犬が車酔いした時の対処法


犬,車,酔う

犬の車酔いとは?

犬が車に乗ると、楽しそうに窓から顔を出して風に当たる犬もいれば、吐いたりふらふらしたり車酔いしてしまう車が苦手な犬もいます。
犬の車酔いは、人間と同様の仕組みで、耳の奥にある平衡感覚やバランスを整えるための三半規管がうまく機能しなくなることで起こります。
その結果として、車酔いの症状を引き起こしてしまうのです。

犬が車酔いする原因

車酔いの原因とは

犬の車酔いは、車の揺れによって「目に見える景色」と「感覚」にずれが生じ、三半規管に影響が出ることで起こります。

他にも、過去に車酔いしてしまった経験から、または車で感じた嫌なことの記憶や不安心などの心理的なことが原因で車酔いしてしまうこともあります。
例えば、過去に車酔いで吐いてしまった経験や、車の揺れで怖い思いをした経験、車に乗る度に嫌いな病院に連れて行かれるといった不安心です。

犬の車酔いは、車に限るものではなく飛行機や船などでも起こります。
また、犬の車酔いを誘発するものとしては、走行中の揺れの他に、車内の臭いやエンジン音・振動などによっても車酔いが誘発されることがあります。

車酔いしやすい犬

特に車酔いしやすい犬種があるということはなく、犬種や犬の大きさなどには関わらず、個体によって車酔いしやすい子がいます。
ただし、傾向として足が細長くバランスの取りづらい犬は、車酔いしやすいと言われています。
他にも、以下に当てはまる場合には車酔いしやすい傾向があるようです。

  • 不安を感じやすい犬
  • 過去に車酔いをしたことのある犬
  • 車に乗ることに慣れていない犬

犬が車酔いした時の症状

犬が車酔いをしている時の初期症状は、

  • 落ち着きをなくす
  • 吠える・鳴く
  • あくびが増える
  • 震える
  • よだれが増える
  • 目がうつろになってくる

などの症状が見られます。
これらの症状が見られた後、最終的に「嘔吐」の症状が見られます。
中には、車に乗って間もなく嘔吐してしまうほど車が苦手な犬もいるようですが、吐いてしまう前の初期症状にいち早く気付いて休憩を取ってあげるようにしましょう。
また、吐いたしまった時のために、車に乗る時にはビニール袋やティッシュペーパーなどを準備しておきましょう。

犬が車酔いした時の対処法

愛犬が車酔いしてしまった時にできる対処法をいくつかご紹介します。

車酔い対処法① 車酔いの症状が見られたら休憩を

車に乗っていて愛犬の様子がおかしいと思ったら、できるだけ早く休憩をさせてあげましょう。
できれば車を停めて、外の空気を吸わせてあげたりお散歩させてあげたりして気分転換を兼ねた休憩にしてあげましょう。
また、嘔吐してしまった時には、慌てず速やかに後片付けをしてあげてください。

車酔い対処法② ケージやクレートに入れて揺れを少なく

犬を車の座席にそのまま座らせていると、車の揺れで体も大きく揺れて車酔いしやすくなります。
揺れを最小限にしてあげるため、ケージやクレート、ドライブボックスなどに入れてしっかりと固定してあげるようにしましょう。

車酔い対処法③ ツボ押し

犬の車酔いに効くと言われているツボがあります。
愛犬に車酔いの症状が見られたら、休憩の時にツボ押しもしてあげると良いでしょう。
また、車に乗せる前にしておくことで予防にもなります。

◆内関(ないかん)

前脚の内側、足首から肘までを4等分した足首から1/4の部分にあり、このツボを押すと心臓・胃に働きかけて車酔い対策となります。
指圧するのは、両前脚でも片前脚だけでも大丈夫ですが、少し強めに押してあげてください。

◆築賓(ちくひん)

後ろ足のかかとの少し上のあたり、腱の内側にあるくぼんだ部分にあります。
内関よりも効果が高いとされているため、車酔いの症状が出た時に強めに押してあげてください。

◆中皖(ちゅうかん)

胃痛、嘔吐に効果があるツボで、胸骨とおへその中間を時計回りに優しくさするように撫でてあげましょう。

他にも、左右の耳の付け根を、優しくつまんで揉んであげることで、車酔いの症状を軽減する効果があります。

車酔い対処法④ アロマ

アロマテラピーは、香りによって様々な効果が期待できると言われていますが、犬にとっても効果が期待できます。
湿らせたハンカチやティッシュにアロマオイルを1~3適含ませて、ビニール袋に入れたら中に香りを嗅がせてあげましょう。

  • ジンジャー:吐き気への抑制作用があり、車酔いやむかつきを軽減に効果的
  • ペパーミント:吐き気や胃のむかつきを鎮静し、細菌や腹痛にも効果的
  • ラベンダー・レモン:頭痛や吐き気を抑え、気分をすっきりさせる
  • ベルガモット:興奮を抑える
  • ゼラニウム:リフレッシュ効果

犬に車酔いをさせないために気を付けたいこと

愛犬が車酔いしてしまう前にできること、予防法を紹介します。

揺れを最小限にした安全運転を

前述でも述べましたが、車の揺れによる車酔いを防ぐためケージやクレートを使って愛犬への揺れの影響を最小限にしてあげましょう。

また、車の振動にも注意しましょう。
車にはエンジンが車の前部にあるものと後部にあるものがありますが、振動が伝わりにくい場所を選んであげることも大切です。
エンジンが前部にある場合には、後部座席に乗せてあげるなどしてあげると良いでしょう。

他にも、運転テクニックも必要です。
急ブレーキや急発進、乱暴運転は犬の車酔いを誘ってしまいます。
できるだけ揺れを軽減することを意識した安全運転を心がけてあげるようにしましょう。

車に対する悪いイメージを犬に与えないこと

車に乗る度に犬の嫌いな動物病院などに行くことを繰り返していると、車に対して悪いイメージを持たせてしまうことになります。
例えば、ドッグランに車で連れて行くなど、「車=楽しい場所に行く」といったポジティブなイメージを与えてあげるよう工夫してあげてみてください。

食事は車に乗る2時間前までに

車に乗る前の食事は、犬が車酔いをする原因になってしまいます。
しかし反対に、空腹の状態でも車酔いしやすくなってしまうので、食事は車に乗る2時間前までに済ませておくようにしましょう。

車内は新鮮な空気に

車内の匂いは犬の車酔いを誘発する要因です。
犬の嗅覚は人間よりもはるかに優れていて、臭いに対してとても敏感です。
車内の空気は、常に新鮮な状態が保てるようにしてあげましょう。

犬にとって匂いの強い、車内でのタバコの喫煙や飲食も避けてあげましょう。
また、芳香剤の匂いや飼い主さんの香水の匂いなども車酔いの原因になってしまうため、車に乗せる前に取り除いてあげるようにしましょう。

まとめ

犬の車酔いは、車に慣れさせていくことで軽減していくことができることです。
犬が車に対して楽しいイメージが持てるようなトレーニングをしていきましょう。
それでも車酔いしてしまう場合には、獣医師に相談の上、酔い止めの薬を処方してもらったりサプリメントを活用してみても良いでしょう。