キャバリアの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

Contents


キャバリア.中型犬.長毛.タレ耳.バンダナ

キャバリアの基本情報

キャバリアは、イギリスを原産国とする小型犬です。
正式名称は「キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル」ですが、日本では「キャバリア」や「キャバ」と略した名称で親しまれています。
家庭犬として優れた性格を持ち合わせており、古くから愛玩犬として愛され続けてきました。
日本でもジャパンケネルクラブ(JKC)による飼育登録数で、毎年15~20位を維持し続けている人気犬種です。

キャバリアの歴史

キャバリアの歴史 ~ルーツ~

キャバリアの祖先犬は、16世紀頃に存在していたと推測されていて、当初は「コッカー・スパニエル」に似た外見を持っていたようです。
その頃からイギリス王室の愛玩犬として、特にチャールズ1世・2世に大変愛されていました。
18世紀ごろになると、ヨーロッパでは短吻種(鼻ぺちゃ)が大流行します。
その影響を受けて、パグや狆などと交配された犬が現在の「キング・チャールズ・スパニエル」です。
キャバリアよりもサイズが一回り小さく鼻ぺちゃの犬種です。
イギリスを始めとするヨーロッパの貴族や王族などから人気を博していましたが、鼻ぺちゃの犬種に多い「いびきがうるさい」こと「病弱」であることが懸念されていくようになります。
そのことから、19世紀前半頃になると本来のスパニエルを残す運動が始まりました。
本来のスパニエルに近い長吻化運動が始まり、チャールズ2世時代のスパニエルの絵画を見たアメリカの富豪が莫大な懸賞金までかけられたことをきっかけに、繁殖者によって交配が進められていくことになります。
そうして生まれたのが「キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル」です。

キャバリアの歴史 ~名前の由来~

「キャバリア」とは「中世の騎士」を意味し、「中世の頃の姿を取り戻したキングチャールズスパニエル」という意味合いを持っています。
騎士らしく雄々しい雰囲気があることから「キャバリア」と名づけられました。
「キャバリア」及び「キング・チャールズ・スパニエル」の毛色は、基本的に同じで一般的な白地に茶色が入っているものを「ブレンハイム」と呼ばれています。
この名称は、この犬を大変可愛がっていたマールボロ侯爵の領地に由来した名称だとされています。
また、黒・白・茶のトライカラーは愛称で「プリンス・チャールズ」とも呼ばれています。

キャバリアの特徴

  • 体重5~8kgの小型犬
  • がっしり体型
  • ゆるふわウェーブの被毛
  • 毛色は4色、定番カラーは「ブレンハイム」

特徴① ~大きさや身体的特徴~

キャバリアは、体高30~33cm体重5~8kgの小型犬です。
体高よりも体長がやや長く、骨格ががっしりとした体型を持っています。
その割には軽やかな歩様を見せ、のびのびとした身のこなしを見せてくれます。
平らな額と垂れ耳が特徴的で、大きな垂れ目からは穏やかな表情が感じ取れます。

特徴② ~被毛の種類や毛色~

キャバリアは細くしなやかな被毛を持ち、緩やかなウェーブがかった被毛を持っていることやくせの強い巻き毛の個体もいるようです。
垂れた耳と胸部、四肢に豊かな飾り毛があるのも特徴です。
毛色には、ブレンハイムトライカラールビーブラック&タンの4色があります。

◆ブレインハイム

白地に明るい茶色が入った毛色のことを指し、キャバリアの定番カラーです。

キャバリア

◆トライカラー

はっきりとした境目のあるブラック&ホワイトに、両目の上、頬、耳の裏側、脚の内側、尾の裏側にタン色(茶色)のマーキングがあります。

キャバリア.中型犬.長毛.タレ耳..

