犬用ブラシは種類が色々!おすすめはこれ!


白い犬.首輪.ブラシ

犬用ブラシとは?

一言に犬用ブラシといっても、種類は豊富にあり、愛犬の被毛のタイプによって使い分けることが必要になります。

まずは、犬用のブラシにどんなものがあるのかご紹介していきます。

スリッカーブラシ

犬用のブラシの中で、1番使われているのがこの「スリッカーブラシ」になります。

細いピンが密集している作りのブラシなのが特徴です。

またそのピンはストレートではなく、くの字になっています。

ハードタイプとソフトタイプとがあり、トリマーさんはハードタイプを使っていることが多いようですが、力加減が心配な場合は、ソフトタイプを使うことをおすすめします。

おすすめの犬のタイプ

  • 全ての犬に適応

ピンブラシ

こちらもよく使われる種類のブラシになります。

スリッカーブラシとの違いは、1本ずつピンがスリッカーブラシのピンよりも太く大きく、スリッカーブラシのように密集していないことです。

またピンもストーレートで、先が丸く、ピン自体も柔らかいので犬の皮膚を傷つけることがありません。

おすすめの犬のタイプ

  • 長毛種
  • 短毛種
  • シングル・ダブルコート

ラバーブラシ

名前の通りラバー、ゴムでできていることが多いです。

ブラシは被毛を梳かすというイメージですが、ラバーブラシの場合、皮膚をマッサージするというイメージに近く、ラバーブラシで被毛の表面を撫でることで、余計な死毛を取り除くことができます

皮膚にも優しく、ブラッシングが苦手な犬でもラバーブラシなら大丈夫なことが多いです。

ただこのラバーブラシは、短毛種の犬限定のブラシになります。

長毛種に使うと、被毛同士が絡んでしまうことがあるので注意しましょう。

おすすめの犬のタイプ

  • シングル・ダブルコートの短毛種

獣毛ブラシ

人用のブラシでも獣毛ブラシってありますよね?

基本的に同じ作りになります。

獣毛を使って作られているので、プラスチック製などのものと違い、静電気が起きず被毛の艶が出ると言われています。

この獣毛ブラシは、被毛を梳かすという役割よりも、被毛に着いたホコリや汚れを取り除き、ツヤを出す効果があるので、ブラッシングの仕上げに使うことになります。

おすすめの犬のタイプ

  • 全ての犬に適応

コーム

犬用のコームは、ステンレス製のことがほとんどになります。

人のコームとの違いは、左右でコームの隙間が違うところになります。

幅広と幅狭とあります。

コームを使うことで、毛玉やもつれを簡単に発見でき、無理に引っ張らず、優しくほぐすようにして整えます。

また、皮膚の変化にも気づくことができます。

おすすめの犬のタイプ

  • 全ての犬に適応

犬用ブラシの使い方

スリッカーブラシの使い方

①スリッカーブラシは、ペンを握る感じで持ちます。

(そうすることで、余計な力が入らずに済みます。)

*スリッカーブラシは力を入れてブラッシングしてしまうと、皮膚が傷ついてしまいます。

上辺だけではなく根元からブラッシングします。

*力加減が不安な場合、自分の腕で試してみましょう。

どうしたら痛くてどうしたらOKかがわかります。

ピンブラシの使い方

①ピンブラシはスリッカーブラシに比べ柔らかいので、皮膚を傷つける心配がありません。

②被毛に沿ってブラッシングをし、もつれや汚れを取り除きます。

③ピンブラシはスリッカーブラシほどキレイに梳かせるわけではないので、コームを併用することをおすすめします

ラバーブラシの使い方

①優しく被毛の上を、円を描くように撫でながらブラッシングしていきます。

②余分な死毛が絡み取れ、犬の皮膚のマッサージにもなります。

獣毛ブラシの使い方

①獣毛ブラシは、ブラッシングの最後の最後に、仕上げとして使います。

②スリッカーブラシやピンブラシ、ラバーブラシでブラッシング後、コームで整え、獣毛ブラシで被毛にツヤを出します。

*獣毛ブラシの種類として、柔らかい毛質は豚毛、ある程度硬さがあるのは猪毛になります。アンダーコートもブラッシングしたい場合は、猪毛を選びます。

コームの使い方

①コームは、毛のもつれや毛玉取りをし、被毛の流れを整えるのに使います。

②コームでのブラッシングは、その他のブラシよりも時間はかかりますが、皮膚の状態をチェックしながら、確実に被毛をキレイに梳かすことができます。

③毛玉があった時、思わず強く引っ張ることがないように、コームは軽く力を入れないで持つようにしましょう。

犬用ブラシを選ぶときのポイント

様々な種類がある犬用のブラシですが、選ぶときのポイントは2つあります。

1. 犬の被毛の毛質に合わせる

ご紹介してきたように、犬の被毛の毛質によって、使用するブラシの種類は変わってきます。

正しいブラシを選ぶことで、ブラッシング後の仕上がりは全く変わってきます。

  • 長毛種…スリッカーブラシ、ピンブラシ、コーム、獣毛ブラシ
  • 短毛種…ピンブラシ、ラバーブラシ、獣毛ブラシ
  • ワイヤーコート…トリミング方法により変わります。硬い被毛をキープするのであれば、トリミングナイフを使用します。(要トリマーさんに確認)

2. 犬用ブラシは1つでは役不足

どの毛質の犬も、キレイにブラッシングするためには1種類のブラシでは足りません。

スリッカーブラシ+コーム。週末には獣毛ブラシで特別ケアという風に、組み合わせることで完結します。

犬用ブラシのおすすめ商品

武蔵 プロ仕様 スリッカーブラシ ソフト

プロのトリマーさんたちも愛用しているスリッカーブラシになります。

細かい丁寧な作りはさすが日本製ならではです。

同じスリッカーブラシでも、いいものを使えば仕上がりは全く違います。

「武蔵 プロ仕様 スリッカーブラシ ソフト」

うるおいケアブラシ(ピンブラシ)

ブラッシングの時に、保湿成分セラミドが染み出してきます。

乾燥している時など特に、犬のブラッシングで被毛が静電気でバチバチということはありませんか?

静電気が起きるほど乾燥した被毛は、途中で切れてしまったり傷みやすくなります。

そこでこの、保湿成分が出てくるピンブラシを使うことで、ブラッシングの度、キレイな被毛になります。

「うるおいケアブラシ(ピンブラシ)」

pet +me ラバーブラシ

このラバーブラシ、ゴムではなく医療用のシリコン100%でできています。

そのため、アレルギー持ちの犬にも安全に使うことができます。

また、ブラシのギザギザ部分も一定ではなく、凹凸に変化があり、大きなギザギザ部分で死毛を取り除き、腹の部分で抜けた被毛を集めることができ、小さな凹凸で仕上げをします。

色もカラフルでブラッシングが楽しくなります。

「pet +me ラバーブラシ」

古塚製作所 ダイヤカットコーム

ダブルコートの犬にでも使え、キレイに仕上がりになります。

細目・荒目とあり、使い分けてブラッシングします。

プロのトリマーさんもおすすめするコームになります。

作りがしっかりしているので、一生物のコームになります。

「古塚製作所 ダイヤカットコーム」

高級ドイツ製つや出し天然豚毛ブラシ・ソフト

ペット先進国のドイツで作られた獣毛ブラシになります。

静電気が起こりにくく、犬の被毛のマッサージになることと同時に、美しい被毛のツヤを作ってくれます。

全タイプの犬に使用できます。

「高級ドイツ製つや出し天然豚毛ブラシ・ソフト」