フレンチブルドッグの上手なトイレトレーニングの仕方と注意点


トイレトレーニングは覚えにくい!?

実はトイレトレーニングを覚えやすい犬種と、そうでない犬種がいると言われています。
気になるフレンチブルドッグはと言うと…残念ながらトイレトレーニングを覚えるのには時間がかかるのだとか。
もちろん個体差によるので一概には当てはまりませんが、実際のところ、生後6ヵ月経っても覚えられないことも少なくありません。
しかし、たとえ時間がかかっても根気よくやるものだと割り切って、できるようになるまで続けていきましょう。

また、トイレを覚えないかないからといって、散歩のときに排泄を済ませ、家でトイレトレーニングをしないのはNGです。
家の中でトイレに行かれるようにしておかないと、もし犬が病気になって外に出られなくなったり、老犬期になって散歩に行く頻度が減ったりしたときなど、排泄がうまくできなくなってしまいます。

トイレを置く場所の環境を整える

トイレの場所は一度決めたら動かしたりせず、同じところにしてください。
そのため、家のどこがトイレの場所に適しているかよく考えておきましょう。
また、犬は本能的に足元が柔らかい場所で排泄をしたがります。

なるべく粗相を防ぐためにも、ペットシーツを敷いたら、その周りにはカーペットやタオルなどの柔らかいものは置かないようほうがよいです。
そうすることで、ペットシーツのところへ行きやすくなり、そこで排泄するようになります。

トイレトレーニングの仕方

最初のうちは、サークルやケージの中にペットシーツを敷き詰めて、そこでさせるようにしましょう。
そして何回かしていくうちに、その中でも限られた範囲のところでしか排泄しないようであれば、そこ以外のペットシーツは外してしまって大丈夫です。

また、犬はトイレに行きたくなると、床のにおいをクンクン嗅いだり、同じところをクルクルと動いたりして落ち着きがなくなってきます。
観察していればその様子は比較的わかりやすいので、そのタイミングでトイレに連れて行ってください。
これを何回か繰り返していくうちに、トイレの場所を覚えて自分から行くようになっていきます。

トイレトレーニングの注意点

なるべく失敗しないで、トイレを覚えてくれるに越したことはありませんが、最初は粗相をしてしまうのも当たり前ぐらいの気持ちで教えていきましょう。
もしトイレ以外のところで間違って排泄をしても叱らないようにしてください。
飼い主はトイレの場所のことで叱っているつもりでも、犬のほうは排泄すること自体が悪いのだと認識し、トイレに行くことを我慢してしまいます。

また、においが残らないようにしっかりと拭き取って消臭しておく必要も。
においが残ってしまうとそこがトイレだと間違って覚えてしまうため、注意してください。
前述したように、トイレの場所を覚えるまでは、とにかく根気よくトイレまで連れて行くようにしましょう。

まとめ

フレンチブルドッグのトイレトレーニングは時間がかかるかもしれないと知って、思わず溜息がでた飼い主の方もいるかもしれません。
しかし、根気よく続けていくと、ふと覚えるときが必ずくるはずです。
そして、上手くできたときは必ず褒めてあげるようにしてくださいね。