マルチーズの効果的なトイレのしつけ方

トイレはあらかじめ準備しておこう

マルチーズのトイレのしつけは、子犬の頃からのしつけが重要です。

子犬を迎える時には、すでにブリーダーやペットショップですでにトイレトレーニングがされていることがあります。
その場合には、利口なマルチーズはペットシーツの上でしなくてはいけないということを覚えている可能性があります。
自分でペットシーツを探して排泄してくれたら後は褒めるだけで良いでしょう。
しかし、すべてのマルチーズが初日からできるというわけではありません。

効果的なトイレトレーニングを始めるためには、まずマルチーズの子犬を迎える前に、トイレの場所を決めておき、トイレの回りにはサークルを置いておきましょう。
トイレの位置を決める際は、ゲージの中にトイレとベッドを一緒に構えるということはしないでください。
犬は、自分の寝床から離れた場所で排泄する習性があります。
トイレはトイレだけの場所にしておくことで、効果的なトイレトレーニングが始められる状態となります。

トイレのしつけは子犬を迎える日こそチャンス

子犬を家へ連れ帰ってきたとき、家の中で自由に放して触れ合いたいと考えてしまう気持ちは分かりますが、子犬は初めて来る知らない場所で緊張しています。
すぐに放して自由に過ごしているうちに、安心して場所を構わず排泄してしまう可能性があります。
そのため、子犬を家に連れ帰ったらまずトイレに入れておきましょう。
その場所で排泄をしたら思い切り褒めてあげて、その後で放して自由に遊ばせてあげると良いです。

子犬のおしっこの感覚は月齢+1時間が目安と言われていますが、あくまでも目安です。
遊んで体を動かしたあとに排泄することが多いので、飼い主が様子を伺いながら定期的にトイレに連れて行き、排泄したら褒めるという方法を繰り返しましょう。

トイレの場所以外で排泄してしまっても、子犬のうちはあまり厳しく叱らないようにしましょう。
排泄する行為自体を叱られたと勘違いして、排泄を我慢してしまうことがあります

メリットが多い!?トイレコントロールとは?

トイレに連れて行くときに「ワンツー、ワンツー」や「トイレ、トイレ」でも何か同じ言葉で繰り返し声をかけていると、その言葉を聞いたらトイレで排泄をするということを覚え、排泄のタイミングをコントロールすることができるようになります。

コントロールする事で、飼い主が出掛ける前やマルチーズと一緒のおでかけの前などに排泄させておくことができるようになります。
その上、散歩中やドッグカフェといった施設などでの排泄を防ぐことができるようになり、マナーにも繋がってきます。

まとめ

マルチーズは、どうしても可愛さが際立ってつい甘やかしがちになってしまいますよね。

しかし、人間と犬が共存していくためにはルールを守らなければなりません。
その第1歩がトイレのしつけです。
まずはトイレのしつけをして、マナーを守れる良い子に育てていきましょう。