◆ルビー

全体がレッドという明るい茶色です。白斑は好ましくないとされています。

キャバリア,ルビー,小型犬

◆ブラック&タン

ブラックにタン色(茶色)のマーキングが目の上、頬、耳の裏側、胸及び脚、尾の裏側にあります。

キャバリア,小型犬,ブラックタン

キャバリアの価格相場

キャバリアの子犬の価格相場

キャバリアの子犬の価格相場は、10~25万円です。
個体によって価格も大きく異なり、ドッグショーにできるような血統のキャバリアだと30万円以上することもあるようです。
人気犬種のためペットショップでもよく見かける犬種なので、ペットショップやブリーダーから購入することが一般的となります。

キャバリアの価格の違いについて

価格差の大きいキャバリアですが、その価格幅の要因には、「血統」「容姿」「性別」が大きく影響しているようです。

◆血統

ドッグショーで活躍した子やチャンピオンとなったキャバリアの場合には、優良血統とされ値段が高くなる傾向があります。
個体によっては50万円を超えることもあるようです。

◆容姿

キャバリアの定番カラーであるブレンハイムやトライカラーよりも、ルビーやブック&タンの毛色の方が高額になるようです。
また、ブレンハイムの個体の中でも、耳の間・頭の頂点の白い部分の真ん中に「ロザンジュ(ブレナムスポット)」と呼ばれるひし形の栗色の斑がある場合には大変価値があるとされ、キャバリア独自の特徴となります。

◆性別

オスよりもメスの方が、金額がやや高く設定されているようです。

キャバリアの性格・気質

  • 優しく穏やか
  • 愛嬌たっぷり人懐こい
  • 攻撃性極めて少ない
  • 留守番は苦手

性格・気質① ~家庭犬らしい性格の持ち主~

キャバリアは、古くから愛玩犬として人気を博していただけのことはあり、愛玩犬らしく扱いやすい性格を持っています。
優しく穏やかでありながらも、遊びが大好きな活発な性格をしています。
争いを好まないので、見知らぬ人や他の犬とも仲良くなろうとする友好的な性格なので多頭飼いにも向いています
人のことが大好きで特にスキンシップを好み、触ってほしいと甘えてきたり、膝の上に乗ってきたりと甘えん坊な一面も見せてくれるでしょう。

性格・気質② ~番犬には不向き。万人向きの性格~

誰とでも仲良くしようとするキャバリアなので、番犬としては向いていません。
また寂しがり屋な一面があるため、留守番をすること自体を得意としません
それでも、攻撃性がなく温和な性格をしているため、小さな子どもさんがいらっしゃるご家庭でも安心して飼うことのできる穏やかな性格の持ち主です。

性格・気質③ ~オスとメスでの違い~

性別による性格の違いはそれほどありませんが、傾向としてあると言われる違いを紹介します。

◆オスの性格

メスに比べると、楽天的でより活発で甘えん坊な性格の子が多いと言われています。

◆メスの性格

オスよりも穏やかで人懐こく、繊細という性格が見られます。

キャバリアの飼い方・しつけ

飼い方① ~飼育環境~

キャバリアを作出する際、戸外の犬舎でも飼えることを目的として作出されていた面もあり、キャバリアは外飼いをすることもできますが、基本的には室内での飼育をおすすめします。
室内飼育をおすすめする理由には、小型犬という点もありますが、キャバリアは人との関りを大切にする犬種なので、コミュニケーションが取りやすい室内飼育が向いていると言えるでしょう。
ただし、コミュニケーションを取ることはとても大切なことですが、ただ甘やかしてしまうとわがまま犬になってしまうので、一人でも過ごせるケージやサークルなどを準備して上手に活用して自立させていきましょう。
また、キャバリアは冬の寒さには強いですが、夏の暑さにはとても弱い一面を持っています。
キャバリアが快適に過ごせる温度は23~25℃と言われているので、エアコンや冷感マットなどを活用して夏場の暑さ対策をしてあげましょう。

飼い方② ~散歩や運動~

キャバリアは小型犬ではありますが、やや大きめの小型犬な上、活発な犬種なので、運動は適度に取ってあげなければなりません。
また、キャバリアは食べることが大好きな食いしん坊でもありその分太りやすい面もあるため、運動による肥満対策が必要です。
散歩では、1日2回、30分程度を目安に散歩に連れて行ってあげましょう。
食欲旺盛なため、散歩中に拾い食いしてしまうようなこともあるので注意してください。
散歩に加えて、室内でもコミュニケーションを兼ねておもちゃやゲームなどをして遊んであげましょう。

