犬は牛乳を飲んでもいい?犬の牛乳の栄養素や与える際の注意点


犬,牛乳

犬は牛乳を飲んでも大丈夫?

犬に牛乳を飲ませても基本的には大丈夫です。

牛乳にはたくさんの栄養素が含まれていて、犬にとって、生命を脅かす成分は含まれていません。

牛乳の栄養成分といえば、特に有名なのがカルシウムではないでしょうか。また、たんぱく質やミネラル類、ビタミンAやB群も豊富なのです。

ただし!

牛乳をあげるときには、いくつか与える条件があります。それは、牛乳に含まれている乳糖(ラクトース)が原因しているからなのです。

まずは、詳しく、牛乳に含まれる成分を見ていきましょう。

牛乳の栄養素・効用

牛乳には乳糖が含まれています。それが犬の天敵!

犬に牛乳は良くないという意見も目にします。

その原因がこの、牛乳に含まれる乳糖(ラクトース)という成分なのです。

乳糖は、お母さん犬の母乳にも含まれています。

ただ、その量は牛乳に含まれるものよりずっと少なく、子犬の時は、この乳糖を分解するための酵素が体内にあり、母乳を飲んでも乳糖をうまく分解してきました。

そして、成長とともに、体内の酵素は減っていき、結果、成犬になると、乳糖を分解することが難しくなってくるのです。

そのため、牛乳を飲むと下痢などを起こすようになります。

人でも牛乳を飲むと、お腹を壊す人がいますよね? 犬にも同じことが起きるのです。

牛乳に含まれるカルシウムは犬の骨を丈夫にします

犬が必要とするカルシウムは、なんと人の14倍なのです。

飼い主である私たちは、小魚や手作りで、卵の殻パウダーを作ったり、またはサプリメントを購入したりと、色々工夫していると思います。

牛乳はご存知の通りカルシウムが豊富で、カルシウムの吸収率は、小魚や海藻が30%、野菜が18%、大豆製品が18%に対して、50%もあるのです。

カルシウム補給のレパートリーに加えてみるのはどうでしょうか。

犬の食事で1番重要なたんぱく質が豊富

犬にとって、たんぱく質は生きていく上で、1番大事ともいえる栄養素になります。

血や骨、被毛や皮膚、内臓全て、たんぱく質から成っているのです。

たんぱく質は20種類のアミノ酸からできているのですが、そのうち9種類は体内で作ることができないため、外から取り入れるしかありません。

それを必須アミノ酸と呼んでいるのですが、牛乳にはその9種類全てが含まれています。

ビタミンA(レチノール)で犬の免疫機能が高まります

ビタミンAはまず、目の健康を守ります。

また、皮膚の乾燥を防ぎ、嬉しいことに、アンチエイジング効果があるのです。

体内の粘膜を強化する働きもあるので、免疫機能を維持する助けをしてくれます。

ビタミンB1、B2、B6 で犬のトータル健康ケア

まずビタミンB1は、炭水化物を糖質に変えるのに必ず必要になる栄養素になります。

脳や神経組織には必要不可欠なのです。

十分に摂取する事で、犬の疲労回復にもつながります。

ビタミンB2は、皮膚や体内の粘膜を健康に保つ働きをしています。

また、ホルモン調整をすることから「発育促進ビタミン」という別名もあります。

ビタミンB6は、肉や魚を食べる犬には、タンパク質を分解するのにも、大変重要な栄養素になります。

また、肝臓に脂肪がたまらないようにブロックしてくれる役割もしています。

犬に牛乳をあげる量とあげ方

具体的に犬に牛乳をあげてみたいとなった時、牛乳をあげる場合には、きちんと手順を踏む必要があります。

犬に牛乳を与える方法

まずは、愛犬が乳糖をどれだけ分解できるのかがわからないので、スプーン1〜2杯程度与えて、翌日のウンチの状態を観察します。

犬はそれぞれ個体差があるので、必ずこの分超えたら、下痢をしまうという基準はありません

少しずつ試すことで、愛犬にとっての適量がわかります。

ポイントは、犬の反応をちゃんとみるために、慌てずゆっくり少しずつ試しながら、あげることです。

中には、スプーン1杯の牛乳で下痢をする犬もいます。

その場合、牛乳が合わないのが間違いないので、無理にあげないようにしましょう。

犬に牛乳はどれくらいあげても大丈夫?

