マルチーズのお留守番と長時間のお留守番をさせるときのポイント

マルチーズと言えば、愛らしい見た目と穏やかで賢い性格から初心者でも飼いやすい犬種と言われています。しかし、甘えん坊なマルチーズは留守番が苦手な犬種でもあります。 とは言っても四六時中飼い主が一緒にいることはできません。一人で留守番をすることもできるようにしておく必要があります。 今回は、マルチーズの留守番と長時間留守番させるときの方法について紹介していきます。

1人でいることに慣れさせよう

マルチーズに留守番上手になってもらうためには、普段からの接し方が大切です。 甘えん坊なマルチーズは飼い主の近くにいることを望み、常に一緒に居たがろうとします。そうすることで飼い主に依存し、同じ屋根の下だとしても少し離れただけでも寂しくて吠えるようになります。 そうならないためには、飼い主がいなくても平然と過ごせるようにしておく必要があります。 家事をしている間はサークルに入れておくなど日常から一人でいる時間を作って慣れさせておきましょう。 そして一人での留守番は、短時間から始めてみましょう。 出掛ける前には、声をかけたりせず極力マルチーズに気付かれず出かけるように心がけてください。声をかけることで、逆にマルチーズの不安や寂しさをあおってしまうことになります。そして帰宅した際は、すぐには声をかけず愛犬が落ち着いてから思い切り褒めてあげるようにしましょう。

長時間のお留守番をさせる時のポイント

短時間でのお留守番に慣れてきたら、少しずつ時間を長くしていきます。長時間になればなるほど、マルチーズは退屈で寂しい時間が増えることになります。 長時間のお留守番を上手にできるようにさせるためのポイントは「自遊空間」「退屈対策」です。 「自遊空間」は、寝床だけの狭いゲージに閉じ込めたりせず、ある程度自由に動ける空間を作っておくことです。 「退屈対策」は、おもちゃなどを使うことです。お留守番用のおもちゃの中には、中が空洞になっていて空洞の部分におやつやフードなどを入れて、犬が嗅いだり噛んだりして夢中になれるようなものもあります。そういったものを使って犬の探索行動の欲求を埋めてあげましょう。 この他にも、テレビやラジオをつけて出掛けることで寂しさを和らげることもできます。

飼い主だって不安!!愛犬の留守番を見守るカメラ

長時間家を空ける場合、飼い主も愛犬が心配になりますよね。 その不安は、お留守番カメラを使うことで解消できます。 スマートフォンで見たい時に様子を確認でき、最近では遠隔操作で角度変更までできるものがあります。 留守番カメラは1万円~で購入できるものがあるので、愛犬の留守番が不安な方は試してみてください。

まとめ

長時間の留守から帰宅してみると部屋を荒らされている!!といったこともあるかもしれません。しかし、イタズラをされていたとしても決してマルチーズを叱ったりしないでください。 1人で寂しく留守番をしていたのです。飼い主が戻ってきて嬉しいと思っているのに叱られてもマルチーズには訳が分かりません。 疲れて帰ってきたのに、部屋が荒らされていてイラっとする気持ちもわかりますが、そこは耐えて黙って片づけましょう。 イタズラしないような環境と暇つぶしになるおもちゃなどを与えてあげて、愛犬の気持ちを理解してあげることが大切です。