愛犬と行くレジャースポット徳島県編

Contents


徳島県の基本情報

徳島県は四国地方の東に位置しており、山地が大変多く、全面積の8割を占めています。

1000mを超える山も少なくなく、その山々を流れる吉野川は、過去2年連続全国清流ナンバーワンに輝いています。

豊かな水源があり、祖谷渓、小歩危などの美しい渓谷などたくさんの自然観光資源を持ちます。

徳島県・県庁所在地

徳島市 キャッチフレーズは「心おどる水都・徳島」

徳島県の観光名所

◆吉野川大歩危・小歩危ラフティング

吉野川は日本三大暴れ川の1つになります。

中でも大歩危・小歩危ラフティングはアウトドアスポーツ好きには大人気の観光スポットで、毎年たくさんの人が訪れます。

ツアーが様々あり、

  • サファリ
  • ファミリーコース
  • ロングコース
  • 小歩危1日コース

など、自分に合ったコースを選び楽しむことができます。

また、ラフティング以外にももちろん雄大な吉野川の景色を楽しむことができます。

◆鳴門海峡の渦潮

世界最大級の渦潮をうずしおクルーズに乗り、観潮できます。

このツアーの面白いところは、うず潮の見頃時間は毎日変わるため、クルーズの運航時間もそれに合わせて変わります。

ベストな時間をインターネットなどで確認した上で出かけましょう。

予約不要な船と要予約の船がありますので、ご注意を!

◆恋人峠

聞いたことありませんか?

その昔、平家の公家が剣山に逃げ落ちのびたさい、彼の恋人だった女性がその後を追うも、その山の険しさに力尽き諦めてしまい、その思いを遂げることができなかったという物語が残っている土地になります。

現在では、恋人たちがそこに思いを込め、南京錠をかけると二度と離れることがないと言われ、たくさんのカップルが訪れる観光地になっています。

◆祖谷のかずら橋

祖谷にあるかずら橋は、シラクチカズラ(重さ5t)で作られた橋になります。

四季それぞれの景色と調和した橋の景観は、見る価値が十分にあります。

一歩一歩歩くたびにユラユラ揺れる橋は、スリル満点です。

毎晩19:00〜21:00の間、かずら橋はライトアップされ、夜の幻想的な光景も日中とは違う美しさがあります。

◆うだつの町並み

江戸中期〜昭和初期の85棟の伝統的な建造物が立ち並ぶ町並みになります。

うだつの町並みが残っているのは、ここと岐阜県の美濃市のみ。

様々な歴史的建造物を見て歩くのは、興味があってもなくても楽しめます。

古民家にはお土産やさん、カフェや体験スペースがあります。

◆阿波踊り

400年の歴史を持つ阿波踊り。

阿波踊りは全国で数多く開催されていますが、日本最大といわれる阿波踊りは、ここ徳島県の阿波踊りになります。

毎年8月12日〜15日までの4日間、開催され、昼は「選抜阿波おどり大会」があり、夜は演舞場で「阿波おどり」があり、昼夜ともに楽しめます。

徳島県の名産物

◆竹ちくわ

徳島県のソウルフードと呼ばれています。

竹に刺さったまま売られているちくわです。

元は、小松島市の漁師さんたちが、海岸で採りたての小魚の身を練り合わせ、青竹に巻きつけて焼いて食べていた、漁師料理だったようす。

◆金露梅

金露梅という花をイメージしてできた、スイーツになります。

手亡豆に卵、牛乳などを贅沢に使って作った餡をミルクチョコレートでコーティングしています。

見た目がかわいく、女子ウケします。

◆鳴門糸わかめ

糸のように細いため、糸わかめと呼ばれています。

ワカメは全国いたるところにありますが、食べてびっくり。

これだけ味が違うのか!?と驚きます。

内海と外海が激しくぶつかり合う鳴門海峡で育ったワカメは、味・色・歯ごたえ全てが一級品です。

◆地鶏の阿波尾鶏

シャモと優良鶏を掛け合わせて生まれたのが、阿波尾鶏になります。

自然環境で80日以上かけて丹念に飼育して出来上がり。

平成10年頃から地鶏の中では生産量が、全国1位になっています。

人間だけでなく、愛犬にも贅沢に阿波尾鶏のソテーなんていかがでしょうか。

◆徳島ラーメン

徳島ラーメンには「茶系」「黄系」「白系」の3系統あります。

それぞれダシのベースが違い、鶏ガラや野菜、豚骨、薄口・濃口醤油を使うなどで色分けされます。

現地の人気ラーメン屋さんで食するのもOK!

