飼いやすい?シーズーには魅力がたくさん』

どっちが飼いやすい?シーズーのオスとメスの性格って違うの?

一般的にシーズーは、社交的で活発な遊び好きな犬種で、子供の遊び相手にもなる見ていて楽しい犬種です。
それでは、オスとメスの性別による性格の違いはあるのでしょうか。
また、飼う上での注意点が異なることはないのでしょうか。
『どっちが飼いやすい?シーズーのオスとメスの性格って違うの?』

シーズーの飼い方

シーズーを迎えることになったら、我が家にやってくるのが楽しみで仕方がない気持ちになりますよね。
それでも、これから家族の一員となるシーズーが快適に過ごせるために、改めてシーズーの飼い方を予習しておきましょう。
準備するものから、散歩の仕方、注意点など、シーズーの飼い方に関する記事を集めてみました。

初心者でも分かる、シーズーの飼い方・準備するもの

シーズーを迎える前には、あらかじめケージやトイレといったものを用意しておきましょう。
選び方のコツ、飼育環境の作り方、シーズーを迎えてすぐの接し方などについて紹介しています。
『初心者でも分かる、シーズーの飼い方・準備するもの』

知っておこう!シーズーを飼う時に注意しておきたいこととは?

シーズーが持つ特徴や体質から、飼う時に注意しておきたいことがあります。
それは、大きく分けて「暑さ」と「目」「皮膚・被毛」です。
シーズーの特徴を知って、快適な環境を作ってあげましょう。
『知っておこう!シーズーを飼う時に注意しておきたいこととは?』

シーズーが安全に暮らせる室内環境とは?危険を予防して快適に暮らそう

室内は、人にとっては安全だと思っていても、犬にとっては危険なもの数多くがあります。
特に好奇心旺盛で活発な子犬期では、注意が必要です。
誤飲やケガをしてしまわないためにも、シーズーが安全に過ごせる室内環境を整えてあげましょう。
『シーズーが安全に暮らせる室内環境とは?危険を予防して快適に暮らそう』

シーズーは寒さに弱い?寒がっているサインと寒さ対策

シーズーは豊富な毛に覆われているため、寒さとは無縁かと思われがちです。
それでも、室内で飼われている犬は寒さに対する耐性が弱くなっており、相対的に寒がりな犬が多いようです。
そんなシーズーが寒がっている時のサインや対策について知っておきましょう。
『シーズーは寒さに弱い?寒がっているサインと寒さ対策』

楽しく歩こう!シーズーの正しい散歩の仕方と注意点

犬にとっての散歩は、運動だけが目的ではありません。
外の空気や音、景色に触れることで五感を働かせ、家族以外の人や犬と触れ合う社会性を身に着ける機会であり、心身の健康にも欠かせないことです。
シーズーの散歩の仕方について予習しておきましょう。
『楽しく歩こう!シーズーの正しい散歩の仕方と注意点』

シーズーを迎え方や子犬の販売価格

いざ、シーズーを飼うことになったとき、どのような手段で迎え入れるのか選択肢はいくつかあります。
代表的な手段としては、ペットショップ・ブリーダー・里親から迎え入れることが一般的です。

シーズーをブリーダーから迎える時の注意点、気をつけたいこと

ブリーダーとは、特定の種類を保ち交配している人のことを指します。
良いブリーダー・悪いブリーダーを見極めることは必要ですが、シーズーに関する知識を持ったプロだとも言えるでしょう。
そんなブリーダーから迎えることになったときの注意点などについて確認しておきましょう。
『シーズーをブリーダーから迎える時の注意点、気をつけたいこと』

シーズーを里親から迎える時の注意点

シーズーは人気犬種とだけあり、里親募集に出されていることがあります。
里親としてシーズーを迎えることになった時の、注意点や一緒に暮らしていくためにできることを紹介しています。
『シーズーを里親から迎える時の注意点』

シーズーの子犬の選び方 チェックするポイントと注意点

シーズーの子犬を選ぶときには、性別や毛色などの希望条件だけでなく、子犬の健康状態もチェックしておきましょう。
この先何年も一緒に過ごす子犬を迎えるのですから、健康かどうかを見極めておくことは大切です。
健康状態のチェック方法について確認しておきましょう。
『シーズーの子犬の選び方 チェックするポイントと注意点』

シーズーの価格ってどのくらい?値段の仕組みと相場

シーズーの子犬の販売価格の相場はだいたい10~20万円です。
シーズーの月齢、外観、サイズ、親犬の受賞歴などでその価格は変動します。
価格の仕組みや相場から高いとき、安いときの理由などについて調べてみました。
『シーズーの価格ってどのくらい?値段の仕組みと相場』

シーズーにおすすめのペット保険は?選び方

動物病院へ行ったことがある人なら分かると思いますが、基本的に犬の医療費は飼い主さんの全額負担です。
大きな病気なほど、治療が長引くほどにその費用は嵩みます。
そんな時に飼い主さんの負担を軽減してくれるのがペット保険です。
シーズーを飼い始めることが決まったら、ペット保険を検討してみましょう。
『シーズーにおすすめのペット保険は?選び方』

シーズーのしつけ

犬のしつけを単なる芸の一環として思っている人もいるかもしれません。
しかし、しつけは人と犬が共生していくためのルールを教えることです。
シーズーを迎えたら、今後のシーズーとの生活をより良いものにしていくためルールを教えてあげましょう。

これが大事!シーズーのしつけ方のポイント

シーズーは賢く物覚えも良いので、しつけを覚えるのは得意な犬種です。
しかし、頑固な一面があるため一度覚えたことを直すことには苦労するかもしれません。
できるだけ早めに正しいしつけを行っていくことが必要です。
シーズーのしつけ方のポイントを押さえておきましょう。
『これが大事!シーズーのしつけ方のポイント』

シーズーの上手なトレーニングのコツとは?

