マルチーズを安く手に入れるには?激安ペットショップは避けるべき?

マルチーズを飼育するには、いろいろとお金がかかります。せめて購入するときくらい、できるだけ安く購入できる販売店を探したいと考えることは、ごく自然のことです。しかしマルチーズの値段は、ある程度決まっていて、あまりにも激安な場合には理由があると考えてもいいかもしれません。マルチーズの激安な理由と、激安販売店は避けるべきかどうか、考えてみましょう。

ペットショップがブリーダーよりも値段が高い理由

マルチーズを購入するには主に2つの方法があります。

一つはペットショップで購入する方法で、もう一つはブリーダーから直接購入する方法です。

ペットショップもブリーダーから仕入れてショップ内に展示するのですが、ブリーダーからペットショップに行くまでに卸業者などが入るので、どうしても値段が高くなります。

ペットショップではワクチンを接種してから引き渡してくれたり、マイクロチップを埋め込まれたりしていることもあるので、そのことも値段が高くなる理由になっています。

しかしショップによって差がありますので、購入するときには確認するようにしましょう。

ペットショップでマルチーズが激安になる理由とは?

ペットショップでマルチーズの子犬が激安になることはあまりありませんが、もし激安の値段になっているときは要注意です。

激安には激安になる理由があることは間違いないでしょう。

ペットショップにいるマルチーズの子犬を見ていると、どういうブリーダーにいたかわかりません。

一見、他のマルチーズと変わったところがなくても値段が激安になっている場合は、ブリーダーの環境が劣悪であることも考えられます。

またマルチーズのが弱いことも考えられます。

ペットショップに長い間展示されているけれど売れ残ってしまい成長したマルチーズはは、小さな子犬と違って売れなくなってしまいますので、激安にして売ることもあります。

あえて激安のマルチーズを購入するのもあり?

マルチーズを購入するためにペットショップを訪れた場合、ほとんどの場合は子犬のマルチーズを購入しようと考えますよね。

しかし病気などの異常がないのに売れ残ってしまって激安になったマルチーズがいた場合、あえてそのマルチーズを購入するのも一つの方法かもしれません。

特に子犬にこだわっていない場合や、犬を飼ったことがある人の場合は、大きくなってしまったマルチーズの抵抗も少ないことでしょう。

特に体に異常がない場合は、格安でマルチーズを迎えることができる一つの方法になることでしょう。

 

値段に関わらずに気に入ったマルチーズを探そう!

マルチーズの値段には幅があり、体の大きさやオスとメス、月齢によって違ってきます。

マルチーズの親犬がチャンピオン犬である場合は、値段も高くなってくるでしょう。

どういうマルチーズを家に迎えたいのかを想定して、値段に関わらず健康状態などを確認して選びたいですね。

ペットショップの中には、自家繁殖をして格安で販売しているお店もあります。

そういうショップのマルチーズは格安であっても問題がないことが多いです。

激安の販売店は避けた方が無難ですが、値段が安いマルチーズを排除してしまうと、良心的な値段をつけてくれている場合も見落としてしまうことがありますので、値段にこだわりすぎないようにしたほうが良いでしょう。

マルチーズを安く手に入れるには?激安ペットショップは避けるべき?まとめ

マルチーズの激安ペットショップを見つけたら、あまりにも安すぎる場合は、何か理由がありますので、避けた方が無難です。

しかし良心的な値段で販売しているショップもあります。そういう良心的なショップを見落としてしまうことのないように、値段にこだわりすぎるよりも健康状態や性格などを自分の目で確かめて選ぶようにしたいですね。