お土産で買って帰って食べるのもOK!

徳島県の愛犬と行くおすすめレジャースポット

柴犬

鳴門ウチノ海総合公園

鳴門ICより車で10分の場所にある鳴門ウチノ海総合公園は、海辺の景色を堪能したり楽しみ方がいろいろある公園です。

芝生の広場や海辺のテラス、デイキャンプ場、公園ならではの遊具だけではなく、フットサルやテニスなどができる多目的コート、ビーチバレーコート、ラジコンやスケートボードなどの専用広場のウエーブコートなどもあります。

愛犬とデイキャンプを楽しんだり、芝生でボール遊びをして充実した休日が過ごせられるおすすめスポットです。

☆詳細☆

  • 住所: 徳島県鳴門市鳴門町高島字北679
  • 電話: 088-687-3175
  • 営業時間: 午前9:00~時期により変動。
  • パークセンター休業日:火曜日
  • 入場料:無料
  • ホームページ:『鳴門ウチノ海総合公園』

大鳴門橋架橋記念館エディ

大鳴門橋や渦潮などを紹介するミュージアムです。

ゲームやアトラクションを通して渦潮や大鳴門橋のメカニズムを楽しく理解したり、体感型シュミュレーターの空飛ぶ潜水艇「うず丸」でのバーチャル体験などのアトラクションも楽しめます。

「渦の道(大鳴門橋)の車道下にある海上遊歩道では、渦上45メートルの高さのガラス床でスリルを体感することができます。

ペット連れでもキャリーバックや抱っこしていればOKの施設です。

☆詳細☆

  • 住所: 徳島県鳴門市鳴門町(鳴門公園内
  • 電話: 088-687-1330
  • 営業時間: 9:00~17:00
  • 休業日: 無休
  • 入場料:大人610円 中高生410円 小学生250円
  • ホームページ:『大鳴門橋架橋記念館エディ』

West-West(ウエスト・ウエスト)

大歩危にあるラフティング・観光拠点の施設です。

大歩危の渓谷美を楽しみながらBBQができるBBQハウスや、600坪もの広さで自然を活かしたドッグランが利用できます。

他にも愛犬と一緒にラフティングを楽しむこともできます。

施設内には徳島ラーメンや祖谷そばの飲食店やコンビニ、ギフトショップではワンコグッズの取り扱いもしているので、愛犬と丸1日楽しむことができるオススメのスポットです。

☆詳細☆

穴吹ふれあい広場

美馬市にある穴吹ふれあい広場は、清流・穴吹川に面した花と緑に包まれたプレイランドです。
夏場には、キャンプやBBQが楽しめます。

他にも、全長160mの大蛇の形をしたローラー滑り台「大蛇の滑り台」や、ジャブ池、砂場、芝生広場などアクティブに遊ぶことができる施設です。

入場料は無料、夏場のバーベキューは持込みの場合は無料なので、子どもや愛犬を連れてリーズナブルなレジャーにピッタリのおすすめスポットです。

☆詳細☆

  • 住所: 徳島県美馬市穴吹町穴吹市ノ下
  • 電話: 0883-52-2644
  • 営業時間:24時間
  • 休業日: なし
  • 入場料:無料
  • ホームページ:『穴吹ふれあい広場』

こうつドッグわん

犬が大好きなドッグランになります。

600坪もある広いドッグランに、様々なアジリティセットやプールも完備。

雨の日でも遊べるように、室内ドッグランまであります。

飼い主も楽しめるように、犬と一緒にバーベキューもできちゃます。

また、ドッグラン内でキャンプもできるようです。

☆詳細☆

  • 住所:徳島県吉野川市山川町井上71番地
  • 電話:0883-42-3409 フリーダイヤル0120-320-195
  • 営業時間:10:00〜20:00
  • 休業日:木曜日
  • 入場料:1500円 2頭から700円
  • ホームページ:『こうつドッグわん』

愛犬とのお出かけ「注意点5つ」

しつけ

愛犬とどこかへお出かけするときは、犬だけではなく、私たちもウキウキとテンションが上がりますよね。

せっかくのお出かけを最初から最後まで楽しく、いい思い出を作るため、私たちが注意するべきことが5つあります。

出かける前に、チェックしてみましょう。

1.最低限のしつけはできていますか?

