犬は魚を食べてもいい?犬に魚の栄養素や与える際の注意点

犬は魚を食べても大丈夫?

結論からいうと、犬は魚を食べて大丈夫です!

魚は知られているように、DHAやEPAなどの成分を大量に含んでいて、それは犬へも有効な栄養成分になります。

食べさせ方や調理法にいくつかの注意はありますが、それらを守ってでも犬に食べさせる価値があるのが「魚」です。

魚の栄養成分・効用

魚に含まれるDHAで犬の脳を活発に

DHAを摂取すると頭が良くなるなんてキャッチコピーがありますよね。

DHAはオメガ3の不飽和脂肪酸の1つになり、脳細胞を活発化させ、頭の回転が早くなるといいます。

また、痴呆症の予防に効果があるともいわれています。

犬にも同じように、脳への効果が期待され、血栓をできにくくし、悪玉コレステロールを減らしてくれる働きもします。

魚に含まれるEPAで犬の血液をキレイにします

EPAも不飽和脂肪酸の仲間になります。

EPAは血栓を防ぐ働きがあるのと、抗炎症作用、免疫調整作用、脂質代謝改善作用などがあるとされています。

また、魚を主食としているイヌイットに、心臓病が少ないということで注目された栄養素がEPAでもあります。

魚に含まれる良質なタンパク質で犬の健康維持

犬の食事の中で、必ず摂取しなければならない栄養素が「タンパク質」になります。

タンパク質は犬の血・筋肉・皮膚・被毛・骨などを作るために重要な役割を果たしています。

魚に含まれるタンパク質は、肉のものより消化しやすいという特徴があります。

また、アレルギー持ちの犬の場合、魚は大丈夫というケースが多くみられます。

魚に含まれるカルシウムで犬の運動機能を丈夫にキープ

カルシウムといえば、骨!と思いつきますよね。

はい。

カルシウムを摂取することで、犬の骨を強くする効果もあります。

ほとんどのカルシウムは骨に蓄えられるのですが、それ以外にも、カルシウムは筋肉の収縮や代謝、神経細胞の働きにも関わっています。

カルシウム不足になると、骨が弱くなるだけではなく、犬の運動機能にも深く関わってきますので、積極的に取り入れたい栄養素の1つになります。

犬に魚をあげる量とあげ方

大変魅力的な食材の魚ですが、実際、魚にはいろんな種類の魚がいます。

それぞれ魚の種類ごとにあげ方に工夫が必要になります。

正しい魚のあげ方をすることで、犬は魚が持つ、優秀な栄養素を摂取することができます。

白身魚・青魚・赤身魚、犬にあげてもいいのはどれ?

魚の身には3種類ありますね。

犬にはどの魚をあげても大丈夫です。

それぞれに特徴があり、それを元にどの魚を犬にあげるか決めましょう。

白身魚…高タンパク質で低脂肪が特徴。アレルギー持ちの犬でもアレルギーが起きにくいといわれるのが白身魚になります。低カロリーなので、量を食べられる分、犬が満足できます。

青魚…青魚にはDHAやEPAが豊富に含まれています。魚独特の脂の匂いを好む犬も多いです。ですが、注意しないとならないのは、青魚を食べすぎると「黄色脂肪症」になってしまうことがあります。また、アレルギーが起こりやすいともいわれ、小骨が多いという難点もあります。

赤身魚…赤身魚といえば、マグロが思いつきますね。赤身魚も他の魚同様、豊富な栄養素があります。が、白身魚に比べてカロリーが高いのです。味は白身魚に比べて魚の脂を楽しめます。

犬に魚をあげる方法

犬には加熱した魚を刻んであげる

犬には加熱した魚をあげます。

完全に火を通してあげないと、アニサキスなどの寄生虫が心配なのと、食中毒の心配もあります。

また、調理した魚を一切れドーンっとあげてしまうと、犬がよく噛まずに食べ、喉に詰まったり、身の中に骨があって、それが刺さってしまうこともゼロではありません。

食べさせるときには、加熱した魚を刻んであげるようにします。

犬には魚をどれくらいあげて大丈夫?

犬に魚をあげる場合、気になるのがあげる量ですよね。

完全に手作り食であげる場合は、各魚のカロリーを1日に必要なカロリーと照らし合わせ、その他の食材と共に計算して割り出す必要があります。

おやつやドッグフードのトッピングとしてあげる場合は、ドッグフードのカロリー10%程度に抑えるようにします。

犬に魚をあげるときの注意点

犬に生魚はNGただし、人が食べる新鮮な刺身は少しならOK

犬には加熱した魚をあげるのが基本になり、生であげるのは、食中毒や寄生虫の心配からあげるのはやめましょう。

ただし、人が食す刺身に限っては、新鮮なものであれは少量なら大丈夫です。

刺身を上げる際には、一切れをそのままあげるのではなく、小さく刻んであげるようにします。

生の刺身には酵素などが含まれているのがメリットですが、多くあげすぎると中毒の原因になりますので、少量に留めましょう。

犬には魚の骨を取ってからあげる

魚の骨は確かにカルシウムが含まれていますが、もともと犬は噛んで飲み込むということをしませんので、骨を丸呑みしてしまうことも考えられます。

大きな骨じゃなきゃ…と考えがちですが、小さな骨でも犬の体の大きさを考えたら、十分な大きさになり得ます。

内臓を傷つけてからでは遅いので、目につく不快な魚の骨は、きちんと取ってからあげましょう。

犬に加工した魚(魚肉ソーセージ・干物・缶詰)はNG

魚肉ソーセージや魚の干物など、魚には様々な加工品があります。

それのどれも、犬にはNG食品になります

加工品になりますので様々な調味料が加えられており、塩分が多く、添加物も犬には毒になります。

犬にイクラは塩分が高いので要注意

魚はOKなら、魚卵は…?と思いますよね。

味付きではないイクラなどは、少量であれば問題ありません。

ただ、味付きではないとしても、やはり塩分は心配したいところなので、あげるときはほんの数粒で抑えましょう。

犬におやつとして魚をあげるときは塩分に注意

よくカルシウム摂取のために、犬に煮干しはどうだろうと思いますよね。

魚の骨には注意とご紹介しましたが、煮干の場合の骨は犬の体を傷つけるほどではないので、無視してもいい骨になります。

ただ注意したいのは、塩分です。

人用の煮干しだと、出汁を取るためのものが多く、よく見ないと塩分が多く含まれているものがほとんどでしょう。

犬にとっては塩分過多になってしまうので、犬用の無塩の煮干しをあげるか、人用のもので、無塩煮干しを探してあげるようにします。

犬に魚アレルギーがないか注意

白身魚はアレルギーが起きにくいとはいえ、起こらないわけではないので注意が必要です。

また、青魚はアレルギーが比較的起きやすいといわれ、鮭は生であげた場合、中毒を起こすことがあります。

アレルギーの症状として

  • 皮膚を痒がる
  • 耳を痒がる
  • 湿疹
  • 下痢
  • 嘔吐

などが食後に現れます。

アレルギーがあるかどうかわからないときは、初めて魚をあげるときは少量だけあげて、犬の反応を観察してから通常量あげるようにしましょう。

さいごに

愛犬に魚アレルギーがないようであれば、積極的に取り入れたい食材になります。

手作り食にしているのなら、肉と魚とローテーションであげることにより、いろんな栄養を取ることができ、犬もいろんな味を楽しめるようになりますね。