犬が食べてはいけない食べ物をリストアップ

犬,フルーツ

犬が食べてはいけない食べ物「野菜」編

長ネギ・玉ねぎ・小ねぎ・ニンニクなど、ネギ類全般

犬にネギは与えてはいけないというのは、比較的知られている情報ですね。

これは、ネギ類全般に含まれるアリルプロピルジスファイドという成分が、犬の赤血球を破壊するためなのです。

人間の体は、その物質を消化する酵素があるため無害なのですが、犬はその酵素を持っていないので、中毒を起こすのです。

犬の個体や食べた量によって、中毒の度合いが変わってきますが、怖いのはネギを食べてすぐ反応が出ることはなく、早くても半日。だいたいは2〜5日後に中毒反応が起きることが多いです。

溶血性貧血や高カリウム血症で命の危険もありますので、誤食した時には、量に関係なく動物病院へ急ぎましょう。

銀杏

秋の紅葉で、色づくイチョウの木と愛犬の写真はとても絵になり、愛犬家のみなさんは、写真撮影に出かけることが多くなるのではないですか?

そこで気をつけたいのが「銀杏」です。イチョウの木になる銀杏には、メチルビリドキシンといわれる成分が含まれていて、犬にとっては毒になります。嘔吐やめまい、最悪、呼吸困難などを起こします。

写真撮影に夢中になり、犬が興味本位で誤食することがないように、注意が必要です。

アボカド

森のバターといわれるアボカドは、いろんな料理にも使われ、好物の人も多いでしょう。

体にもいいアボカドですが、犬にとっては毒になるのです。アボカドにはペルジンという成分が含まれていて、それが犬にとって、アレルギー反応を引き起こすのです。

個体差はありますが、強く反応が出る犬は、命の危険もあり得ます

ドッグフードに、アボカドが含まれているものがあり、有害物質を取り除いてあるといいますが、どの種類のアボカドを使い、それくらいの量で、どんな加工をして作ったかの詳細がわからないので、自己責任での判断になります。

犬が食べてはいけない食べ物「果物」編

ぶどう・レーズン

犬がぶどうを食べると、ぶどうに含まれる成分によって中毒を起こすといわれています。

特に、腎機能に影響をし、急性腎不全を起こすこともあるので危険です。

ぶどうのどの成分が危険なのかは、まだはっきり解明はされていませんが、個体により、重度の中毒を起こすことがわかっています。

また、レーズンでも同じく中毒が起こりますので、注意が必要です。

症状は、嘔吐や下痢、元気がなくなったり、水を大量に飲みたがるようになります。

中毒症状はだいたい食べてから2〜5時間で現れます。

仮にぶどうの誤食があった時は、症状が有る無しに関わらず、動物病院への受診をおすすめします。

イチジク

イチジクにはプソラレン、フィシン、フィカインといった犬にとって、有毒な物質が含まれています。

個体差があり、アレルギー症状を起こさない犬も存在しますが、多数の犬がアレルギー反応を起こしている事実もあります。

症状としては、嘔吐、下痢、皮膚や口内の炎症、大量のよだれなどが見られます。観葉植物でイチジクを育てている場合も注意が必要で、実だけではなく、枝や葉、皮にも中毒成分は含まれています

プルーン

プルーンは、私たち人間にとってはかなり栄養価が高く、プルーン自体を食べるほか、サプリメントも人気があります。

でも、犬にとっては毒になるので注意が必要です。

どの成分が犬にとって危険なのかは、詳しく解明はされていないのが現状ですが、多数の犬が呼吸困難やショックを起こしたというデータが存在します。

また、プルーンには大量のカリウムが含まれており、それが原因で腎機能障害になることもあります。

特にドライプルーンは成分が凝縮されていますので、特に要注意です。

犬が食べてはいけない食べ物「魚介(シーフード)」編

タコ・イカ・エビ・カニなどの甲殻類

基本的には中毒を起こすような成分は含まれてはいませんが、甲殻類の食べ物は消化が悪く、下痢や嘔吐になりやすいです。

また、生のエビやカニ、イカにはチアミナーゼという成分が含まれていて、それが犬のビタミンB1を壊すため、ビタミンB1欠乏症になることがあります。

ただし、チアミナーゼは火を通すことで失活するので、少量であれば、食べても問題ない場合もあります

そしてもう1つ。生の魚介類にはアニサキス(寄生虫)が寄生していることがあるので、生であげるのが危険な原因の1つでもあります。

ししゃも

ししゃもは丸ごと食べれるので、カルシウム補給になっていいかも!なんて思いがちですが、ダメなのです。

特に、人間用で売られているししゃもは、製造過程で大量の塩を振って、干して作るという作業をします。

そのため、犬が食べるには塩分過多になってしまいます。

カルシウム摂取以前に、塩分過剰摂取は腎機能に大変良くないので、あげないようにしましょう。

犬が食べてはいけない食べ物 その他

マカダミアナッツ

マカダミアナッツは大変おいしいですが、犬にとっては大敵なのです。

特に、マカダミアナッツの中毒は強く、「マカダミアナッツ中毒」という名前が付くほどです。

食べて12時間以内に中毒症状が現れ、深刻度はその犬の個体によって変わり、重度の症状では命の危険にさらされる場合もあります。

症状としては、嘔吐や下痢、痙攣などになります。また、マカダミアナッツで作ったオイルでも、同じように中毒は起こりますので、注意してください。

コーヒー(緑茶・紅茶・ウーロン茶)

コーヒーに含まれるカフェインが中毒症状を起こします。(緑茶・紅茶・ウーロン茶に含まれるカフェインも同様です)

私たちは、カフェインをわざと摂取して、眠け覚しをしますが、それも1つのカフェイン効果で、犬にも同じように作用します。

しかし、体の小さな犬がカフェインを摂取すると、人以上に反応は大きく、中毒を起こしてしまうのです。

症状として、落ち着きがなくなったり、頻尿や失禁、頻脈、痙攣、下痢や嘔吐を起こします。

それらの症状は、コーヒーを誤飲してから1〜2時間で現れます。

カフェインの致死量は、2kgの小型犬でコーヒー2杯は飲まなければなりません。

そんな量を誤飲することは通常起こりませんが、少量の誤飲でも個体によっては、中毒症状は十分起こり得ます。

チョコレート・ココア(カカオ)

チョコレートやココア(カカオ)に含まれるテオブロミンという成分が、中毒の原因です。

人も、チョコレートを大量に食べると中毒を起こしますが、犬は体が小さい分、少量でも中毒を起こす場合があるのです。

テオブロミンは、チョコレートの苦味成分に当たるので、苦味の強いチョコレートは特に、注意が必要です。

中毒症状は、元気がなくなったり、不整脈、頻尿、痙攣や嘔吐があります。

中毒の度合いによっては昏睡状態になり、死に至る場合があるので、安易に考えず、チョコレートは犬が届く場所に置かないようにしましょう。

生の卵白

卵は犬にとっても、非常に栄養価が高い食品になります。

ただあげ方に注意が必要で、生の卵白はあげてはいけません。

卵の白身部分には、ビオチンの吸収を妨げるアビジンという成分が含まれていて、犬がビオチン不足になってしまいます。

結果、ビオチン欠乏症になる可能性があるので、卵をあげる際は、加熱することが大切です。