犬も乳歯が永久歯に生え変わります!時期と注意


犬,歯,入試

犬の乳歯とは?

犬の乳歯は、人の乳歯と同じように、子犬の時期に最初に生える歯のことです。そして時期が来たら抜けて、永久歯に生え変わります。

乳歯は、生後3週間頃から生え始め、生後8週間目までに生えそろう犬がほとんどです。数は、切歯が12本、犬歯が4本、前臼歯が12本の計28本あります。ちなみに、永久歯は、切歯が12本、犬歯が4本、前臼歯が16本、後臼歯が10本の計42本に生え変わります。

切歯とは、門歯とも呼ばれる前歯にあたる小さい歯で食べ物を噛み切る役割を持ち、上下6本ずつ生えています。犬歯とは、牙の部分で食べ物や獲物を固定したり、捉えたりする役割を持つ歯の中でも一番鋭い歯で、上下2本ずつ生えています。前臼歯とは、犬歯のすぐ奥に生える歯で、食べ物をすりつぶす役割を持ち、上下6本ずつ生えています。後臼歯は乳歯にはないですが、永久歯に生え変わる時に生えてくる前臼歯の奥に生える歯で、食べ物をすりつぶす役割を持ちます。

このような乳歯の役割は、顎や顔の正常な発育をするために必要です、また、永久歯が生えるスペースや噛み合わせの確保をするためにも乳歯はとても必要なのです。

犬の乳歯が生え変わりについて① 時期

乳歯が抜けて、永久歯に生え変わる時期としては、生後2カ月~7カ月の間に徐々に生え変わります。1歳になるころには永久歯に生え変わっている犬がほとんどです。

人の子供であれば、乳歯が抜けてしまったら分かることのほうが多いのですが、犬の場合は生え変わっていることに気が付かない飼い主さんも多く、犬が乳歯から永久歯に生え変わるということすら知らなかったというケースも実際少なくありません。この理由は、乳歯が抜けたとしても、そのまま飲み込んでしまう犬がほとんどだからです。また、吐き出していたとしても、犬の乳歯、特にチワワやトイプードルなどの小型犬の乳歯はとても小さいので、落ちていたとしても気が付かないまま飼い主さんが掃除をしてしまっているというケースも多いのです。

このようなことから、気が付いたら歯が生え変わっていたということや、生え変わるなんて知らなかったという飼い主さんが多いです。

犬の乳歯の生え変わりについて② 乳歯遺残とは

乳歯遺残とは、乳歯が抜けずに残ってしまっている状態のことをいいます。具体的には、永久歯が生えているのにその隣に本来抜けなければいけない乳歯が生えているような状態です。乳歯遺残の状態でも、自然に乳歯が抜ける場合と、乳歯がぐらついていると食べ物を食べた時やおもちゃで遊んだ時の刺激で抜ける場合などがあります。しかし、乳歯のぐらつきが全くなく自然に任せていても抜けない場合もあります。このように抜けない場合が一番厄介です。この乳歯遺残は、若いころにはそこまで困ったトラブルには繋がりませんが、年を取るごとに歯のトラブルの原因となります。

具体的に乳歯遺残がもたらす歯のトラブルを挙げていきます。

不正咬合

不正咬合とは、歯並びや噛み合せが悪い状態のことです。人にも不正咬合があるように、犬にも歯並びが悪かったり、上下の歯の噛み合わせが悪かったりすることがよく見られます。乳歯遺残は、あごの成長や他の永久歯が正常に生えることの妨げになることもあり不正咬合に繋がることもあるのです。

歯垢・歯石の蓄積

乳歯遺残の一番多くのトラブルは、歯垢が貯まりやすくなりそのまま放置しているとその歯石や食べかすが歯石になってしまいます。

歯石とは、食べかすや歯につく汚れ、歯垢、唾液の成分が溜まってしまうことによってそれらが石灰化してしまった状態です。犬は人のように虫歯にはあまりならないのですが、その代わり歯石はつきやすく、この歯石が歯周病の原因ともなります。

