犬を乗せるための自転車ペットポーターや自転車用のグッズをご紹介


犬,自転車

犬を乗せる自転車とは?

犬を乗せることのできる自転車は、一般的の自転車でも基本的にはカゴ付きのものであれば乗せることができます。
それでも、より高い安全性を求めるのであれば、ペット専用の自転車がおすすめです。

一般の自転車への犬の乗せ方

一般の自転車に犬を乗せる場合には、愛犬の様子が確認できるよう、前にカゴが付いているタイプが良いでしょう。
自転車に備え付けられているカゴ部分に、キャリーバッグを備え付けたり、飛び出しを防止するためのハーネスと短めのリードを付けることで乗せることができます。
首輪にしてしまうと、万が一犬が飛び出してしまった時に首つり状態となってしまうため、胴体に付けるハーネスの方がおすすめです。

ペット専用の自転車とは?

一般の自転車よりも高い安全性を求めるのならペット専用の自転車がおすすめです。
犬を乗せることを目的に作られているので、カゴにピッタリサイズのキャリーバッグが付いていることや、犬を乗る前側に負荷がかかることを想定し後部に重心を置いた特殊設定になっています。
そのため、カゴの中で犬が動いてもバランスを崩す心配が減ったり、飛び出してしまうこともありません。
さらにハンドルロックが掛けられるものは、自転車を停めている間にバランスを崩して倒れてしまう心配もなくなります。
メーカーや種類によっても機能は異なりますが、犬を乗せる時に考えられる危険性を考えて設計された自転車なので、一般の自転車に乗せるよりも安心して利用できます。

犬を自転車に乗せるときの注意点

カゴの位置と大きさ

自転車の中にはカゴが後ろについているものもありますが、後ろのカゴに犬を乗せてしまうと走行中の愛犬の様子が確認できないため、飛び出しそうになった時に防ぐこともできません。
そのため犬を乗せる時は、自転車の前のカゴに乗せるようにしましょう。

また、カゴの大きさが犬に対して小さい場合には、飛び出しやすくなってしまうため危険です。
愛犬が窮屈な思いをすることなく座って乗ることのできる大きさが良いでしょう。

飛び出しに注意

犬がカゴから飛び出してしまわないよう、しっかり対処しておきましょう。
キャリーバッグはカゴにしっかり固定してフタは締めておく、ハーネスとリードをしっかり固定しておくなど、カゴにメッシュのフタを付けるなど、愛犬の予期せぬ行動に対処できるよう予防策を打っておきましょう。

走行はバランスとスピードに注意

前のカゴに犬を乗せていると、犬が動いた時に重心が変わってバランスを崩しやすくなります。
バランスを崩してそのまま転倒してしまうことも考えられますので、無理のないスピードで走行するように気を付けましょう。

安全運転を心がけること

自分1人で自転車に乗っている時でも、出合頭で衝突しそうになったり、車にぶつかりそうになったり、ヒヤッとした経験をしたことがあると思います。
そんな自転車に犬を乗せるのですから、より一層、安全運転に努めるようにしましょう。
また、愛犬に負担にならないような段差の少ない道を選んであげると良いでしょう。

犬を乗せる用の自転車のおすすめ

犬を乗せるための専用自転車をいくつかご紹介します。

ペットポーター

丸石サイクルのペット専用自転車「ペットポーター」は、犬を乗せることを大前提に、安全性に重視した設計と充実の装備がついています。
ペットを乗せるためのカゴをハンドルの中央に位置することで、ペットが動いた時でもふらつきにくい構造になっていて、おしゃれなペット専用バッグも付いています。
バッグには、ペットの居住性の高い内装にこだわったクッションシートや通気性に優れた開口部、さらに飛び出し防止にもしっかり対策されています。

https://item.rakuten.co.jp/joy-joy/petw20f/

ペット用自転車 ショッパー

ショッパーは、女性のための自転車ブランドK32の商品です。
後輪よりも前輪タイヤを小さくすることで重心を低くし、ハンドル軸上に大きな専用バスケットが装備されているので、 犬を乗せていてもふらつかず快適に運転することができます。
もちろんハンドルロック「パーキングストッパー」も付いていて停めている時の安定感もあり安心です。
別売りでマルチトートバッグや飛び出し防止フック、クッションなどが販売されており、自分仕様のペット用自転車にカスタマイズできるのも嬉しいです。

バッグ付きペット用自転車 ハローキティ 16インチ

16インチなので少し小さめサイズですが、ハローキティのデザインがかわいいペット用自転車です。
キティちゃん柄のバッグは取り外して使うこともできるので、そのまま持ち運んだり、車で使うこともできます。

普通の自転車につけて使う犬を乗せるグッズ

今お持ちの自転車に愛犬に乗せたい場合には、自転車対応のキャリーバッグが役立ちます。

サイクリング ドット柄 バッグ

自転車のかごに取り付けることのできるキャリーバッグです。
もちろん飛び出し防止器具やメッシュも付いています。
底には厚めのクッションになっているので、自転車の振動を軽減してくれます。
表側には、大きめのポケットが付いていて、病院などの利用時には、診察券等を入れるのにも便利なバッグです。

Daisuki小型犬用リュック型 キャリーバッグ

Daisukiによる多機能性のリュック型キャリーバッグです。
足腰に負担を軽減する仕様で、底付きなのでしっかり自立します。
自転車の前カゴに入る大きさで、横に倒して使えばハウスとしても、リュックの肩ベルトを使えばドライブバッグとしても活躍します。
自転車のカゴに乗せても高さがあり、小窓は内側から開くことのない特殊構造となっているため、飛び出しを防ぐこともできる仕様となっています。

バディライダー

カナダ発「Buddyrider(バディライダー)」は、まるでチャイルドシートのように自転車に装着可能の自転車用ペットシートです。
11.5kgまでの愛犬に対応したサドル下に取り付けることができるタイプなので、シティサイクルからスポーツ車まで あらゆる自転車に装着することができます。
5.5kg以下の小型犬には専用のクッションも用意されています。
専用のシートベルトで愛犬を固定できるので、安全面も安心の仕様となっています。

Free stitch エアバギーフォードッグ キューブ ネスト バイク

自転車のカゴに乗せることが難しい中型犬~大型犬にはこんな商品があります。
自転車に取り付けることで牽引することができるペットカートです。
自転車で牽引したときの重さをほとんど感じる事なく、低重心で安定感のある走行性能となっています。
もちろん単にペットカートとして利用することもできます。

まとめ

いかがでしたか?
愛犬を自転車に乗せることができたら、生活がより便利になることでしょう。
それでも、犬を自転車に乗せて移動する時には、あらゆる危険を想定した安全運転を心がけるようにしましょう。