フレンチブルドッグが安全に暮らすための屋外環境について考えてみよう!


フレンチブルドッグは屋外での飼育は不向き

フレンチブルドッグなどの短頭種の犬はは体温を調節する能力が乏しく呼吸器が弱いので、暑さにも寒さにも弱いです。
特に夏の暑さには弱く、散歩でさえも昼間には行くことができないほどです。
日本の暑さは毎年、とても厳しくなっています。
健康な若い人でも、炎天下の中で数時間歩いていると体調を崩します。
そんな中でフレンチブルドッグを飼育することは、あまり考えられないですね。

その他にも屋外環境は犬にとっては過酷なことが多いです。
屋根がない場所でつないでおくと、急な雨が降ってきたときにびしょ濡れになってしまいます。
近くに車が走っていれば、排気ガスなどの心配もあります。
また考えたくはないですが、通りすがりの心ない人がいたずらをする可能性もあります。
屋外にいると急な体調の変化を見逃してしまうこともあります。
フレンチブルドッグの飼育は屋外ではなく、ぜひ家族と一緒に気温調節をした室内で過ごさせるようにしてくださいね。

屋外環境に慣れさせよう

フレンチブルドッグは暑さや寒さには弱いですが、適度な運動は必要ですので、過ごしやすい時間帯を選んで屋外に連れて行ってあげましょう。
屋外へ行くのは散歩のときや病院へ行くときが中心になってしまいますが、屋外の環境には少しずつ慣れさせてあげましょう。
好奇心旺盛なフレンチブルドッグですので、屋外でもきっといろいろな楽しみを見つけることでしょう。
屋外に出すことを極端に恐れてしまうと、散歩嫌いになってしまうかもしれません。
子犬の時に屋外環境に慣れさせるために、過ごしやすい時間帯に抱っこして歩いてあげるといいでしょう。
好奇心旺盛なフレンチブルドッグは、始めてみる外の景色に興味を持って、外で遊ぶことが次第に好きになってくるでしょう。
慣れてきたら、急に引っ張って飛び出したりしないように、しつけをきちんとするようにしてくださいね。

屋外で長い時間過ごさせないで

フレンチブルドッグは短頭種であり呼吸器が弱いので、暑さにとても弱いです。
年々夏の暑さが厳しくなってきて若い健康な人間でも熱中症で倒れることもあります。
ましてや体温の調節をする能力が乏しいフレンチブルドッグは、暑い季節に外出させるのは熱中症の危険にさらされることになります。
暑い時期の散歩は早朝か日が沈んでから行うようにしましょう。
時間も少し短く切り上げたほうが良いでしょう。

暑さだけでなく寒さにも弱いので、寒い時期は反対に寒さが厳しくない時間帯を選んで散歩や外出をしてください。
寒い中、長時間屋外で過ごさせることも避けた方がいいでしょう。
運動不足になりがちな季節は、できるだけ室内で遊んであげるようにしてあげてくださいね。

まとめ

昔はどの犬種も屋外で飼われることが多かったのですが、暑さが厳しくなり家の周辺に十分なスペースがないことが多く、大型犬以外は室内で飼うことが多くなりました。
フレンチブルドッグは短頭種で呼吸器が弱い犬種です。
暑さが厳しい時期は屋外で過ごすと熱中症の危険が高くなります。
暑さだけでなく寒さにも弱いので、フレンチブルドッグを飼っている人は、安全に暮らすための屋外環境をしっかりと考えてあげるようにしましょう。