キャバリア

しつけ① ~遊びの中で褒めて伸ばすしつけ~

キャバリアは、人のことを観察し喜ばせることが大好きな犬種です。
賢くて人の言っていることを理解して、素直に受け入れることもできるので、しつけやすい犬種だと言われています。
そんなキャバリアには、良いことをした時にたくさん褒めて伸ばしていくしつけを行いましょう。
悪いことをしたからと言って、厳しく怒鳴りつけたり体罰を与えるようなしつけではあまり効果がありません。
良いことをした時にたくさん褒めてあげながら、キャバリアの明るい長所を引き延ばしてあげると良いでしょう。
また、遊びが大好きな犬種なので、遊びの中で指示を取り入れながらしつけていくとより効果的となるでしょう。

しつけ② ~キャバリアの問題行動~

比較的、問題行動が少ないと言われるキャバリアですが、育て方によっては問題行動を起こしてしまうこともあります。
特に、過保護など甘やかし過ぎが原因で、後天的に「吠え癖」がつくことがあるようです。
甘やかし過ぎることによって自分がリーダーだと勘違いし、自分の要求を通すために吠え続けるというようなことがあるようです。
普段から飼い主がリーダーシップを取るように接し、要求吠えには決して応じず無視をすることを徹底して対策していきましょう。

しつけ③ ~留守番~

人といることが大好きなキャバリアなので、独りぼっちで過ごさなければならない留守番は苦手です。
特に長時間の留守番はストレスとなるでしょう。
だからと言って四六時中一緒にいることもできないため、留守番ができるようにしておかなければなりません。
日ごろから1日中放し飼いにするのではなく、飼い主家族が在宅している時でもケージやサークル内で1人で過ごす時間を設けて一人でも落ち着いて過ごせるようにしておくと留守番上手への近道となるでしょう。
また、運動やコミュニケーションを十分に取ってから留守番をさせるようにすることで、留守番中に寝て過ごすことができて退屈することがなくなるでしょう。

キャバリアのお手入れ

お手入れ① ~抜け毛対策~

キャバリアのお手入れは基本的に簡単ですが、抜け毛が多い点が難点となるでしょう。
ダブルコートの犬種のため、特に換毛期には多くの抜け毛が見られます。

◆ブラッシング

キャバリアの抜け毛対策の基本は、「ブラッシング」です。
さらにキャバリアの被毛は、細く絡みやすい特徴を持っているため、こまめにブラッシングしてあげましょう。
できれば毎日1回、換毛期には毎日数回ブラッシングしてあげることが好ましいです。
コミュニケーションの一貫として習慣化させておくと良いでしょう。
ブラッシングに使うブラシは、スリッカーブラシとコームが一般的です。

◆シャンプー

月に1~2回を目安に、シャンプーをして抜け毛を取り除いて全身をキレイにしてあげましょう。
シャンプー前には、ブラッシングである程度の抜け毛や絡みを取り除いておくようにしましょう。

◆洋服を着せる

抜け毛対策として洋服を着せておくことも効果的です。
ただし、着せっぱなしは皮膚に良くないため、外出時だけにするなど洋服を着せるシーンを決めておくと良いでしょう。

お手入れ② ~耳のケア~

キャバリアの特徴的な大きく垂れた耳には、細心のケアが必要です。
耳の皮膚が分厚く重たい耳をしているため、その分耳の中は蒸れやすく細菌が繁殖しやすい環境となるため、外耳炎などになってしまうことがあります。
こまめに耳の中をチェックして、汚れている時には濡らした柔らかいコットンなどを使って拭き取るなど、耳掃除をしてあげましょう。週1回程度が目安です。
また、食事の際などには耳がフードボールの中に入ってしまったりと何かと汚れがちです。
耳バンド・スヌードなどを活用してあげると良いでしょう。

お手入れ③ ~トリミング~

キャバリアは被毛が長く伸びる犬種ではないので、基本的にはトリミングは必要ありません。
しかし、飾り毛の豊富な垂れ耳や、四肢の飾り毛などが汚れやすくなるため、毛先を整える程度のトリミングをしてあげると良いでしょう。

キャバリア.中型犬.長毛.タレ耳.お昼寝.

