失敗しない!チワワの爪切り講座

チワワの爪切り、どうしていますか?嫌がるから、血管を切りそうで怖いからなどの理由で、怖くて自分では切れないという話はよく耳にします。動物病院やトリマーさんに切ってもらっている方も多いかと思いますが、忙しくて中々行けない時もありますよね。今回は自宅で安全にできる爪切りの方法やケアの頻度についてご紹介します。

定期的にチワワの爪のケアをしよう!

どのくらいの頻度でチワワの爪切りをしていますか?動物病院へ診察に行った時のついでや、ペットサロンへ行ったときに切ってもらっているという方も多いかと思います。毎日散歩へ行っているチワワであれば、散歩のときに地面と爪が擦れることによって自然と爪が削れますので、一カ月に1回程度の爪切りで十分です。一方、毎日散歩へ行っていない室内中心のチワワの場合は、大体2週間に1回が爪切りの目安になります。フローリングの上を歩いている時に爪の「カシャ カシャ」という音が聞こえませんか?爪の音が聞こえる場合は伸びすぎのサインです。爪が伸びてしまった状態を放っておくと爪が折れてしまったり、カーペットに引っかかってしまったりするので大変危険です。また、爪が伸びたままにしていると、厄介なことに爪の血管まで伸びてしまいます。血管があまりにも伸びてしまうと、止む終えず病院で血管を切らないといけなくなってしまう場合もありますので、最悪の事態を避けるためにも定期的に爪を切ってあげましょう。

爪切りをする時の注意点

人間と同じように、犬の爪にも根本部分に血管が通っています。爪の血管を誤って切ってしまうと出血したり痛がったりしますので、血管がどこにあるのかを確認しながら少しづつ切っていきましょう。
ところで、犬の爪の色には2タイプあるのをご存知ですか?白い爪タイプの犬と黒い爪タイプの犬がいるのです。それでは、色別に血管の場所の確認の仕方を見ていきましょう。

白い爪の場合

愛犬の白い爪をよーく見てみて下さい。爪の根本近くにピンクっぽい部分が確認できましたか?その部分が血管になります。ピンクっぽい部分のやや手前まで切ってあげましょう。

黒い爪の場合

黒い爪の場合、血管の場所がとても確認しにくいと思います。確認しにくいからといってカンで切ってしまっては危険度が高すぎますので、ここは慎重に少しづつ切っていきましょう。目安としては、少しづつ切り進めていきながら断面を触っていくと、徐々に湿っぽくなってきますので、湿っぽくなったり少し白っぽい芯のようなものが見えてきたら血管の近くである証拠ですので、そこで切るのをやめましょう。

チワワの爪切りの手順はこちら!

用意するもの

爪切り
やすり
止血剤(念のため)

手順

① チワワは体が小さいので、片手の小脇に抱える感じでしっかりと抱きましょう。
② 手で肉球を優しく抑えるようにして指を少し開かせ、血管の手前まで真っすぐ切ります。
③ 次は爪の両サイドを切って角ばった所を丸くするように切っていきましょう。
④ 仕上げに爪が丸く滑らかになるようにやすりで角を削るようにしましょう。
もし血管を切ってしまった場合は慌てず、止血剤を付けてガーゼなどで血が止まるまで抑えてあげましょう。
飼い主がおどおど、ビクビクしながら切っていてはチワワにも感情が伝わってしまいますので、爪切りをする時は腹をくくり、勇気を出して挑みましょう。また、もしどうしても怖い場合やチワワ自信が嫌がる場合は無理をせずに一日に一足ぐらいにして、数日に分けて行うのもおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?大切な愛犬を傷つけてしまうのではないか…と、つい億劫になってしまいがちな爪切りですが、チワワのような小型犬で室内犬の犬は特に爪が伸びやすいため、日頃の爪のケアがとても大切になってきます。どうしても怖くてできない場合は無理せず動物病院やペットサロンで切ってもらった方がいいと思いますが、どうしても忙しくて行けない時は勇気を出して!愛犬の爪をやさしく切ってあげてくださいね。