犬が牛乳を飲んでも下痢をせず、大丈夫そうだとなった時、心配なのがあげる量ですね。

お水のように、がぶがぶ飲んでしまっては、カロリー過多で太ってしまいます。

牛乳は栄養価が高く脂質も多いです。牛乳100mlで67kcalもあります。

牛乳以外に与える食事のカロリーや、犬が下痢にならずに飲める牛乳の量で、与える量は変わってきますが、いずれにしろ、人が飲むように、飲み物としてあげるのはやめたほうが良さそうです。

あげるのならば、ドライフードに混ぜたり、手作り食の材料として料理して使うようにおすすめします。

犬に、水で薄めた牛乳をあげる方法もアリ!

牛乳はほんのり甘いので、その味を好む犬も多いのではないでしょうか。

でも、飲んで下痢になるでは困ります。

そこでできる方法として、牛乳を水で薄めてあげるというやり方です。

薄めたからといって、乳糖の量は減りませんが、水で薄める分、乳糖を含む牛乳の量を減らして摂取することができますよね。

犬に、ラクトース(乳糖)フリーの牛乳をあげよう!

日本ではなかなか聞きなれないですが、たくさんある牛乳の種類には、ラクトースフリーの牛乳というのもあるのです。

日本人に限らず、世界にも牛乳を飲むとお腹を壊す人がたくさん存在します。

そういう乳糖不耐症の人のために生まれたのが、ラクトースフリーの牛乳なのです。

その名の通り、乳糖を分解して牛乳から取り除いた牛乳のことをいいます。

これなら、犬も下痢になることなく、牛乳の栄養を摂取することができるのではないでしょうか。

現在日本では、雪印メグミルクのアカディがそれに当たります。

ただこちらは100%ラクトースフリーではなく、約80%カットになります。

犬に牛乳をあげるときの注意点

犬に冷たい牛乳はあげてはいけません

犬が牛乳を飲めるとわかり、いざあげようとなった時、冷蔵庫から出したばかりの、冷たい牛乳はあげないようにしましょう。

人でも、冷たい牛乳を一気に飲むとお腹を壊します。犬も同じです。

犬に毎日牛乳はあげないでください

どんなに体に良く、犬も下痢をすることなく、牛乳を摂取できるとしても、毎日あげることはNGです。

ご紹介したとおり、牛乳は栄養価が高い分、カロリーも高いです。毎日あげてしまうと、肥満に繋がる可能性大になります。

どんなに犬が欲しがっても、たまにあげるご褒美的な扱いにしましょう。

牛乳を温めても、犬は下痢をする時はします

牛乳を温めても、含まれている乳糖は分解されません。

牛乳を少しずつあげてみて、どうも軟便や下痢になるという場合、犬自身、乳糖をうまく分解できないためと思われるので、仮に温めても結果は同じです。

下痢をさせて辛い思いをさせる前に、諦めてしまうことも必要です。

犬に牛乳アレルギーがないか注意

犬は、牛乳に含まれている乳糖を分解することが苦手で、犬の許容量を超えて牛乳を飲んだ場合、下痢や軟便などお腹を壊すことがあることをご紹介しました。

犬に牛乳をあげる時、もう1つ注意しなければならないのが、牛乳アレルギーです。

乳糖のせいだけではなく、アレルギーの場合もあるのです。

  • 牛乳を飲んだ後嘔吐した
  • 牛乳を飲んだ後身体を痒がる
  • 牛乳を飲んだ後、元気がなくなり震えている
  • 下痢や血便になる

以上の症状が見られたら、牛乳アレルギーの可能性があります。

アレルギーとわからずに、少量なら〜とあげ続けるのは、大変危険です。

牛乳を与えた後の犬の様子は、しっかり観察するようにしましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

牛乳はカルシウムを摂取できたり、ビタミンが豊富だったりと、大変魅力的な一方、愛犬の体に合うかどうかの心配も残ります。

また、カロリーが高めなのも気になりますよね。

絶対に摂らなければならない食材でもないので、必ずしもこだわってあげる必要もないように思います。

同じ乳製品でも、カッテージチーズやヨーグルトは含まれる乳糖の量は、牛乳に比べて低いです。

もしかしたら、牛乳を進んであげるよりだったら、別の乳製品をあげてみる方が、リスクは低いかもしれません。

または、ご紹介したような、ラクトースフリーの牛乳を試してみてはいかがでしょうか。