キャバリアの注意する病気

キャバリアの平均寿命は、9歳~14歳とされており個体差が大きいことが特徴です。
それは、遺伝性疾患が多いとされているためです。
特に、キャバリアは心臓病にかかりやすいことで知られており、4歳で60%の個体が心疾患を発病するというデータもあるようです。
その他にも眼疾患・脳疾患・膝蓋骨脱臼・外耳炎などにもかかりやすいと言われています。

注意する病気① 『僧帽弁閉鎖不全症』

僧帽弁閉鎖不全症とは、心臓の中にある血液の逆流を防ぐ働きを持つ僧帽弁が上手く機能しなくなる病気の事です。
キャバリアは、遺伝的にこの僧帽弁不全症が明らかに多いことで知られています。
早い犬の場合には生後1~2年頃から起こり、6才以上になると全体の6割以上がかかっていると言われています。
主な症状には、咳が出ることが挙げられ、夜中や散歩途中や帰宅後などに多く見られるようです。
その他にも疲れやすい、運動したがらないなどの症状があり、進行すると肺水腫を併発し呼吸困難になることもあります。
完治する方法はなく、症状の緩和と進行を抑える内科治療が生涯必要となります。
予防することができない病気のため、早期発見・早期治療が大切です。

注意する病気② 『キアリ型奇形(後頭骨形不全症候群)』

キアリ型奇形とは、脳の大きさに対して頭蓋骨が小さいため、小脳の一部が頭蓋骨の穴から滑り出して脳幹を圧迫して脳脊髄液の流れが阻害されてしまい、脊髄内に異常な液体貯留(=脊髄空洞症)を起こして、様々な症状を起こす疾患のことです。
発症する年齢には個体差があり、終生なにごともなく過ごせる場合もあれば、若年のうちから症状を起こす場合もあります。
症状には、強い痛みや片耳や肩のあたりをしきりに搔く(ファントムスクラッチ)などの症状が見られます。
治療法は現在もなお研究段階にあり、基本的には症状緩和の内科的治療や後頭骨を一部除去する外科的治療が行われます。
手術や内服薬を併用しても疼痛はなかなか改善しないことがあり、また、急性な脳障害を起こす可能性もある要注意な病気です。
症状が見られたらすぐに動物病院で診察してもらうようにしましょう。

注意する病気③ 『膝蓋骨脱臼』

小型犬に多い病気で、膝のお皿が外れること、脱臼の病気です。
足への負担が重なることで起こりやすくなります。 症状が重い場合には、手術が必要となります。
症状が軽い場合には、必要によって痛み止めを投薬しながら自然に治るのを待ちます。
足にかかる負担を減らすことで予防することができる病気のため、フローリングへの滑り止めや段差の軽減し高いジャンプをさせないようにするなどして予防していきましょう。

キャバリアのミックス犬

ミックス犬① 『キャバプー』

キャバリアとトイプードルのミックス犬です。
体重は6~8kg程度で、キャバリアの優雅さとトイプードルのぬいぐるみのような愛らしさを合わせ持っています。
性格では、キャバリアの人懐こさとトイプードルの陽気な性格を引き継ぎ、初心者でも飼いやすい小型ミックス犬です。
また、トイプードルの被毛を受け継いだ場合には抜け毛が少なく、お手入れもより簡単となるでしょう。

ミックス犬① 『キャバチワ』

キャバリアとチワワのミックス犬です。
キャバリアの血統により体重が5kg前後とチワワよりも大きめになることが多いようです。
見た目も、キャバリアの垂れ耳と垂れ目、耳の飾り毛を引き継ぐことが多く、ほとんどキャバリア寄りになることが多いようです。
性格はキャバリアの穏やかな面と、チワワの遊び好きな面を兼ね揃えています。

キャバリアを飼うのに向いている飼い主は?