一度歯石が歯に付いてしまうと、歯磨きやデンタルケアをしても綺麗に取れることはなく、取るには動物病院で全身麻酔をかけて歯石除去の処置をしてもらわなければいけません。

歯周病

歯周病は、犬の歯のトラブルとして代表的な病気です。高齢犬でよく見られる歯周病ですが、若いころの乳歯遺残が原因で、高齢になったときに歯周病に悩まされるというケースもすくなくありません。

歯周病とは、歯肉炎や歯周炎といった歯の周りの組織に様々なトラブルが起こる口腔内疾患の総称です。歯石の蓄積が原因となる場合がほとんどです。症状は、口臭や歯肉の炎症、口や鼻からの出血、よだれ、食欲低下、顔の腫れ、頬に穴が開いてしまうなどの症状がみられます。

症状が重ければ、全身麻酔をかけて歯石除去や症状の原因となっている歯を抜く処置も必要になってきます。ただし、歯周病になってしまう年齢は、高齢になってからの場合がとても多く、症状がひどくなってきた時にはかなり高齢の場合や、他の病気も患っていたりすると、簡単に全身麻酔をかけることはできない場合もあります。

犬の乳歯の生え変わりについて③ 注意

歯の生え変わりについて、飼い主さんが注意できることはどのようなことがあるのでしょうか。

歯を飲み込んでも大丈夫?

乳歯が抜けた場合、犬は飲み込んでしまうことが多いですが、歯を飲み込んでしまっても大丈夫なのか心配になる飼い主さんもいると思います。歯を飲み込んだとしても、乳歯はかなり小さく、基本的には体に悪影響を及ぼしたりすることはありませんし、そのまま便と一緒にでるので心配する必要はありません。ただし、念のために歯が抜けていることはチェックしておき、出血がひどくないか、その辺に落ちて人間が踏んでしまわないかを注意しておいたほうがいいです。

乳歯遺残になってしまったら?

歯のチェックを行っていて、愛犬が乳歯遺残であることが分かったら、かかりつけの獣医師に相談することをおすすめします。無理やりひっぱったり取ったりするのはよくありません。最近では、去勢手術や避妊手術をする際に全身麻酔をかけたついでに乳歯遺残の歯を抜いてもらう処置をする犬も増えてきています。不妊手術を選択しない場合は、全身麻酔をかけて乳歯だけを抜いてもらったり、ぐらついていればそのままぬいてもらったり、デンタルケアの正しいやり方なども教えてもらえます。

犬の乳歯の生え変わりについて③ 飼い主さんができるケア

乳歯の生え変わりの時期に飼い主さんができるケアは、歯のチェックです。

まず、歯の生え変わりの時期を知ったうえで、歯のチェックをしてあげましょう。生後2カ月~7カ月が歯の生え変わりの時期ですが、犬によって多少の個体差はありますので、1歳になるまでは歯のチェックはしておくことをおすすめします。

歯のチェックをすることで、生え変わりの状況や、乳歯遺残があるかどうかなどを確認できるとともに、口の周りや口の中を触られることに慣れるようにもなります。嫌がる子には、ご褒美を使いながらチェックしてあげましょう。

まとめ

犬には、人と同じように乳歯があり、永久歯に生え変わる時期というものがあります。

そして、この乳歯がどの時期に生え変わるのか、また、乳歯がもたらすトラブルとは何かを知っておくことをおすすめします。

乳歯がもたらすトラブルには、乳歯遺残がありこの乳歯遺残を放置しておくことで後に歯のトラブルの原因になってしまします。

そうなってしまう前に、乳歯は取ってしまう選択をしたり、取らないのであればしっかりとデンタルケアをしたりする必要があります。

乳歯のトラブルに早く気付けるように、幼少期から歯のチェックを習慣づけることをおすすめします。