マルチーズを購入するとき激安ブリーダーは避けるべき?

マルチーズを飼おうとするとき、どうしても値段が気になってしまいます。マルチーズの購入するときの値段は、5万円~25万円までと幅が広いのですが、これには様々な理由があります。ブリーダーで購入する場合、ペットショップよりも格安になる場合が多いのですが、安くなるのはどういう理由からなのでしょう?また激安ブリーダーは避けるべきなのでしょうか?

マルチーズの値段のつけ方とは?

マルチーズをペットショップやブリーダーで購入するときの平均的な値段は約5万円~25万円です。

値段は個体やブリーダーによって細かく変わってきます。その値段のつけ方には、それなりの理由があることが多いです。 まず、小さいマルチーズのほうが値段は高くなる傾向があります。

マルチーズもティーカッププードルのように、小さければ小さいほど人気が高い傾向があります。

性別はオス犬よりもメス犬のほうがおとなしく育てやすい傾向があり、値段に反映されます。

たまに激安のマルチーズを見かけることがありますが、値段が安すぎるのはそれなりの理由があるということを考えるようにしましょう。

マルチーズが激安の場合、ブリーダーの飼育環境が良くない、病弱である、大きくなりすぎている、などの理由があることも考えられますので、注意しましょう。

一般的にブリーダーはペットショップより格安

マルチーズを購入する場合、一般的にはブリーダーで購入するほうがペットショップで購入するよりも格安になります。

ブリーダーからペットショップに行くまでに仲介業者が入るために、その分値段が上乗せされてしまうためです。

最近はペットショップではなく、ブリーダーサイトなどでブリーダーを探して、直接マルチーズを購入する人が増えてきています。

ブリーダーで購入する場合でも、性別や両親の血統や健康状態によって、値段がまちまちであることが多いので、そのことを頭に置いてブリーダーに見学に行くようにしましょう。

マルチーズ

マルチーズの値段にとらわれすぎないで自分の目で確かめよう

マルチーズを購入する決め手は値段であることも多いのですが、安いときにはそれなりの理由があることを頭に置いておきましょう。

何が何でも安いほうを、と考えるよりも、値段ばかりにとらわれずに総合的な面で、健康で性格が良いマルチーズを選びたいですね。

そのためにもブリーダーを訪ねて、自分の目でしっかりと良いマルチーズの子犬を選ぶようにしましょう。

自分の目で選んだ子犬が、たまたま激安になるかもしれませんし、考えていたよりも高くなってしまうかもしれませんが、後悔しないように選びたいものですね。

マルチーズを購入するとき激安ブリーダーは避けるべき? まとめ

犬を購入するときは、ペットショップよりもブリーダーのほうが格安の傾向があり、ブリーダーで直接購入する人が増えてきています。

しかしその場合でも、ただ安いからという理由でブリーダーを選ぶのではなく、きちんとした環境で親犬のもとで育った健康な子犬を、自分の目でしっかりと選ぶようにしたいものです。

あまりにも激安のマルチーズばかりいるマルチーズは、安い理由がありますので、注意したほうが良いでしょう。