フレンチブルドッグをペットショップから迎える時の注意点


信用できるペットショップかどうかを確認

大型ペットショップでは様々な犬種の子犬が販売されています。
その中でもフレンチブルドッグは人気犬種で、販売価格も決して安くはありません。
人気犬種ゆえに安く販売しなくても売れるという理由があるからなのですが、よく売れる犬種だけに儲け主義のショップもないとは言えませんので、注意しなければなりません。
フレンチブルドッグを迎えたいときは、可愛いからと衝動買いするのはやめましょう。
ペットショップが信用できる店なのか、スタッフの対応はどうか、価格は適正なものなのか、しっかりと見極めるようにしましょう。
可能であれば口コミなどを調べてみましょう。
フレンチブルドッグが販売されているケージなどの環境もよく見ておきましょう。
清潔な場所に子犬たちがいるのかどうかも大切なポイントです。
できれば何度か通ってから、そのショップから迎えるかどうかを決めるようにしましょう。

できればフレンチブルドッグの専門店で

ペットショップの中にはフレンチブルドッグを専門に扱っている店、フレンチブルドッグの繁殖を行っている店もあります。
フレンチブルドッグの専門店であれば知識も豊富で、気に入る子犬を見つけることができる可能性が高いですね。
知識も豊富で、フレンチブルドッグを飼うことが初めてであれば、迎えてからもいろいろと相談に乗ってもらうことができます。
価格も適正で、多くのペットを扱っているペットショップよりも安くなることが多いです。
フレンチブルドッグを迎えることを決めているのであれば、専門店で迎えるのがおすすめです。
フレンチブルドッグを専門に扱っているお店はインターネットなどで検索すると見つけることができます。
口コミなども参考にして、評判の良い店を探すようにしたいですね。

健康状態などを細かくチェック

ペットショップでフレンチブルドッグを迎えるときは、気に入る子犬を見つけた時でも衝動買いは避けて、その犬の様子をよく観察するようにしましょう。
迎えてから病気やケガが見つかることもないとは限りません。
自分がチェックできる範囲で、しっかりと健康状態をチェックしましょう。
目や肛門周り、歩き方、呼んだ時の反応など、異常がないかどうかをチェックしてください。
わからないところはスタッフに尋ねてみましょう。
はっきりと答えられない場合は、どんなに気に入った子犬でも一旦保留にしたほうがいいかもしれません。

購入する店が決まったら、ワクチンの有無を尋ねてみましょう。
ほとんどの子犬の場合、ワクチンは接種済みのことが多いです。
ワクチンの証明書は必ず受け取るようにしましょう。
そして忘れてはいけないのは血統書です。
フレンチブルドッグのような純血種は必ず血統書があります。
後で受け取ることもありますが、子犬を迎えたら飼い主の名義が変わりますので、手続きをするようにしましょう。

まとめ

フレンチブルドッグを迎える方法は、ペットショップから購入するのが一般的な方法です。
しかしペットショップでは衝動買いをしてしまうことが多いので、冷静になって店や子犬の健康状態をチェックすることが必要です。
そして一番大切なことは今、フレンチブルドッグを迎えて十数年、その犬とともに幸せに暮らしていけるのかどうかを考えることです。