フレンチブルドッグが食べてはいけない食材を知っておこう

食べさせてはいけない食材

犬に食べさせてはいけない食材は意外と多いのですが、その中でもとくに気をつけたいものを挙げてみました。

チョコレート

チョコレートの原料であるカカオ豆に含まれるテオプロミンという成分が、中毒症状を引き起こします。
大量に食べると下痢や、ひどい場合は痙攣も起こり、死に至ることもあります。
また、チョコレートには糖分や油分も多く含まれていますので、犬の健康面から考えてもよくありません。
糖尿病や肥満にもなりやすくなってしまうので、与えないようにしてください。

ネギ類

玉ねぎや長ネギ、ニラなどのネギ類は赤血球を破壊する成分が含まれており、摂取すると貧血や血尿、下痢や嘔吐などの中毒症状を引き起こします。
ただ、厄介なことに食べてもその日に症状が出るわけではなく、2~3日経ってから異変が現れるため、飼い主は、犬が玉ねぎを食べたことに気付いてないことも少なくありません。
また、中毒症状の原因であるこの成分は加熱しても壊れないので、煮汁にも含まれています。
これ以外にも見落としがちなのがソースやケチャップなどの調味料。
これらにも玉ねぎやそのエキスが含まれていますから、気をつけてください。

ぶどう類やナッツ類

レーズンやぶどう、ナッツ類も注意しなければならない食材です。
中毒症状の原因は解明されてないものの、これらを摂取すると嘔吐や下痢、腹痛などの症状が現われ、ひどい場合は腎不全になることもあります。
ナッツ類の中でもとくにマカダミアナッツが最も危険と言われています。

キシリトール

キシリトールと言えば、ガムやキャンディーに入っている甘味料でおなじみかと思います。
実はこちらも要注意の食材のひとつで、低血糖症を引き起こす原因になり、摂取すると嘔吐や歩行障害などの異変が現れます。
キシリトールはほかの食材と比べて、少量摂取しただけでも症状が重くなりやすいので、とくに注意が必要です。
最悪の場合は死亡することもあるのだとか。
また、キシリトールが含まれた人間用の歯磨き粉もNGです。
犬用の歯磨き粉でしたら、飲み込んでも大丈夫な成分だけで作られていますので、必ずそちらを使うようにしてください。

食べてはいけない食材を食べてしまったときの対処法

もしもうっかり愛犬が、有害となる食材を食べてしまったときは、すぐに動物病院へ連絡してください。
症状の重さは個体差によって違いますので、摂取した量が少量であっても油断なりません。

また、いつ何の食材をどれぐらい食べてしまったのかも、しっかりと伝えるようにしましょう。
獣医師から適切な指示があるはずですので、それまでは無理に吐かせるようなことはしないでください。
というのも、良かれと思ってやったつもでも、嘔吐物が喉につまり窒息してしまうこともあります。
もし症状が何も出なかったとしても、念のために動物病院で診察を受けたほうがよいでしょう。

まとめ

犬にとって有害な食べ物は、なるべく愛犬が届かないところにしまうなどしておくようにしましょう。
また、私達が食べる料理やお菓子などを犬に与えるのは、犬の健康を損ねてしまいますので、犬用のフードやおやつを与えてください。
愛犬の健康管理は飼い主の責任です。
健康で長生きできるように気を配ってあげてくださいね。