キャバリアは、性格や良さやしつけのしやすさの面からも初心者でも飼いやすい犬種です。

一人暮らしでも飼育できる?

1人暮らしでも飼育することが可能ですが、キャバリアの活発な運動欲やコミュニケーション欲を満たしてあげられる時間的余裕が必要となるでしょう。
また長時間の留守番は得意な犬種ではないため、キャバリアのストレスとなってしまうことが考えられます。

マンションでも飼育できる?

小型犬のため広い飼育スペースを必要としないため、マンションでも飼育することが可能です。
また、吠え癖も少ないと言われる犬種のため、近所迷惑になることも少なく安心です。
ただし、ペットの飼育が許可されている物件に限ります。

小さな子どものいる家庭や高齢の人でも飼育できる?

キャバリアは攻撃性が非常に少ない穏やかな犬種なので、小さな子どもさんがいらっしゃるご家庭でも安心して飼育することができる上、人のことをよく観察し優しく接することができるので高齢の方の相手も上手にできるでしょう。
また、活発な犬種でもあるので毎日の運動が必要ですが、小型犬なので散歩量もそれほど多くはありません。
ご高齢の方の健康のための、散歩のお供にもなってくれるでしょう。

キャバリアの子犬の選び方

キャバリアの子犬を迎える時になった時には、性別や毛色などの要望以外にも必要な子犬のチェックポイントをご紹介します。

チェックポイント① 健康面

子犬の健康状態は実際に見て触れて確認してみましょう。
持ち上げた時に体格の割に体重が少し重めに感じる程度が良いとされています。
また、全身の状態をチェックして目や肛門周りは汚れていないか、脱毛部分はないか細かくチェックしていきましょう。
他にも歩き方に異常は見られないか、食欲はあるか、便の状態は正常かを確認しておきましょう。
少しでも何か異常がある場合には、店員さんやブリーダーさんに確認して納得できる回答をもらうようにしてください。
また、キャバリアは遺伝的疾患が多い犬種のため、可能であれば両親の健康面も確認しておきましょう。

チェックポイント② 性格をチェック

同じ犬種であっても、個体によって性格も異なります。
元々キャバリアは性格が良いことで知られていますが、実際に接してみて性格を見てみましょう。
人懐こく愛想の良い子がベストです。
怖がって近寄ってこない、逆に吠えかかってくるような子の場合には、しつけに影響してしまうこともあります。
また、飼い主さんとの相性もあるので、実際に接してみた直感に頼ることも必要かもしれません。

時間をかけて選ぶこと

近年では、インターネット上で子犬を購入することもできますが、できる限り実際に子犬を見て触れて選ぶことをおすすめします。
また、1度見たからと即決するのではなく、何度か通ってみるようにしましょう。
1度見ただけでは、見落としがあったりと見極めることはできません。
時間帯を変えてみたりしながら何度か通って、実際に見て触って子犬を選ぶようにしましょう。

キャバリアのまとめ

キャバリアはこんな犬!!
  • やや大きめの小型犬
  • 性格:穏やかで人懐こく飼いやすい。
  • 被毛:ウェーブがかったダブルコート
  • 毛色:ブレンハイム・トライカラー・ルビー・ブラック&タンの4色
  • しつけ:しつけやすく問題行動が少ない。ただし、甘やかし過ぎると無駄吠えなどの問題行動も・・・。
  • 注意したい病気:遺伝性疾患が多い。心臓病・眼疾患・脳疾患・膝蓋骨脱臼・外耳炎などに注意
  • 子犬の価格相場:およそ10~25万円。個体によって価格差が大きい。
  • お手入れ:抜け毛が多いためブラッシングで抜け毛対策を。
  • 子犬選び:遺伝性疾患の確認を忘れずに!!

キャバリアについて さいごに

良き家庭犬としての気質を兼ね揃えたキャバリア。
長年人気のある理由も納得頂けたのではないでしょうか。
遺伝性疾患に注意しなければならない点や抜け毛の多さが難点と言えますが、初心者やマンションでも飼いやすいおすすめの犬種です。