犬とのお出かけは、誰もいない場所だけとは限りません。

それなりに有名な観光地は、シーズンとなれば必ずたくさんの人が訪れます。

そういった観光地に出かけるとき、1番気を使わないとならないのが、周りに迷惑をかけないことですよね。

もう一度、愛犬のしつけが問題ないか確認しましょう。

  • おすわり・ふせ・待てができる
  • 呼び戻しができる
  • トイレのしつけができている
  • 吠えグセや飛びつきグセがない

などのしつけが必要になります。

普段はお利口に言うことを聞いてくれる愛犬も、慣れない場所に行き、知らない人や犬がたくさんいると、つい興奮してしまうこともあり得ます。

吠えたり飛びつきたい状況になっても、指示1つで落ち着かせられるように、最低限、おすわりや呼び戻しができていることは必要になります。

2.愛犬の初お出かけは近場から短時間で

愛犬がお出かけするということが初めての場合、愛犬がどういう反応をするか、興奮しすぎて体調を崩さないかなど、全てのことが未知数になります。

いろんなことが起こり得るということを想定して、最初から遠出するということはせず、最初は近場から数時間のお出かけというところから始めましょう。

少しづつ慣らすことで、愛犬も知らないところへ飼い主さんと出かけることに楽しみを見つけ、緊張して疲れるということも減るようになります。

3.行く先が犬連れOKの場所かどうかチェック

愛犬を連れていろんなところに行きたいですよね。

最近ではたくさんの観光地で犬連れOKとなってきてはいます。

ただ、全ての観光地がOKではないことをお忘れなく。

行ってみて、ダメだったなんてことにならないように、行く先の観光地が犬連れでも大丈夫かどうかは、必ず確認するようにしましょう。

また、出向いた先でお腹が空いたときのことも考え、犬連れOKなカフェやレストランを調べておくと、現地で迷うことがなくて便利です。

4.移動は車?電車?それぞれ注意が必要

お出かけは車ですか?電車ですか?

