犬は蕎麦を食べてもいい?犬に蕎麦の栄養素や与える際の注意点

犬,フレンチブルドック,ボストンテリア

犬は蕎麦を食べても大丈夫?

結論から言うと、犬は蕎麦を食べて大丈夫です。

蕎麦は、米や小麦粉と同じ炭水化物になります。

そのため犬は、米や小麦と同じように、そばも上手に消化することができます。

また、蕎麦は米や小麦粉のように精製せずに挽くので、栄養価が非常に高いといわれ、タンパク質は精白米より30%以上多いといいます。

必ず食べなければならない必須食材ではありませんが、犬に蕎麦アレルギーがない限り、たまに食べさせることは問題ありません。

蕎麦の栄養成分・効用

ビタミンB1

疲労回復やストレスを癒す効果、脳や神経の機能を正常に保つ働きをします。

ビタミンB2

皮膚を健康に保ち、被毛を丈夫にキレイにする効果があります。

ルチン

ビタミンPとも呼ばれていました。

抗炎症効果があり、毛細血管を強くする働きをします。

動脈硬化を防ぎ、皮膚の老化予防、がん予防にも効果があります。(穀類の中では蕎麦だけが持っている成分です)

コリン

肝機能を正常に保つ働きをし、肝臓に過剰な脂肪酸が蓄積するのを防ぎます。

蕎麦の栄養成分から見る犬に蕎麦をあげるメリット

蕎麦は、精白米や小麦粉と比べてタンパク質の量は30%以上多く、犬の体への吸収率も高いといわれます。

上記でもご紹介したように、ビタミンB群が豊富に含まれており、ルチンは、血管を丈夫にする働きを持っていて、大変魅力的な栄養成分になります。

また、コリンは肝機能全般に良く、頻繁に薬を服用して肝機能が弱まっている犬には効果が期待できます。

犬に蕎麦をあげる方法

蕎麦にはいくつか種類があり、

  • 蕎麦麺
  • ガレット
  • 蕎麦湯
  • そばがき

などが代表的なものになります。

そのどれも、犬に食べさせて問題はありませんが、それぞれ、味をつけることなく、そのままの状態であげることが条件になります。

蕎麦の麺のあげ方

蕎麦の麺をあげるときは、麺自体柔らかいので、長いままあげても詰まってどうかなるということはありませんが、犬は麺をすするということができませんので、食べやすいように短く切ってあげるといいでしょう。

ガレットのあげ方

犬用ガレットのレシピ

材料

  • そば粉
  • 豆乳
  • チキン
  • うずらの卵
  • ブロッコリーやキャベツなど、好みの野菜
  • 舞茸

☆作り方☆

1. チキンと野菜、舞茸は小さく刻みます。

2. チキンを炒め、皿に移して置く。

3. 切った野菜と舞茸を少量の水で煮て水分がなくなるまで煮ます。

4. そば粉と豆乳を混ぜ、ガレットの生地を作ります。

5. テフロンのフライパンに生地を流し込み広げます。

6. 表面が乾いてきたら、チキンと野菜を丸く載せ、真ん中にウズラの卵を割り入れ、蓋をします。

7. 卵に火が通ったら、生地の4方向を折り畳んで完成!

犬の誕生日などに、ガレットの中身を犬の好物にしてあげたら、立派なバースデーディナーになります!

蕎麦湯のあげ方

蕎麦湯には、蕎麦を茹でた際に、ビタミンB群やカリウム、でんぷん質、ルチンなど、欲しい栄養素が豊富に溶け出しています

なおかつ、蕎麦の優しい味がします。

食欲のない犬や、シニア犬の健康増進のために、いつもの手作り食に蕎麦湯を足してあげてみるのも方法になります。

ただ蕎麦湯を飲ませるより、犬が飲みやすいのではないでしょうか。

そばがきのあげ方

そばがきは、愛犬の大きさに合わせ、適量を食べやすく切ってあげましょう。

そばがきが好きな犬は、もっともっととねだって欲しがりますが、あくまでも適量をあげるように注意しましょう。

また、味付けは厳禁です。

犬にはどれくらいの蕎麦をあげて大丈夫?

