チワワのオスを去勢手術することのメリットデメリット 時期や費用まで

オスのチワワを家族に迎えてワクチン接種などを済ませたら、次に気になるのは去勢手術を受けさせるべきか、どうかということではないでしょうか?オス犬に去勢手術をしたら性格が変わるとよく言われますが、本当なのでしょうか?また去勢手術をすることのメリット、デメリットは?手術を受けさせる時期と費用は?様々な面から去勢手術を受けさせるかどうかを検討してみましょう。

チワワのオス犬を去勢手術するメリット

チワワのオス犬を去勢手術をするメリットは意外と多いものです。

家にはオスのチワワしかいないので、去勢手術しなくても大丈夫と考える飼い主さんも多いでしょうが、去勢手術には繁殖防止以外のメリットがたくさんあります。

交配できないストレスがなくなると同時に、生殖器の病気を防ぐことができるという大きなメリットがあります。

具体的には「前立腺肥大」「精巣腫瘍」などです。

手術をすることでマーキングなどの問題行動が治まり、長生きする傾向があります。

チワワのオス犬が去勢手術をするデメリット

チワワのオス犬を去勢手術をする去勢手術はメリットも多いですが、デメリットもあります。

まず、全身麻酔を使う手術ですので危険がゼロではありません。

そして手術後は体脂肪が増えて太りやすい傾向がありますので、ドッグフードや運動などで太らないように気をつけてあげましょう。

チワワのオス犬を去勢手術をすると性格が変わる?

去勢手術をすると性格が変わるとよく言われます。

しかし実際は性格が変わるというわけではなく、交配ができないストレスがなくなり、問題行動が治まりおとなしくなるので、性格が変わったように見えます。

また甘えん坊になるチワワもいるようです。

犬の性格を形成するのは環境によるものが大きいので、去勢手術を受けても個体によって差があります。

ほとんど変化がないという犬も多いですが、小さいチワワがいつまでも子犬のように甘えん坊でいてくれるのは大歓迎という飼い主さんも多いことでしょう。

チワワ

去勢手術に適した時期・費用は?

チワワの去勢手術に適した時期は、交配が可能になった時期と考えて良いでしょう。

すなわち生後7ヶ月頃から10ヶ月位が去勢手術のタイミングとしては一番適しています。

家に迎えた頃から去勢手術をすることを考えているのなら、できるだけ早いうちに動物病院に相談するようにしましょう。 去勢手術の費用は動物病院によって差があります。

日帰りで手術ができるか、入院になるかも動物病院によって違います。

費用は15000円~30000円位が相場ですが、日帰りか入院かでも全く違ってきますので、行きつけの病院ではどうなのかをあらかじめ知っておくことが大切です。

チワワのオスを去勢手術することのメリットデメリット 時期や費用まで まとめ

オスのチワワの去勢手術、受けさせたほうが良いのか、とても迷いますね。

決断時期は子犬の時代にしかありません。

成犬でも去勢手術を受けることは可能ですが、身体に負担がかかってしまいます。

子犬の時期に、去勢手術のメリットとデメリットをよく比較して、交配させるかどうかも鑑みて、飼い主さんがどうするべきか決定してあげましょう。