マルチーズのお留守番。放し飼いが良い?それともゲージ?

基本的にはお留守番が大の苦手のマルチーズ。それでも四六時中は一緒にいられないものです。少しでも寂しさを紛らせてあげたり、快適に過ごせるような工夫されている方も多いのではないでしょうか。 今回は、マルチーズにお留守番をさせるときに、家の中を放し飼いかゲージに閉じ込めた方がいいのかを考えてみましょう。

お留守番上手にさせるポイント

飼い主のことが大好きで基本べったりしていたいマルチーズにとってお留守番は寂しくて不安なものです。
そんなマルチーズに上手にお留守番させるには、普段から構いすぎず1人でも遊んでおけるように育てておくことが前提です。その上で「自遊空間」と「退屈対策」をしてあげることがポイントとなってきます。 ある程度の広さの中で自由に身体を動かせるような「自遊空間」と、暇つぶしできるようなおもちゃを与えて「退屈対策」をしてあげることで留守中の不安を軽減してあげましょう。

放し飼いとゲージのメリットとデメリット

お留守番のポイント押さえた上で、お留守番中の放し飼いとゲージのメリットとデメリットを見て行きましょう。

放し飼いのメリット

  • 夏場や冬場など温度に合わせて快適な場所へ自由に移動できる
  • 自由に遊んで走り回ることができるので、ストレスを和らげることができる。

放し飼いのデメリット

  • 家の中で台所や段差など危険な場所へ行けてしまう。
  • 寂しさから部屋を荒らしたりイタズラをしてしまう。

ゲージのメリット

  • 安全な場所なのでケガの心配がない。
  • 部屋を荒らされるようなイタズラができない。

ゲージのデメリット

  • 狭くて退屈になりがち。
  • 運動不足を招く。
メリットとデメリットを見てみてどう思いましたか?

特定の部屋、もしくは広さを持ったサークルでお留守番させよう!

放し飼いとゲージのメリットデメリットを見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。
どちらかと言えば放し飼いの方がストレスを和らげてあげることができる点で優位なのではないでしょうか。しかしデメリットをなくしてあげる必要があります。
放し飼いにする場合には、危険な場所や入ってほしくない部屋には、ゲートなどを使って入れないようにすると良いでしょう。
もしくは、安全な部屋の中にトイレと休むスペース、一人で十分に遊べるスペースを設けた広さのサークル内でお留守番をさせるのが最適と言えるのでないでしょうか。 そうすることで、危険から守ることもでき、温度に合わせて自由意志で移動することもできます。さらに運動不足を防げ、退屈しのぎができるようになるのです。イタズラを防ぐという点でも効果的な方法でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
お留守番は時間が長くなればそれほどマルチーズも退屈や不安な思いをしています。
実際には飼い主それぞれの方法でお留守番をさせているようですが、やはりゲージに入れっぱなしは可哀そうですよね。 お留守番だけでストレスになるので、少しでもストレスを和らげて安全にお留守番をさせてあげるよう工夫してあげましょう。