気になるのは、犬にはどれくらいのそばをあげてもいいかですよね。

蕎麦のカロリーは、100gで約274kcalあります。

また、同じ蕎麦でもそば粉の割合でもカロリーは変わってきます。

そば粉で作るガレットやそばがきなども、混ぜるほかの材料でカロリーは変わってきます。

厳密に計算すれば、その都度そば粉の含有量からカロリー計算をするようになりますが、目安的には、小型犬の場合は蕎麦5〜6本くらいで15kcalほどなどで、それくらいで十分な量になります。

犬に蕎麦をあげるときの注意点

蕎麦のあげすぎは禁物

ヘルシーに思える蕎麦も、犬にとっては少ない量でもカロリーオーバーになってしまいます。

欲しがるままにあげることは、食べ過ぎに繋がりますので注意が必要です。

また、蕎麦は確かに魅力がある食品ではありますが、犬が毎日食べるべき食品ではありません。

食べさせる食品をローテーションさせる中で、たまに食べさせる程度に留めるようにしましょう。

蕎麦プラス○○はNG

人は、そばを食べるとき必ずつゆにつけて食べますよね。

ただ、犬にあげる際には間違ってもつゆにつけたものはあげないようにしましょう。

温かい蕎麦でも、つゆを飲ませなきゃ、私が食べている蕎麦をお裾分けしても…なんて思いますが、つゆと一緒にあげなくても、温かい蕎麦の場合、ある程度塩分が麺に染み込んでいます。

塩分や犬にとって余計な添加物を摂取させるようなことは避けましょう。

また、薬味であるネギやワサビも犬には厳禁ですので注意してください。

犬に蕎麦アレルギーがないか注意

人の場合、蕎麦アレルギーは他の食物アレルギーよりも、深刻な症状が現れる場合があります。

それも犬にもいえることなので、他の食物をあげるとき以上に、初めて蕎麦を食べさせるときには慎重にならなければいけません。

蕎麦アレルギーは、食べてすぐ症状が出る場合と、数時間後、数日後に出るものとあります。

食後すぐ現れる症状として危険なのは、アナフィラキシーショックになります。

アナフィラキシーショックは命に関わる劇的な症状ですので、至急病院へ急ぐ必要があります。

アナフィラキシーショックの症状

  • 蕁麻疹、皮膚の赤み、痒み
  • 息苦しそうな呼吸と咳(喘息のような呼吸音)
  • 血圧低下
  • 麻痺
  • 意識障害

蕎麦アレルギーの症状

  • 皮膚を痒がる
  • 湿疹
  • 目の充血
  • 下痢
  • 嘔吐

などがあります。

蕎麦を初めてあげるときには、アレルギーの心配もあるので、少量を食べさせてアレルギー反応がないことを確かめましょう。

食後すぐ反応が出ないこともあるので、せめて24時間は様子を見るようにします。

また、蕎麦を食べた後、いつもと様子が違うときは、変化する犬の状況を見逃さず、元気がなさそうだったり、呼吸音が若干おかしい?というような些細な症状でも様子見にせず、獣医さんに判断を仰ぎましょう。

また、アナフィラキシーショックでなくとも、蕎麦アレルギーの症状がある場合は、無理して食べさせる必要のない食べ物なので、あげ続けてアレルギー反応が強く出る前に、蕎麦をあげることは諦めましょう。

さいごに

蕎麦は他の食品と違い、アレルギーに関しては少し慎重になる必要があります。

無理にリスクを負ってまで食べさせる必要のない食品ではありますが、蕎麦アレルギーもなく、安全に食べられるのであれば、たまに食べさせることで、普段の食生活に変化がつき、犬も喜ぶのではないでしょうか。