それぞれの交通機関によって、気をつけることは変わってきます。

犬,子ども

車で移動の場合…

愛犬が車酔いしないかどうか、長時間ドライブする前に車に慣らす必要があります。

全く車に乗せたことがない場合は、近所を一回りドライブから始め、始めから遠出ドライブは避けるようにします。

短い距離から始めることで、車酔いをしやすいとか、どれくらいの間隔で休憩をすればいいかなど、愛犬の状態を図ることができます。

また、トイレ休憩を数時間ごとに取り、愛犬をリフレッシュさせてあげましょう。

トイレ休憩の際には必ず愛犬にはリードをつけるようにし、当然ですが、万が一ウンチをしたときには、必ず、ウンチは綺麗に持ち帰るようにします。

電車で移動の場合…

利用する鉄道会社の規定を確認するようにします。

基本的に犬はキャリーバッグへ入れての乗車が絶対になっています。

キャリーバッグの大きさは各鉄道会社で違いがありますので、事前に確認することが必須になります。

ちなみにJRの場合は、ながさ70cm以内、縦・横の合計が90cm程度のバッグに収まる大きさで、バッグと合わせて10kg以下までとなっています。

また、満員電車に小型犬と初めての乗車などは、犬へかなりストレスがかかることが予想されます。

極力、ラッシュ時間を避け、少しでも犬に負担がかからない方法を模索する必要があります。

5.急なケガや病気の対処法は万全に

泊まりがけで旅行に行くとき、心配なのが、愛犬の突然の病気やケガになります。

知らない土地で動物病院を探すのは、いざという時、パニックになってしまい探すのに苦労します。

迅速に対応するためにも、事前に旅行先の動物病院をチェックしておくと安心できます。

病気,病院.医者

愛犬とのお出かけ こんな行動はNG 3選

1.周りの人に気を使わない

外出先では、大抵どこにでもたくさんの人がいます。

そこには犬が苦手な人や、犬連れで来ている人など様々。

そんな観光地で1番大切なのはマナーを守ること。

愛犬を好き勝手歩かせ、リードは伸縮リードでどこまでも犬だけ勝手に歩くなどしたら最悪です。

周りの人に気を使う行動をすることで、お互いが気持ちいい観光をできるようになります。

2.観光に夢中になり、愛犬を放置

観光地に出かけたら、犬も人もテンションが上がります。

つい人間の方が観光に夢中になり、愛犬に目を向けることを忘れてしまったら…

人の多さで疲れて体調を崩していることにも、気づけなくなってしまいます。

初めての場所を一緒に楽しむためにも、愛犬の状態を気にしてあげるようにしましょう。

3.ほんの数分でも愛犬を車中に残してはダメ

数分だけだからと犬を車中に残して行ってはいけません。

特に夏の暑い日は、ほんの数分エアコンを切っただけで、車中はとんでもない高温になります。

愛犬とお出かけ「持ち物・便利グッズ」のすすめ

普段の散歩ではなく、少しそれよりも遠くにお出かけするときに必要な持ち物、あると便利なグッズをご紹介します。

愛犬とお出かけ・持ち物チェックリスト

  • 首輪・ハーネス&リード
  • 愛犬を入れるキャリーバッグ
  • 携帯用水入れ
  • ウンチ入れ袋
  • 愛犬のご飯とおやつ
  • 大判のウェットティッシュ&タオル
  • 必要に応じて犬用の洋服

リードは、伸縮性のあるものと短いもの両方あれば、場所によって変えられるので便利です。

また、飼い主さんの持ち物として、ケータイ電話を忘れず持つことで、人がいないところで何かがあっても、すぐに助けを呼ぶことができます。

愛犬とのお出かけ「便利グッズ」

◆足洗浄カップ

お出かけ先で、愛犬が思い切りはしゃぎ、足がドロドロ。

このまま車に乗せたくない…

そんなとき、足洗浄カップがあれば、手足を1本1本そのカップに入れるだけでキレイになってしまいます。

シリコン製なので愛犬の皮膚が傷つく心配もありません。

「足洗浄カップ」

◆ウェストポーチ

愛犬との行動では、愛犬のケアグッズを必ず持って出かけます。

リュックもいいけど、そこまで大きくなくてもいいし。

ハンドバッグだと片手が塞がっちゃう。

なら、ウェストポーチにすればいいのです!

ただのおしゃれポーチではなく、消臭機能があり、犬と行動するということ前提で設計されたポーチなので本当に使いやすいです。

「ウェストポーチ」

◆ウンチが臭わない袋

長時間観光して歩くのに、愛犬のウンチを普通の袋に入れて歩くのは、不安がありますよね。

特に暑い日など臭いが気になります。

そんなときに活躍するのが、ウンチが臭わない袋です!

ウンチ臭も菌も外に逃がしません。

「ウンチが臭わない袋」

この記事のまとめ

愛犬と行くレジャースポット徳島県編
  • 徳島県の県庁所在地:徳島市「心おどる水都・徳島」
  • 徳島県の名所:「吉野川大歩危・小歩危ラフティング」「鳴門海峡の渦潮」「恋人峠」「祖谷のかずら橋」「うだつの町並み」「阿波踊り」
  • 徳島県の名産物:「竹ちくわ」「金露梅」「鳴門糸わかめ」「地鶏の阿波尾鶏」「徳島ラーメン」
  • 愛犬とのお出かけ注意5つ:1.最低限のしつけ2.お出かけデビューは短時間から3.行く先が犬連れOKかチェック4.移動手段によって安全対策、ルールを守る5.ケガや病気の対処法をチェック
  • 愛犬とのお出かけNG行動:1.周囲に迷惑をかける2.愛犬をないがしろ3.車中に放置
  • お出かけ・持ち物チェックリスト:「首輪・ハーネス&リード」「キャリーバッグ」「携帯用水入れ」「ウンチ入れ袋」「愛犬のご飯とおやつ」「大判のウェットティッシュ&タオル」「犬用の洋服」

愛犬と行くレジャースポット徳島県編 さいごに

徳島県には自然と触れ合いながら、犬と一緒に楽しめるスポットがたくさんあります。

特に、様々な場所でアウトドアを楽しみながらBBQができるところが多く、犬友達と大勢で観光に行ったら、間違いなく盛り上がるのではないでしょうか。

ぜひ、愛犬と最高の思い出を作ってください!