犬のベッドドーム、おすすめはこれ!


犬用ベッドドームとは?

犬用ベッドドームは、かまくらと呼ばれることもある、マットレスのみではなく、マットレスのベッドを囲むように、屋根が付いているものをいいます。

犬は、狭いところにスッポリはまるのが好きなことと、柔らかいものが大好きなので、ベッドドームを好む犬は多いです。

犬用ベッドドームの使い方

犬用のベッドドームの使い方は、その他の犬用ベッドと変わりません。

使い方としては、犬が普段気に入って寝転んでいるところに置くか、家族がちゃんと見える場所に置いてあげると喜びます。

逆に、常にうるさい場所や物陰すぎて、孤独になってしまう場所だと犬は嫌がることが多いので注意しましょう。

また、犬用ベッドドームは構造上、中に熱がこもりやすいです。

冬はそれが好都合に働きますが、夏は注意が必要になります。

最近では、夏の暑い日用の犬用ベッドドームがありますので、季節ごとに切り替えると犬が快適に過ごせます。

犬用ベッドドームを使うメリットは?

犬が安心できるパーソナルスペース

犬にもときに、自分だけの時間が欲しい時があります。

何もせずゴロンとなりたいときに、犬用ベッドドームは大変役に立ちます。

他の犬用ベッドと異なり、オープンになっていない分、プライベート感が増し、何かに包まれている感覚になれ、犬にとって安心できるスペースになるのではないでしょうか。

犬が気持ちよく睡眠をとることができる

お気に入りの犬用ベッドドームを与えると、犬は眠くなると自然とその中に入ることがあります。

それは、そこが居心地が良く、ふかふかで気持ちよく眠れることをわかっているからでしょう。

犬にも安眠が必要なのです。

犬の温度調節ができる

犬は自分が暑い時、涼しい場所を求めて廊下や、バスルームのタイルに寝そべったりしませんか?

冬はヒーターの前に陣取ったり。

同じように犬用ドッグドームを使い、温度調整ができるのです。

冬はふかふかのドッグドームであったか。

夏は冷感素材のドッグドームでひんやりふかふかで快適に過ごせます。

犬用のベッドドームで体の負担減に

普段フローリングの上に横になったりして、平気で寝ている風に見える犬も、やはり硬いフロアでずっと過ごすには、体に負担がかかります。

特に中年からシニア期には、関節などを労ってあげる必要がありますね。

そのため、犬用ベッドドームを使うことで、確実に犬の負担を軽減することができます。

犬用ベッドドームを選ぶときのポイント3つ

1. 犬の体の大きさに合わせた犬用ドッグドームを選ぶ

まず1番大切なのは、犬の体に合わせたドッグドームを選ぶことです。

狭い方が快適かな〜と、身動きするのがやっとなドッグドームを選んでしまうと、犬は窮屈で入ろうとしません。

ある程度、ドッグドームの中で立ったり体の向きを変えたりできるサイズを選ぶようにしましょう。

2. 洗濯OKな犬用ドッグドームがおすすめ

洗濯可能かどうかは、選ぶポイントの1つになります。

愛犬が粗相をするしない以前に、しばらく使っていれば、寝具は必ず汚れてきます。

ホコリや犬のヨダレ、ときに食いカスなどもあるでしょう。

それを洗えないというのは、衛生上良くありません。

どんなに高級な寝心地がいいものでも、清潔に使えないのでは安心できません。

購入の時には、洗えるかどうかを確認するようにしましょう。

3. 快適に過ごせる素材の犬用ドッグドームを選ぶ

犬用のドッグドームは、様々なデザイン・素材があります。

そこに入る愛犬を想像しただけで、にっこりなってしまうかわいいデザインがたくさんあります。

でも、デザインだけで選んでしまうと失敗する可能性があります。

まず使う季節を考えるようにします。

寝心地最高な、ふかふかなドッグドームは熱をキープでき、冬は快適ですが、夏は暑くてたまりません。

通年利用できるような素材のものを選ぶか、季節ごとに快適に過ごせるドッグドームを2つ準備して、切り替えて使いましょう。

犬がドッグドームに入らない!どうしたらいい?

せっかくドッグドームを買ってきても、犬が使ってくれないんじゃがっかりですよね。

どうしたら気に入ってドッグドームを使ってくれるでしょうか。

どうぞ3つの方法を試してみてください。

1. 絶対に無理やり押し込まない

まず失敗しがちなのが、飼い主さんが焦って、犬を「さぁ〜、入ってごらん!」と無理やりドッグドームに押し入れてしまうことがあります。

慎重派の犬や怖がりの犬には1番NG な行動です。

中が安全かどうか、クンクン匂いを嗅ぎ、犬は自分で確認します。

時間をかけて慣れさせてください。

2. お気に入りのブランケットやおもちゃを入れる

いち早くドッグドームを気に入ってもらうためには、自分の匂いがする、お気に入りのブランケットや大好きなおもちゃを入れてみましょう。

特に、使い慣れたブランケットを敷いてあげると、自然とそこは安心する場所を認識することが多いです。

3. おやつをドッグドームの中に入れておく

反則技かもしれませんが…

お気に入りのブランケットの上に、大好きなおやつがあったら、入らない理由はありませんよね?

最初はささっとおやつのために中に入り、すぐに出てしまっても、それをしばらく繰り返すことで、ドッグドームが楽しいと思うようになり、次第にドッグドーム自体の快適さに犬自身が気づき、気に入って使ってくれるようになるでしょう。

犬用ベッドドームのおすすめ商品

接触冷感生地使用!ひんやり優しい涼しさのドーム型ベッド

生地自体、接触冷感生地を使ってひんやり気持ちがいいのですが、さらに、必要であればクッションの中に保冷剤を入れることができ、暑い夏でも快適にドッグドームの中で過ごせます。

「接触冷感生地使用!ひんやり優しい涼しさのドーム型ベッド」

ドッグドーム あったかデザインベッド

このドッグドームは、デザインが雪うさぎ、みかん、りんご、こたつと、写真を撮るのにも最高にかわいいデザインになります。

そしてデザインだけでなく、機能性にも優れていて、そのままでも熱を逃がさず暖かいですが、さらに暖かさが欲しい場合、別売りのホットカーペットをセットすることもできます。

「ドッグドーム あったかデザインベッド」

シール織りウィンドペン柄ドッグドーム

オーガニックコットンで作ったドッグドームで、カラーはシンプルなホワイトです。

サイズが豊富でSS〜Lサイズまであります。

100%オーガニックコットンなので、夏も熱がこもることなく気持ちよく使用できます。

ぜひ、最高級なクオリティをお試しください。

ドッグドームは手洗いOKです。

「シール織りウィンドペン柄ドッグドーム」

木製ドッグドーム おやすみハウス

北海道のパイン材で手作りされたドッグドームになります。

作る際には、一切の有害物質を使用していないので安心です。

1つ1つ職人さんの手作りになるので、2つと同じものはありません。

天然の木の中は、犬もきっと落ち着くのではないでしょうか。

「木製ドッグドーム おやすみハウス」

2WAYドームカドラー ベッドドーム

ベッドドームとしても使え、必要に応じてカドラータイプにもなるので、いろいろな使い方ができます。

ベッドに使っているクッションは、接触冷感加工の生地を使っています。

春から秋にかけて、気温に応じてベッドドームやカドラーに変化させて快適に過ごせます。

「2WAYドームカドラー ベッドドーム」