犬用のリボンの作り方!わんちゃんもおしゃれを楽しもう


トイプードル.白い犬.犬服

犬用リボンとは?

犬用のリボンは、被毛につける様々なデザインの飾りのことをいいます。

基本的には長毛種の女の子犬の耳や頭につけることが多いですが、男の子犬も違和感なく付けられるように首に付けるリボンもあります。

また、首に付けるタイプのリボンなら、短毛種の犬にも付けることができます。

犬用リボンの使い方

かわいい自分の愛犬を、もっとかわいくしてあげたいと思うのは、どの飼い主さんも思うことですよね。

犬用のリボンは、多種多様に売られています。

まずは、代表的な犬用リボンの使い方をご紹介していきます。

犬用リボンバレッタ

かわいいデザインのリボンの裏がバレッタになっているタイプのリボンになります。

長い被毛を束ねて付けるのですが、ただ、人の髪の毛を留めるようにパチンと挟むだけでは、犬の被毛がツルツルストレートの場合、動いていると落ちてきてしまいます。

そのため、落ちないように留めるには、犬用のゴムを併用します。

①まず、犬用リボンバレッタをつけたいところの部分の被毛を取って、しっかりと結びます。

②そして、見た目を良くするため、被毛の根元とゴムの結び目に膨らみを持たせるため、被毛を少し、引っ張り出します。

③前と横からのシルエットを確認してOKなら、そのゴムの上に犬用バレッタリボンを留めて完成です!

  • 犬用リボンバレッタをつけるのに使用するゴムは、必ずセットペーパーなしで使える犬用のヘアゴム(例:モビロンゴムなど)を使うようにします。本来は、ゴムで被毛を束ねるときには、被毛を傷めないように、セットペーパーという髪で保護した上で、ゴムを使用します。

犬用リボンセットゴム付き

犬用のリボンには、リボンにゴムが付いているものがあります。

つけたいところの被毛をゴムで束ねて付けるだけ!と思いがちですが、それをやってしまうと、犬のデリケートな被毛が傷んでしまうのと、細く長い被毛は取るときに、思い切り絡み合い悲惨なことになりかねません。

①被毛の保護のために、セットペーパーという被毛を保護するペーパーで、リボンを付けたい部分の被毛を包みます。

②包んだ後、包んだペーパーを2〜3回折って、そこに犬用リボンを付けて完成になります。

セットペーパーについて

セットペーパーには、ホワイトの他、カラーも豊富にありますので、お好みで選びます。

包む犬の被毛の長さによって、ペーパーを自分で切って使います。

切った面は鋭いので、犬にあたる部分の面は、事前に2〜3つ折りにして使います。

また、セットペーパーには裏表があり、ザラザラする方が裏になり、被毛を包む面になります。

セットペーパーで被毛を包むときは、垂れ耳の犬の場合、包む被毛の量が少ないと頭を降った瞬間に取れてしまうことがありますので、多めに被毛を包むことをおすすめします。

犬用リボンチョーカー

犬用リボンチョーカーは、男の子犬でも、リボンを付けてあげたくても短毛種で難しいという犬にも、全犬種問題なく付けられるリボンになります。

チョーネクタイ風になったものから、レースのリボンやお花のチョーカーなど、様々なデザインがあります。

首の後ろをリボン結びで留めるものから、ベルト調整できるものまであります。

ご自身の愛犬に合わせて選ぶことができ、装着も簡単です。

犬用リボンを選ぶときのポイント2つ

1. 犬の性格に合わせて選ぶ

かわいくオシャレをする愛犬は本当にかわいいですよね。

様々ある犬用リボンを選ぶときには、愛犬の性格を見て、どんなリボンがいいかを判断しましょう。

とにかくやんちゃで活発に動く愛犬なら、犬用リボンバレッタなどは、取れにくいように付けたつもりでも、ゴムでつける犬用リボンやチョーカーに比べたら、取れやすいことが多いです。

2. 装飾物は丈夫かどうかチェック

犬のリボンには、様々装飾物が付いているものがあります。

それはそれでかわいいのですが、犬は決してじっとしていることはないので、走ったりジャンプしたり、頭を振ったりします。

そんなとき、リボンの装飾品が外れてしまったら、「なになに?」と犬は興味津々でそれを口に入れてしまい、誤飲の原因になります。

予期しない事故が起きないために、使うリボンは、ついている装飾品が外れないかどうかをチェックしましょう。

犬用リボンの作り方

犬用のリボン、買ってもいいけど、自分だけのオリジナルを作って、子供とお揃いにしたらかわいいなぁ〜なんて思いませんか?

意外と簡単にできてしまうので、基本の作り方をご紹介いたします。

準備するもの

  • お好みのリボン
  • お好みのモチーフパーツ(布製のフラワーやフルーツや虫のモチーフなど)
  • 犬用ゴムやヘアクリップ、バレッタ
  • グルーガンかボンドなど

作り方

①好みのリボンで最初から作る場合は、好きなリボンでリボン結びをして形を整え、真ん中の部分を余ったリボン生地を被せ、リボンの原型を作ります。

②その真ん中の部分に、ビーズなどを追加する場合、グルーガンやボンドなどでつけるようにします。

③できたリボン、もしくはすでに出来上がったフラワーや虫のモチーフなどのリボンの裏に、犬用のゴム、ヘアクリップ、バレッタをお好みで付けていきます。

*裁縫が得意な方なら、ゴムを縫い付けるのもOKですが、不器用な方であれば、ここもグルーガンで対応できてしまいます。

以上!

後は愛犬につけてあげるだけ!

ぜひおためしくださ〜い。

犬用リボンのおすすめ商品

コーム型パッチン留め

リボンやフラワーの犬用リボンならみんなしてるけど、コーム型ってなかなかありません。

しかもよく見ると、コームにはかわいいビジューのお花が!

小さいサイズには、キラキラのラメが入っています。

外れにくく、オシャレな犬用リボンです。

「コーム型パッチン留め」

iDog&iCat おすましリボンタイ

ぜひ男の子犬にオススメしたい蝶ネクタイタイプのリボンになります。

首輪に通して使ってもOK。

蝶ネクタイの色に合わせたリボンを通して、かわいく首に巻いてあげてもOK!

耳などに着けるリボンとは全く違い、簡単に付けられます。

「iDog&iCat おすましリボンタイ」

鎌倉ドッグ チェリーピンクリボン

どうせ買うなら、自分では作れなさそうなものが欲しくないですか?

かわいく編んだピンクのリボンにこれまたかわいいチェリーが付いています。

チェリーピンクリボンには実は、お揃いの蝶ネクタイもあるのです。

多頭飼いで、オスとメス両方いる場合にはぜひ、おすすめします!!

「チェリーピンクリボン」

「チェリー蝶ネクタイ」

ペットリボン48個入り 24ペア

とにかく数が欲しい!!

いろんなリボンを楽しみたいという方へおすすめします。

通常MIX、男の子用MIX、女の子用MIXから選べるので、愛犬に合わせることができます。

ただこちらのリボンを使う際には、セットペーパーが必要になりますのでご注意を!

「ペットリボン48個入り 24ペア」