トイプードルの予防接種。どういう病気が予防出来るの?またおすすめのワクチンは?動物看護士が教えます!


注射,予防接種

注射で予防接種

混合ワクチンで予防できる病気と種類

混合ワクチンは、2種類~10種類の様々な病気が予防出来るワクチンです。

犬パルボウイルス感染症

パルボウイルスが原因で、激しい下痢や嘔吐や、食欲や元気が低下する症状がでます。
さらに症状が酷くなると、脱水を起こしたり、血便が出たり、ショック状態を起こし死に至る病気です。
パルボウイルスは、感染力がとても強く、便や嘔吐物の接触で感染してしまいます。
子犬の頃に感染すると、致死率が高い病気なので、感染を起こさないためにも混合ワクチンの中には必ず含まれている病気です。

犬ジステンパー

ジステンパーウィルスが原因で、初期症状は、発熱や鼻水、目やになどがでます。
酷くなると、下痢や嘔吐、くしゃみや咳などの症状もでてきます。
さらに重症化すると、肺炎を起こしたり、神経系にまで症状がでてき、痙攣や麻痺なども起こったりする場合があります。
感染経路は、感染している犬の鼻水や目やにの接触感染や、くしゃみなどの飛沫感染です。

混合ワクチンを打っていると、感染が予防出来ますし、もし感染したとしても症状はとても軽く済む場合が多いです。
犬ジステンパーを予防するワクチンもどの種類にも含まれています。

犬伝染性肝炎

アデノウィルスⅠ型というウィルスが原因で、肝臓に炎症が起こり、腹痛や下痢、嘔吐、発熱という症状がでてきます。
肝臓の炎症が重症化すると、肝臓が正常に機能しなくなり、肝性脳症を起こします。
肝性脳症を起こすと、痙攣や麻痺などの神経症状も認められます。
感染経路は、便や嘔吐物などの分泌物の接触感染です。
アデノウィルス1型は、5種混合ワクチン以上から予防できるように含まれています。

犬伝染性気管支炎

アデノウィルスⅡ型や、犬パラインフルエンザウィルスなどのウィルスが原因で咳や発熱などの症状がでてきます。
別名ケンネルコフとも呼ばれている病気です。
感染経路は、咳やくしゃみなどの飛沫感染や接触感染です。
アデノウィルスⅡ型と犬パラインフルエンザウィルスは、5種ワクチン以上から予防できるようになります。

犬コロナウィルス感染症

コロナウィルスが原因で、下痢や嘔吐、食欲が低下するなどの腸炎のような症状がみられます。
しかし、パルボウイルス程強くないウィルスですので、ほとんどの場合は軽い症状で済みます。
感染経路は、感染した犬の便を口に入れると感染します。

コロナウィルスは、6種類混合ワクチンと、8種混合ワクチン以上で予防できます。

レプトスピラ症

混合ワクチンで予防できるレプトスピラには、たくさん種類があります。

カニコーラ型は、出血型で、発熱や嘔吐や下痢、血便を引き起こします。

ヘクテロヘモラジー型は、黄疸型で、黄疸や嘔吐などを引き起こします。
黄疸型のほうが重症化しやすく、死に至る場合もあります。

感染経路は、感性した犬やネズミの尿や糞便や嘔吐物からの接触感染になります。

この2種類のレプトスピラウィルスは、7種混合ワクチン以上に含まれています。

また、9種・10種混合ワクチンには、レプトスピラの他の型が一つずつ追加されたものです。
同じく激しい嘔吐や食欲や元気がなくなります。

トイプードルにあった混合ワクチン

トイプードルを飼っている人のほとんどは室内飼いです。
運動量も多く必要ではない犬種ですので、散歩も適度に行く程度の飼い主が多いです。
完全室内飼いのトイプードルも結構増えてきました。

このようなことから、それほど散歩に行かない、自然に近い所で飼っていないというトイプードルに関しては、ワクチンの種類も5種ワクチン程度の少なめのワクチンを打つことをおすすめします。

レプトスピラウィルスは、自然の中のネズミが持っていることがあるので、アウトドアが好きな飼い主で、よく自然の中へ連れていったり、自然が多い所で飼っていて散歩もよく行っていたりするトイプードルは、多めの種類のワクチンを打つことをおすすめします。

まとめ

混合ワクチンで、様々な病気を予防することができます。
感染力が強かったり、命に関わりやすかったりする病気は、少ないワクチンの種類から入っていますし、感染する可能性が低いものは、多めの種類に入っています。
混合ワクチンは、種類が多ければ多いほど副作用がでる可能性も高くなります。
飼っているトイプードルのライフスタイルに合わせたワクチンの選び方をすることをおすすめします。