性格が決まる!?マルチーズの社会化期について

犬の社会化期とは、犬が飼い主以外の人や犬など、外の環境に慣れさせるのに適した時期のことを言います。そして、この社会化期に社会性を身に付けることができれば後に問題と言われる行動が目立たなくなり、良い子に育つための大切な次期なのです。 つまり、その子の性格が決まる時期とも言えます。 今回は、マルチーズの社会化期についてまとめてみました。

マルチーズの社会化期の時期と重要性

通常犬の社会化期は、生後4週齢~13週齢と言われています。この時期に、外の環境から刺激を受けて、好奇心を見せるようになり学習意欲を見せ始めます。その後13週齢~ 12カ月齢頃までが第二の社会化期と言われています。体の成長に伴い運動能力も発達し、環境に適応していくことを学んでいく時期です。 この2つの時期を意識して社会に適応させていきましょう。
本来犬は、社会化期には母犬や兄弟たちと過ごし、犬同士のルールを身に付けます。悪いことをすれば母犬に注意され、兄弟げんかをして噛まれることの痛さを知り噛む力を学んでいきます。 しかし実際には、重要な社会化期にすでに母犬や兄弟と離されていて、ペットショップなどで過ごし無知の状態のまま飼い犬として迎えられることが多いのです。そのため、飼い主がマナーをしつけ、外の環境にも慣れさせておく必要があります。

社会化期にすべきこととは?

子犬を迎えて家庭の環境に慣れてある程度落ち着けば、少しずつ外の世界に連れ出して行きましょう。
ワクチンプログラムが終わっていない時期であれば、抱っこして近くを散歩することから初めてください。外の風や風景を見せ、車の音や、生活音に慣れさせていきましょう。
ワクチンプログラムが終わればお散歩デビューです。積極的に、家族以外の人や他の犬に接する機会を作ってあげてください。飼い主自身が積極的にコミュニケーションを取っている姿を見ればマルチーズも安心して慣れていくことができるはずです。 マルチーズの子犬が新しいことを目の当たりにして怖がるそぶりを見せても、避けたり強引に進めたりせず、子犬自信が慣れるのを待ちましょう。自分で学ぶことが1番の解決策です。

マルチーズが社会化期を逃すとどうなるの!?

マルチーズが社会化期を逃して育ってしまうと、マルチーズの警戒心の強い気質から、知らない人や聞きなれない音ですぐ吠える警戒吠えが多くなります。また、怖いもの知らずな性格を持っているので、最悪の場合は人に噛みつくこともあるでしょう。 無知ゆえに起こす問題行動が増えるのです。そしてその責任は飼い主にあります。
社会のことを何も知らず問題を起こす子にしないためにも、社会化期にしっかりと外の世界に慣れさせておく必要があります。

まとめ

マルチーズが心身共に成長する1歳までに、できるだけ外に連れ出してたくさんの場所や人、他の動物に慣れさせておきましょう。
社会性を身に付けておけば、その先の生活で必ず役立ちます。 日常のお散歩からドッグランやレジャーまで、マルチーズにとっても飼い主にとっても、より充実した愛犬ライフが送られるでしょう。