シーズーのトレーニングは、ちょっとしたポイントを押さえておくと簡単にいくことがあります。
トレーニングを通して、社会性を身に付けていくことで、成犬になってからのトラブルも少ない穏やかな性格になっていくでしょう。
『シーズーの上手なトレーニングのコツとは?』

シーズーが吠える理由は!?無駄吠えの対応方法や解決方法について

基本的にシーズーは無駄吠えの少ない犬種だと言われています。
しかし、育て方によっては無駄吠えが多くなってしまうこともあるでしょう。
無駄吠えしないシーズーに育てるために、無駄吠えの対応方法や解決方法を実践してみてください。
『シーズーが吠える理由は!?無駄吠えの対応方法や解決方法について』

シーズーのお手入れ。カットやトリミングについて

シーズーの特徴的な美しい被毛は、細くて絡まりやすい特徴を持っています。
また、被毛は一生伸び続けますのでトリミングが必要な犬種でもあります。
こまめなブラッシングやトリミングで体のお手入れをしてあげましょう。
お手入れをしてあげることは、シーズーの健康にも影響を及ぼす大切なことなのです。

シーズーの抜け毛 抜け毛の量やお手入れについて

シーズーはとても豊富な毛量を持っていますが、抜け毛は少ない犬種だと言われています。
それでも抜け毛がないというわけではありません。
そんなシーズーの抜け毛の量やお手入れ方法について紹介しています。
『シーズーの抜け毛 抜け毛の量やお手入れについて』

シーズーの美しい毛並みを守る上手なシャンプーのやり方とポイント

遊ぶことが大好きなシーズーは、長い被毛を持っていることもあり何かと汚れがちです。
せっかくの美しい被毛が汚れてしまっては勿体ないですよね。
衛生の面だけでなく、健康の面からも定期的なシャンプーをしてあげましょう。
『シーズーの美しい毛並みを守る上手なシャンプーのやり方とポイント』

シーズーはトリミングが必要!気を付けたいカットのポイント

トリミングが必要なシーズーを飼う楽しみの1つには、カットスタイルを楽しめることがあります。
スタイルが変わるだけで雰囲気が大きく変わり、いくつもの可愛さが見られるのです。
そんな楽しみを作り出すシーズーのトリミングについて紹介します。
『シーズーはトリミングが必要!気を付けたいカットのポイント』

シーズーに欠かせないお手入れとは?

シーズーに必要なお手入れは、被毛だけではありません。
シーズーの大きな目は眼病にかかりやすかったり、垂れ耳なので外耳炎になりやすいような特徴も持っています。
トラブルが起きないためにも、こまめにお手入れをしてあげましょう。
『シーズーに欠かせないお手入れとは?』

シーズーの寿命や病気について

シーズーに限らず、犬の飼い主さんなら愛犬の健康と長生きを願うものです。
近年ではペット医療も発展して犬の寿命も延びつつありますが、1番に愛犬の健康を守ってあげられるのは飼い主さんです。
そのためには、シーズーのかかりやすい病気や体質を理解しておくことが大切です。

シーズーのかかりやすい病気と原因、予防方法について

シーズーのかかりやすい病気には、「気管虚脱」「熱中症」「外耳炎・内耳炎」「皮膚病」「肥満」「椎間板ヘルニア」の病気があります。
それらの病気の症状や注意点などについて理解しておきましょう。
『シーズーのかかりやすい病気と原因、予防方法について』

シーズーは太りやすい!?太りやすい原因と対策、ダイエット方法について

シーズーは食べることが大好きですが、活動量はそれほど多くなく落ち着いて過ごすことを好む犬種です。
そのため太りやすい特徴を持っている犬種でもあります。
しかし、肥満は万病の元とも言われる通り、体のあちこちに悪影響を及ぼしてしまいます。
肥満にならないよう飼い主さんが管理してあげましょう。
『シーズーは太りやすい!?太りやすい原因と対策、ダイエット方法について』

シーズーの体重について年齢別の変化と適正体重

シーズーの子犬を迎えて育てていくことになった時、日々大きくなる子犬を見て喜びと一緒に、成長に問題がないのか不安になることもあるでしょう。
そんな時に参考にしてほしい、シーズーの年齢別の体重の変化について紹介しています。
『シーズーの体重について年齢別の変化と適正体重』

シーズーのいびき 原因と対策、いびきで分かる病気のサイン

シーズーは隠れ鼻ぺちゃ(短頭種)の犬種です。
鼻ぺちゃの犬種は、いびきをかきやすい特徴を持っています。
それすら愛らしいと思えてしまいますが、犬のいびきには病気が隠れていることも少なくありません。
病気にいち早く気付けるために、シーズーのいびき対策をしていきましょう。
『シーズーのいびき 原因と対策、いびきで分かる病気のサイン』

シーズーの寿命は?長生きさせるための大事なポイント

考えたくないことではあっても、シーズーにもいずれ寿命がやってきます。
現在シーズーの寿命は、だいたい14~15歳くらいだと言われています。
比較的長寿な犬種ではありますが、飼い主としては1年でも1日でも長く一緒にいたいと願うものですよね。
そのためには、シーズーを長生きさせるためのポイントを押さえて実践していきましょう。  『シーズーの寿命は?長生きさせるための大事なポイント』