マルチーズの無駄吠えを直す方法

マルチーズは一般的に無駄吠えが多い犬種だと言われています。しかし、実際はマルチーズが特別に無駄吠えの多い犬種というわけではないのです。 マルチーズは甘えん坊なので、子犬の頃などは構ってほしいアピールで泣くことがありますが、その時からの対処次第で無駄吠えをしない子になるか無駄吠えする子になるのかが変わってくるのです。 今回は、マルチーズの無駄吠えを直す方法を紹介いたします。

犬の無駄吠えについて

犬にとって吠えるという行為は、言葉を話せない犬のコミュニケーション手段の1つです。その為、吠えるということは、食べることや寝ることと同じように当たり前のことなのです。
犬が吠える理由には、ストレス、不安、警戒、要求、興奮から吠えるという行動に出ます。 こういった犬の気持ちを表す手段である吠え癖を直すということは、決して簡単な事ではありません。だからといって、そのままにしておくと近所迷惑にもなり得るので、根気強くしつけていくことが大事となります。 そして、無駄吠えをしている理由が何なのかを知り、その理由に合わせた直し方を実践しましょう。

マルチーズに1番多いのは要求吠え!!要求吠えの直し方とは?

冒頭でも述べたように、マルチーズは甘えん坊な性格をしているので構ってほしいアピールとして要求吠えをすることが多いです。そして、甘やかし過ぎることで無駄吠えが多くなります。頑固な性格のマルチーズの要求吠えを直すには、気長にしつけていくことが大事です。 マルチーズが要求吠えをしている時は、目も合わさず無視をしてください。それでも泣き止まない時には、別の部屋に移動するなどしてとにかく無視を続けます。そして泣き止んだ時に大げさに褒めるという方法を何回も繰り返すことで要求吠えをしなくなるはずです。

マルチーズの警戒吠えの直し方

マルチーズは警戒心が強く恐れ知らずな性格を持ち合わせているため、物音や知らない人や動物に吠えてしまうことがあります。子犬の頃から、社会性を身に付けておくことで警戒吠えを防ぐことができますが、警戒吠えをしてしまうようであればしつけが必要になってきます。
警戒吠えをしている時に、「おすわり」や「待て」などの言葉をかけて聞くようであれば、そこで褒める方法を繰り返すうちに直ります。
その方法を試してみても直らない場合には、自宅内に限りますが、マルチーズが警戒吠えした時に、空き缶に小銭を入れたものや金属系の大きな音を立ててください。その音にびっくりして泣き止むはずです。泣き止んだら褒めるということを忘れずに行いましょう。

まとめ

そもそも無駄吠えが多い犬かどうかは、飼い主のしつけ次第です。 どんなに無駄吠えが多い傾向にある犬種だとしても、飼い主と犬の間で信頼関係が確立されていて、子犬の頃から一貫性のあるしつけをしておけば無駄吠えをしない利口なわんちゃんになります。
無駄吠えをするマルチーズにこれから対処していく場合には、気長に根気強くしつけていきましょう。
そして無駄吠えを無くして、飼い主家族もマルチーズにとってもより良い生活にしていきましょう。