なぜ犬に服を着せるの?それって意味あるの?

犬の散歩やどこかへ外出したときに、犬が洋服を着ているのを見かけたことはありませんか?特に冬はあったかそうなジャケットやセーターを着ている犬を見かけます。犬には一部のヘアレス犬を除き、ちゃんと被毛があります。それでも洋服を着る意味ってあるのでしょうか?ファッション以外の理由はあるのでしょうか?

犬が洋服を着るといいこといっぱい!!

そもそも犬には被毛があるし、昔から犬は何も着ないのが当たり前なんじゃないの?なんて声がありますが。人の暮らしが日々変化しているように、犬の生き方も人に合わせ、変化し続けているのです。
洋服はオシャレが目的だけではなく、いろいろな役割を果たしているのです。どんないいことがあるかご紹介します。

寒さから犬を守ります。

現在日本ではいろんな犬種の犬が暮らしています。暑い国出身の犬にとって、日本の冬は寒すぎます。まして小型犬は小さいので、自分の体温をキープするのも大変です。
ヘアレスの犬やシングルコートの犬も直に寒さを感じやすく、寒さには弱いです。そんな寒さに弱い犬たちも、散歩には行きたいのです。震えながらの散歩は健康に良くありません。そこで必然的に防寒着が必要になります。

暑さから犬を守ります。

最近では猛暑が続く日本です。暑い日こそ洋服はいらないでしょうと思われがちですが、犬たちの皮膚は人よりも薄くデリケートです。直射日光から皮膚を守るのにも洋服は活躍します。
夏場はどんなに時間をずらして、早朝や夕方に散歩に出たとしても、その他の季節より紫外線は強いです。犬の1番怖い病気として知られるメラノーマがありますが、洋服を着ることで、そんなリスクを少しでも軽減することができます。
そして夏は虫の季節。虫からも守ることができますね。どんなにフィラリアの予防をしていても、犬も蚊に刺されますし、刺されると痒いです。

最近多い、アレルギー犬を守ります。

昔に比べ、人もそうですが、アレルギー持ちの犬というのも最近増えています。アレルギー体質の犬は、いろいろなものにアレルギー反応を示すので、春など花粉が飛ぶ季節は本当に大変です。
人のように犬は、毎日シャワーを浴びるわけにいきません。けれど洋服を着ることで、せめて顔やしっぽ以外の部分を隠し、花粉や黄砂などのアレルゲンから守ることができます。
もし飼い主さん自身がアレルギー体質だった場合も、犬自身が被毛に花粉をつけて家の中に帰ってくるわけではなくなるので、飼い主さん自身を守ることにもなりますね。

雨の日や雨上がり、汚れにくくなります。

毎日犬と散歩に行く方ならわかると思います。雨の日や雨上がりの散歩の悲惨さ。犬は大好きな散歩ですので、泥が跳ねようがどうしようがお構いなく、張り切って歩きますよね。
また、白い犬を飼っているとわかりやすいのですが、どんなに綺麗に見える歩道も、散歩をして帰る頃には、白いはずの足回りの毛はグレーになっています。その汚れは土埃だけでなく、車の排気ガスなど有害なものも混ざっているでしょう。苦労するのは、家に帰ってから犬に嫌がられながら、汚れた犬を綺麗にする飼い主さんです。
もしレインコートや晴れた日のTシャツなど着ていたら、汚れ方は半分以下で済みます。犬も散歩後、無駄に飼い主さんと戦う必要もなくなります。双方ストレスなく、散歩をエンジョイできるのはいいですよね。

飼い主さんがハッピーなら犬もハッピーに

犬はどんな動物より、人の感情を読むのが上手です。犬たちは常に大好きな飼い主さんの顔を見て、飼い主さんが笑顔になるのを嬉しく思っています。「愛情ホルモン」と呼ばれる、“オキシトシン”というホルモンがあるのをご存知でしょうか。
このホルモン、心を落ちつけたり、ストレスが和らいだり、優しい気持ちになれるホルモンだそう。これは人と犬との間で、人が犬を見て笑顔になる。犬もそれを見て幸せになる。そしてお互い、オキシトシンが分泌されるそうで、犬がかわいい洋服を着ているのをみて、飼い主さんは幸せになり、そんな幸せな飼い主さんを見て、犬も幸せになるのです。

犬に洋服を着せる時の注意

いいことだらけに見える、「犬が洋服を着ること」ですが、飼い主さん次第で、逆効果になることもあるので注意が必要です。

室内外いつでも洋服を着させるのはダメです。

よく、室内で洋服を着せてると抜け毛が減るなんて聞きますが、それは飼い主さんの勝手かもしれませんよ。犬にとっては、皮膚の負担になり、皮膚炎の原因になることも。
犬種によっては毛玉になりやすく大変です。来客があるとき、一時的に室内で洋服を着るのならわかりますが、常に洋服はNGです。

犬に着せている洋服は、ちゃんとサイズが合っていますか?

犬に洋服を着せる時、ちゃんとサイズの合った洋服を着せないと、あまりにジャストサイズで、しかも伸縮性のない生地だと、犬が走ったり跳ねたりする時かなり動きにくく、ストレスになります。
場合によっては、うまく動けずバランスを崩し関節を痛めることにもなりかねません。選ぶ時は伸縮性があり、少しゆとりがあるサイズがいいです。

本当に嫌がっている犬に洋服は着せなくても・・・

洋服を着せることには様々なメリットがありますし、かわいいです。飼い主さんとしてもぜひ自分の犬にも洋服を〜と思いますが、中には頑として洋服を嫌がる犬がいます。
特に、成犬になってからいきなり着せようとすると拒否られる場合があります。子犬から慣らすのが1番いいのですが、無理だった場合、簡単な作りの洋服から着せてみて、様子を見ましょう。本当に嫌がっているのに洋服を着せるのは逆効果で、犬にとってはストレスでしかありません。

犬の洋服デビューは子犬から

犬に洋服を着せる予定であれば、洋服を着ることに慣れるため、子犬の頃から簡単な作りの洋服から着せて、慣れさせていくのがいいです。初めから着せるのにコツがいるようなつなぎの洋服などは避け、Tシャツやセーター、前開きの洋服など、簡単に着脱できるものが慣れやすくおすすめです。
また、散歩やお出かけの度、洋服を着せて出かけると、洋服を着る=お出かけという図式が出来上がり、洋服を張り切って着てくれるようになりますよ。

おすすめの「犬」洋服

どんな犬種にも似合う、洋服デビューにもいい「Tシャツ」

シンプルなボーダーTシャツなのですが、伸縮性もあり、カラーとサイズ共に豊富なので、いろんな犬種にぴったりです。また簡単に着脱できるので、洋服デビューにもちょうどいいです。
楽天市場の商品紹介ページはこちら

冬の寒い日には裏起毛のジャケットを

寒い日には、硬い生地のジャケットより柔らかい生地の方が温まりますよね。特にジャケットの中が裏起毛だと尚更です。サイズも豊富なので、小型〜大型犬まで着られます。
楽天市場の商品紹介ページはこちら

犬の散歩、雨や雨上がりの泥はねも怖くありません!

雨の日や雨上がりの散歩は飼い主にとって、憂鬱になることはありませんか?小型犬だと特に、泥はねで顔まで汚れたりすることありますよね。でも、散歩命の犬たちですから、連れて行かないわけにいきません。
そこで、できるだけ汚れないように、濡れないようにおすすめするのがこのレインコートです。レインコート特有のシャカシャカ音が少なく、犬が動きやすい作りになっています。
楽天市場の商品紹介ページはこちら