トイプードルに食べさせてはいけない食材あれこれ

最近では、飼い主さんが愛犬に手作りでご飯を作るということが増えてきていますよね。しかも昔と違って、家族の夕食の残り物を〜というわけではなく、ちゃんと犬用レシピで、犬の健康を考えての手作りです。犬は雑食ですので、いろいろ食べられる食材も多いのですが、食べたら中毒を起こすとか、場合によっては命の危険まであるものもあります。今回は絶対あげてはいけない食材を紹介します。

トイプードルに与えてはいけない食材

ネギ類(玉ねぎ、長ネギ、ニンニク、ニラ、などネギ科)

犬に玉ねぎはダメというのは、結構誰でも知っているかもしれませんね。でも、ニンニクを含め、ネギ科の野菜全部ダメなのでご注意ください。食べると中毒症状を起こし、最悪死に至ります。

ぶどう(レーズン含む)プルーン

1粒や2粒くらいでは、中毒などは起こさないかもしれませんが、一定量食べると中毒を起こします。最悪急性腎不全になる可能性があり、中毒を起こす量というのは個体によっても違うため、一切あげないようにしましょう。

ぎんなん

ぎんなんには「メチルビリドキシン」という成分が含まれていて、嘔吐やめまい、呼吸困難を引き起こします。なかなか家でぎんなんを間違ってあげてしまったということはないかもしれませんが、注意したいのは散歩の時です。秋の散歩で落ちているぎんなんを口にしないように注意してください。

ナッツ類

ナッツには様々種類があります。ピーナッツ、カシューナッツ、マカデミアナッツ、くるみ、アーモンドなどなど。それのどれも犬にとっては中毒を引き起こすとされています。特にマカデミアナッツは1番危険と言われています。中にはアーモンドは大丈夫という意見もありますが、あえてそれをあげる理由がありません。

チョコレート、ココア

例えば、ミルクと混ぜて作ったホットチョコレートやココアもダメです。チョコレートに含まれるテオブロミンという成分が中毒を引き起こします。ひとかけら間違って口に入れたくらいでは大丈夫ですが、注意するに越したことはありません。
甘い匂いに惹かれて愛犬がパクリとしないように口が届くところには置かないようにしましょう。

アルコール類

犬がアルコールを摂取すると、人と同じように酔っ払います。そして、それでは終わりません。犬は人と違いアルコールを分解できないのです。ほんの少し間違って口に入れただけで、昏睡状態になりそのまま起きないまま死に繋がる可能性がある恐ろしいものなのです。
万が一犬が飲酒したようなら、大至急病院へ行ってください。

貝類

毒ではありませんが、食べさせない方が良いとされています。犬は貝類を消化するのが苦手なので、嘔吐や下痢になることがあります。また貝によっては食中毒を引き起こす成分を含んでいて、光過敏症になる可能性があります。

生卵

私たちはよく生卵を食べることがありますよね。体に良さそうに思えますが、犬にとっては毒になります。特に卵白にはアビシンという成分が含まれていて、ビタミン類の吸収を阻害し、長期摂取すると免疫力の低下や脱毛、下痢などを起こします。
卵黄は卵白ほどではありませんが、コレステロールが高いので注意が必要です。卵白は加熱することにより無害になるので、卵をあげるときは火を通すようにしましょう。

まとめ

犬は食べてもいい食材もたくさんある一方、食べられない危険な食材があることにもどうぞ、注意してください。またその個体によっては、本来なら食べられる食材でも、アレルギー反応を示すこともあります。食べ物をあげるときには十分注意して与えましょう。