チワワのアレルギーについて動物看護師が解説!!

私たち人間も様々なアレルギーを持っている方もみえますね。犬によっても、アレルギーはなりやすい犬種や体質などがあります。チワワのアレルギーはどのようなものがあるのでしょうか?では、まとめましたので参考にしてください。

アレルギーとは?

ハウスダストや、花粉、卵などの食べ物のアレルギー物質のことを「アレルゲン」といいます。アレルゲンが体内に侵入したとき、これを除去しようと、Bリンパ球が、ヘルパーT細胞の助けを借りて、アレルゲンに対しての「IgE」が作られます。
このIgEの働きが上手くいかなくなると、アレルギー症状として、でてきてしまいます。
アレルギーは、その物を食べたり、吸い込んだり、触れることなどによって症状が現れます。
体を後ろ足で搔いたりしていませんか?犬もアレルギー検査をおこなう事が可能ですので、何度も体を掻いたりする様子や、フケ、抜け毛などの症状がありましたら、早めにかかりつけの動物病院に行く事をお勧めします。

チワワのなりやすいアレルギー

チワワにとってのアレルギーの元となるアレルゲンとはどのようなものがあるのでしょうか?
花粉はもちろんのことですが、食物アレルギーもあります。牛肉、牛乳、豚肉、鶏肉、小麦、大豆などが多く知られています。アレルギーになった時の症状としては、皮膚にかゆみが生じ、眼や口の周りに湿疹や蕁麻疹がでたり、咳や喘息などといった、気管支にも症状は現れます。また、下痢やおう吐など、人間と同じような症状がでてきます。

対処方法・治療

対処方法は、日頃のお手入れをしっかりとおこないましょう。ブラッシングは毎日1日1回が理想ですが、最低週に2~3回はおこなってください。ブラッシングは体についたゴミなどを落とす効果があります。また、美容院には2か月に1回は行き、皮膚を清潔に保ちましょう。あまり行きすぎると、体の必要とする油分も洗い落としてしまい皮膚が乾燥してしまいますので逆効果になります。
主な治療方法は、、、?
  • アレルギーと分かっているものを、触れたりできないように遠ざける
  • 日頃のスキンケアをしっかりおこなう(ブラッシング、シャンプーなど)
  • 動物病院で薬による治療をおこなう。こちらは、直接皮膚に塗る外用薬と飲み薬の内服薬などがありますので、かかりつけの動物病院の獣医師のもとで適切な治療を進めていきましょう。

また、食物アレルギーの場合、アレルギーの犬のためのドッグフード(療法食)がありますので、通常のドックフードより、価格はしますが、ドッグフードによってアレルギーを抑えられるのであれば獣医師と相談の上、試してみることが大切だと思います。

まとめ

いかがでしたか?人間と同じで、犬にとってもアレルギーには悩まされますね。正しい対処方法や動物病院での治療をしてあげることで、アレルギー症状を抑えることができますので、飼い主ができることをきちんと、おこなってあげてください。