とっても大切チワワの歯磨き

昨今、犬の歯磨きについて重要視されていて、メディアや雑誌でも取り上げられていますよね。ところが、なかなか完璧に歯磨きできる飼い主さんは多くありません。特に口の小さなチワワへの歯磨きは一苦労。犬の歯磨きについての重要性や、効果的な方法などをお話します。

犬にも歯磨きが必要なの?

野生のオオカミは歯磨きなんかしませんよね?では犬には歯磨きは必要ないのではないでしょうか?こう思ってしまう方もおられるかもしれません。しかし、オオカミと犬は食べているものが違います。歯石が溜まっている野生のオオカミなんかいませんよね?しかし、人の手で飼育されている犬は、どうしても人が作ったものを食べていますので、歯石や歯垢が溜まってしまいます。 ですので、犬もやはり歯磨きは必要になってくるわけです。愛犬のお口の臭いをかいで、腐った魚のような臭いがする場合は要注意。歯周病が進んでいる可能性が高いです。口臭スプレーやサプリメントでは根本的な解決にはなりません。きちんと歯磨きをして、治して行きましょう。

チワワって歯ブラシが口に入らないんだけど

しかしながら、チワワって思っている以上に口が小さく、なかなか歯ブラシが入らないですよね。でも、別に歯ブラシにこだわる必要はありません。小型犬用の小さな歯ブラシも販売されていますが、指サックのようなものの先にブラシが付いているものや、ガーゼでこまめに拭きとることも方法です。 色々なグッズが売っていますので、獣医さんに相談したり、他の愛犬家の方に相談しながらご愛犬にとってベストな歯磨きグッズを探して行けば良いと思います。軍手の先にブラシのようなものが付いていて、それで歯ぐきをマッサージできる手袋タイプのものもありますよ。

うちの仔嫌がって暴れるんだけど

多くの犬が、口の中に手を突っ込まれたり、異物を突っ込まれることを極度に嫌がりますので、嫌がって暴れるのは当然であるとも言えます。嫌がって暴れるからしないのではなく、嫌がるのを徐々に慣れさせて、歯磨きを習慣化させるのが大切です。最初は、指でマッサージするだけでも良いのです。 大切なのは、飼い主さんの指を口の中に入れられても嫌がらずになってくれることが歯磨きへの第一歩。ここをクリアしないと歯磨きはできません。毎日少しずつでも構いませんので、歯磨きできるように事前訓練を行っていきましょう。そのうち嫌がらなくなります。

歯のトラブルが命を奪う!?

歯のトラブルは、実はとても恐ろしい病気を招きます。歯周病から心臓病になってしまったり、内臓に疾患をもたらしたりもします。また、菌が繁殖して、目の周りに穴があいてしまったり、顔が腫れたりすることも多々あります。酷い場合は、麻酔をかけて歯の治療を行わなくてはなりません。 現在では、歯の治療専門に行う獣医もいますので、ご興味ある方は是非相談なさってください。ただし、重要なのは治療ではなく治療後のケアです。せっかく治療してもまた歯磨きをせずにほったらかしにしてしまうと、当然繰り返すことになります。

今日からでもやってみよう

本当は仔犬の時から歯磨きをするのが理想です。しかし、今からでも遅くありません。ショップやネットでは様々な歯磨きペーストやグッズが販売されています。それぞれ合う合わないがありますので、ご自身の愛犬に合うような歯磨きグッズを見つけて今日から少しずつやってみてくださいね!