マルチーズの噛み癖のしつけ方

マルチーズは飼い主に対してとても愛情深く利口なため、初めて犬を飼う人にもおすすめの犬種です。 とは言っても、どんな犬種でも噛み癖のしつけをしておかないと大人になってから人や他の動物にケガをさせてしまう、誤飲や最悪の場合命を落としかねない事故になることもあります。 今回は、マルチーズの噛み癖のしつけ方法を紹介します。

マルチーズの子犬の噛み癖

子犬の噛み癖に考えられる原因には、歯が生え変わる時期、遊びの延長、怒りや攻撃、恐怖、ストレスなどが考えられます。
犬は、自分を守ったり攻撃するための手段や、コミュニケーションを取る手段として「口」を使います。つまり犬にとって噛む行為は、ごく自然な行為だということです。 そして噛み癖は子犬のうちにしつけておかないといけません。成犬になってから噛み癖を完全に直すには時間がかかり少し厄介です。
そうならないためにも、子犬のうちにしっかりとしつけておきましょう。

マルチーズの噛み癖のしつけ方法とは?

噛み癖には、それぞれの原因に合わせて対処していく必要があります。

歯の生え変わりによる痒みから噛む場合

生後3カ月~半年頃までに犬は歯の生え変わりがあります。この時期は、口の中に違和感がや痒みがありますので、何かを噛むことで痒みを発散させているのです。その為噛む行為自体を止めさせることはできませんが、噛んでも良いおもちゃを与えて痒みを発散させてあげるようにしましょう。噛んではいけないものは、飼い主が責任を持って片づけておきましょう。

遊びの延長

子犬がじゃれている時に、手を軽く噛んでくる甘噛み。子犬のうちはさほど痛くもなく、遊ぶことが仕事の1つでもある子犬のうちは放っておいても良いでしょう。
しかし、ある程度成長しても自然に甘噛みをやめないようであれば対処した方が良いです。遊んでいる時に甘噛みをされたら、できるだけ低い声を出して「痛い!!」と単発的な言葉を放ち、遊ぶのをやめてその場を立ち去りましょう。そうすることで、噛むと遊んでもらえないことを学習します。

怒りや攻撃・恐怖から噛む癖

この場合にも、遊びの延長と同じ方法で、低い声で「痛い!!」と言ってみる方法が有効で、人を噛むことはいけないことを教えることができます。 しかし、基本的にはこの理由から噛むのは本能的なものなので簡単にはしつけられない場合があります。
信頼関係と主従関係を築きあげておけば防げることが多くあるので、子犬のうちに甘やかし過ぎて子犬をリーダーにしないようにしましょう。

マルチーズのしつけは子犬の時に!!

どの犬種でも社会化期があり、たくさん学んで身体だけでなく心も成長するタイミングがあります。 特にマルチーズの場合は、できる限りこの時期にある程度のしつけを済ましていくことをオススメします。
基本的にマルチーズは、性格が優しく穏やかで、賢い犬種です。その為、きちんとしつければ飼い主の言うことを聞く良い子になれるしつけやすい犬種と言われていますが、しつけが行き届いていないまま成犬になってしまうと噛み癖などの厄介な癖がでます。その癖を直すには時間も労力も取られます。更にマルチーズは、とても頑固な一面を持っている場合があるので、修正しようとしても頑固さが邪魔をすることも出てきます。
子犬のころから一貫性を持ったしつけを行うことでこれらの困りごとはなくなりますので、子犬の時期を大事にしてしつけを行いましょう。

まとめ

噛み癖は、犬を飼っている人の中で悩んでいる人が多い癖でもあります。 そしてこの癖はケガをしたりさせたり、マルチーズ自身に危険のある癖でもあります。
せっかく穏やかで賢い性格をしたマルチーズを家族として迎えたのであれば、子犬のうちに噛み癖によるリスクを避けて、子犬のころからしっかりとしつけておきましょう。