フレンチブルドッグの老犬におすすめのドッグフード


フレンチブルドッグの老犬が食事で注意しなければならないこととは?

フレンチブルドッグが老犬になってくると、歯が弱くなってきて噛む力が弱くなってきます。
カリカリのドッグフードをずっと食べていた犬でも、粒が大きいものだと食べにくくなってしまうことがあります。
食べにくいようであればお湯でふやかして柔らかくしてあげるといいでしょう。
ドッグフードは特に年齢別になっていないものもあります。
また年齢が高いから、必ずしも歯や内臓が弱ってくるわけでもありません。
そういう場合は様子を見ながら、少しずつドッグフードを切り替えていくようにしましょう。

シニア犬用のドッグフードはカロリーが控え目になっていて弱くなってくる関節ケアができるものが多くなっています。
シニア犬に必要な栄養素がしっかり入っているものを選ぶようにしたいですね。
おやつなども柔らかめのものを選んであげるようにしましょう。
また運動も若いときほど頻繁にはできなくなってくるので、食べ過ぎによる肥満には注意するようにしましょう。

シニア犬用のドッグフードに大切なこと

シニア犬用のドッグフードに切り替えるときは、いきなり替えてしまうことは避けて、様子を見ながら少しずつ替えていくようにしたいですね。
年齢が高くても肥満でもなく、特に大きな病気もせずに過ごしてきた犬の場合は、体の中は若いことが多いです。
しかし少しずつ老化していく体のために、必要な栄養素がしっかりと入っているドッグフードを選びましょう。
シニア向けのドッグフードの中にはカロリーを低く抑えるとともに、タンパク質までも低く抑えられているものがありますが、タンパク質は老犬にも必要なものなので、良質な肉を原材料にしているタンパク質が豊富なドッグフードを選びましょう。

ドッグフードの成分で気をつけたいのは、良質な肉類が使われているかということの他に、免疫力を高める効果があるオメガ3脂肪酸や関節をケアするコンドロイチンやグルコサミンがしっかりと含まれているかどうかも注目しましょう。
そして、できるだけ不要な添加物が入っているドッグフードは避けるようにしたいですね。

フレンチブルドッグの老犬におすすめのドッグフード

フレンチブルドッグの老犬におすすめのドッグフードを紹介します。
好みもありますが、原材料が良質で添加物などがないフードです。
体の機能が老化してしまった老犬の体に優しいドッグフードばかりですので、一度試してみるのもいいですね。

オリジンシニア

原材料は肉・魚・野菜などで、穀物を使用していません。
老犬にこそ必要なタンパク質を多く摂取できるように良質な肉を多めに使っています。
高タンパクですが低カロリー、低脂肪なので、老犬だけでなく肥満気味の成犬にも適しています。
全犬種向きなのでフレンチブルドッグにも、おすすめです。

アカナ シニアドッグ

低脂肪・低カロリーの全犬種向きのシニア向けドッグフードです。
老犬こそ動物性タンパク質が重要という考えから作られているドッグフードです。
関節強化のために鶏の軟骨を使用しています。

カナガン

カナガンのドッグフードは特に年齢別になっているわけではないですが、良質な原材料で穀物不使用、有害な添加物も含まれていませんので、全犬種、全ての年代の犬におすすめのドッグフードです。
老犬は消化機能が落ちてきています。
トウモロコシや小麦などの穀物が使用されているドッグフードは負担がかかりますので、穀物不使用のフードが理想的です。

まとめ

平均寿命が延びてきたフレンチブルドッグですが、いつまでもドッグフードは同じものであるというわけにはいきません。
様子を見ながら、年齢に応じたドッグフードに切り替えていきましょう。
老犬になるほどタンパク質は必要になりますので、低カロリー、低脂肪、そしてできれば消化に負担がかからない穀物不使用のドッグフードに切り替えてあげましょう。