フレンチブルドッグが玉ねぎを食べてしまった!適切な対処法は?

犬に食べさせてはいけない食材として挙げられるのが玉ねぎや長ネギなどといったネギ類。犬を飼っている方でしたら与えないように十分注意しているかと思いますが、目を離した隙に、うっかり食べてしまっていたということも少なくありません。適切に対処すれば中毒症状は改善されていきますが、中には死に至ることもあるのだとか。そのため、ネギ類を食べないようにする予防の仕方と万が一、食べてしまったときの対処法をみていきましょう。

ネギ類を与えてはいけない理由

ネギ類には、血中で酸素を運ぶ役割をする赤血球の働きを壊してしまう成分が含まれています。そのためフレンチブルドッグに限らず、犬に玉ねぎや長ネギといったネギ類は絶対に与えてはいけません。この成分は加熱しても壊れないので、玉ねぎなどを入れて調理した煮汁などもNGです。
ネギ類を食べたときにでる主な中毒症状は、貧血や血尿、嘔吐や下痢、黄疸などで、食べた直後ではなく、2~3日経ってから症状が現れます。もし歩いているときに急にふらついたり、ぐったりとして元気がないときは中毒症状だと思ってよいでしょう。すぐに獣医師に相談するようにしてください。

ネギ類を食べてしまったときの対処法

もしも食べたばかりで、まだ飲み込む前でしたら口の中に指を入れて取り出してください。しかし、すでに飲み込んでしまった場合はすぐに動物病院へ連絡し、いつどのぐらいの量を食べたのか、しっかりと伝えましょう。少ししか食べてないから大丈夫だろうと思っても、致死摂取量は個体差によってそれぞれ違うため、勝手な判断は危険です。
また、その場で無理に吐かせようとするのも、やめたほうがよいでしょう。というのも吐かせたほうがよい場合と、中毒症状の原因となる成分を薄めるためのものを摂取したほうがよい場合とがあるからです。必ず獣医師の指示に従い、適切なやり方を聞いた上で対処するようにしてください。

うっかり食べてしまわないようにするには?

犬が間違って玉ねぎなどを食べてしまう主な原因は、調理の際、床に落ちた破片などを拾い食いしてしまったり、テーブルの上に置いてあるハンバーグのような、玉ねぎが入った料理を勝手に食べてしまったりすることです。したがって、飼い主が料理をしているときや食事の間は、ケージで過ごさせるようにしたほうが安心でしょう。
また、おやつと称して、人間が食べるものを一口だけ与えるようなことも危険です。玉ねぎそのものが入ってなくても、エキスとして含まれている食べ物は多々ありますので、犬にあげるのは控えたほうがよいでしょう。基本的には犬用のフードやおやつだけを与えたほうが安心です。
どれも飼い主や家族が、ほんの少し気に掛けることによって防げることばかりですので、愛犬の健康をしっかりと守っていってあげましょう。

まとめ

食べてしまった量が少量であったとしても、必ず獣医師に相談するようにしましょう。中毒症状は個体差によって反応の大きさが違うために、全く体調に異変がないこともあれば、ほんのひと口、ネギの成分が含まれた煮汁を飲んだだけでも、激しい貧血を起こすこともあります。また、万が一のために、オキシドールを常備しておくのもよいと言われています。水で薄めたオキシドールを飲むと、吐かせることができるので応急処置の際に役立つのではないでしょうか。