手術を終えた犬の必須アイテム犬用術後服とは?


パグ.小型犬

犬用術後服とは?

その名の通り、犬用術後服は犬の手術後や、皮膚疾患で炎症を起こしている場合、患部を舐めたり掻いたりしないように保護するための洋服になります。

別名、エリザベスウェアとも呼ばれています。

見た目は犬用の洋服にも見えますが、シンプルなデザインなのが特徴で、犬の手術後の傷口や皮膚の炎症箇所を舐めて、悪化しないように保護するのが犬用術後服になります。

エリザベスカラーとの違い

エリザベスカラーを使うと、患部を舐めることができない他、自分でご飯を食べたいとき、水を飲みたいとき、なかなかうまく食べたり飲んだりできなくなります。

また、歩いていてもいたるところにぶつかり、下手をすると自分のハウスにだって入れず、犬のストレスはマックスに溜まってしまいます。

それが!

この犬用術後服は全て解決するのです。

犬用術後服という洋服を着せることで、保護したい患部を犬は舐めたり引っ掻いたりすることができません。

尚且つ、顔まわりに余計なものがない分、好きなときに水も飲めますし、いたるところにぶつかって歩く必要もありません。

犬用術後服の使い方

犬に洋服を着せたことがある人なら、問題なく着せることができるでしょう。

犬用術後服は、普通の犬用の服よりも着脱を少しでもシンプルに、犬に負担なくできるようにできているものが多いです。

様々あるデザインの中から、自分の愛犬の性格、手術の患部、保護したい皮膚の場所に応じて犬用術後服を選ぶようにします。

また、犬用術後服はデザインによって用途も変わってきますので、デザイン別の犬用術後服の使い方をご紹介します。

オールインワンタイプ

犬用術後服に多いデザインがオールインワンタイプになります。

開腹手術、広範囲の皮膚の保護、上半身と下半身、全てをカバーできるタイプとあり、様々な用途に使えます。

また、着せ方も背中側が全開してマジックテープやファスナーで留められ、犬に着せやすいものが多くあります。

Tシャツタイプ・パンツ型タイプ

上半身・下半身の手術後、皮膚の保護に着せるタイプになります。

少しでも被毛や皮膚に余計な負担がかからないために、必要な所だけ覆って保護する目的で着せます。

犬用術後服を選ぶときのポイント3つ

1. 犬のサイズに合うものを選ぶ

犬用術後服は、普通の犬用の洋服と違います。

術後の患部や皮膚疾患を起こしている皮膚を、犬が舐めたり掻いたりできないように保護するのが目的になります。

そのため、「少し大きめだけど、ま、いっかぁ」とゆとりがありすぎる術後服だと、できた隙間から、犬が患部を舐めたり掻いてしまうことがあります。

逆に100%保護することを考え、ぴったりとフィットする犬用術後服も、窮屈で動きにくく、犬にとってストレスになってしまいます。

犬用術後服は、通常の洋服よりサイズ展開も豊富ですので、少しでも犬がストレスにならないように、サイズ選びは慎重に行いましょう。

2. 犬に合わせたデザインを選ぶ

犬用術後服には様々なデザインがあります。

どんな洋服でも嫌がらずにきてくれるならOKですが、足を動かして、手を動かして〜と、複雑な着脱の動きをするのが苦手な犬がいます。

ただでさえ、正常な状態とは違う体調です。

少しでも犬に無理をさせないために、私たちがデザインにこだわり、手足を極力動かさなくても着せられる犬用術後服を選ぶなど、工夫をしましょう。

背中全体をマジックテープで留めるだけのタイプなど、簡単なものがたくさんあります。

3. 通気性がよく、伸縮性がある生地を選ぶ

犬用術後服は、おそらく短くても数日は着せることになりますよね。

本来、犬に洋服を着せっぱなしというのは、擦れたり蒸れたりしてしまうので、犬の被毛や皮膚にいいとはいえません。

とはいえ、エリザベスカラーを装着するストレスよりは、メリットが多い犬用術後服です。

犬が快適に療養できるように、通気性がよく、伸縮性がある、気持ちのいい生地を選ぶようにこだわりましょう。

犬用術後服の作り方

不器用さんでも作れる犬用術後服「Tシャツ」編

準備するもの

  • もう着ないTシャツ
  • ハサミ

作り方

①Tシャツの前身頃と後ろ身頃を切り離します。

②片面のTシャツに手足の位置に切り込みをハサミで入れます。

③お腹の部分を隠し、背中でTシャツを結ぶようにするので、左右対称に7〜8つくらいの切り込みを入れます。

④手足用に穴を開けたTシャツに犬の手足を通し、左右対称に切り込みを入れたTシャツ生地を背中でそれぞれ結び合せます。

⑤おしっこの部分は着せた後、位置を確認してその部分の生地をカットします。

小型犬限定犬用術後服「長袖シャツ」編

準備するもの

  • 長袖シャツ(特に伸縮性のあるヒートテックシャツなど)
  • ハサミ

作り方

①長袖シャツ(ヒートテックシャツなど)の袖部分をハサミでカットします。

②手足の部分、4カ所ハサミで切り込みを入れます。

③おしっこをする位置を確認し、その部分もカットします。

以上で完成です。

着せてみて、お尻周りがゆるゆるの場合、余る生地を背中で結んで調整します。

犬用術後服のおすすめ商品

hound com 犬用術後カバー服

オールインワンタイプの犬用術後服になります。

着せ方が、頭と前足を通せば、あとは背中と後ろ足の部分は留めるだけ。

マジックテープなどで簡単です。

通気性にもこだわって作られています。

「hound com 犬用術後カバー服」

F. 術後服エリザベスウェア

獣医師さんが推奨する犬用術後服になります。

デザインの特徴は、バッククロス技術にあります。

「ズレない、脱げない、動きやすい」を追求してできたデザインの犬用術後服です。

サイズも細かく豊富にあります。

製法は丁寧で安心な日本製になります。

「F. 術後服エリザベスウェア」

WHCY T包帯代わりの保護ウェア Tピース

シンプルかつクオリティにこだわって作られた、犬用術後服になります。

このTピース術後服は、首回りと腰回りが開く構造になっていて、マジックテープで留められます。

そのため、術後服の着脱がストレスなく簡単にできるのです。

そして術後服の生地にはオーガニックコットンが使われ、通気性も良く、アレルギー持ちの犬にも安心して使うことができます。

また、こちらの犬用術後服には袖あり・なしの2タイプあります。

「包帯代わりの保護ウェア Tピース「袖なし」」

「包帯代わりの保護ウェア Tピース「袖あり」」