犬は海苔を食べてもいい?犬に海苔の栄養素や与える際の注意点

犬は海苔を食べても大丈夫?

結論からいうと、少量であれば問題ありません。

海苔自体、犬も私たちと同様、食べた場合に得られるメリットが大きいので、犬が好んで食べるのなら、問題なくあげて大丈夫です。

ただし、あげすぎてしまうと、様々な障害を引き起こすことがあるので注意が必要になります。

海苔の栄養成分・効用

海苔に含まれるミネラルで犬の健康な血と骨を作ります

海苔にはミネラルが豊富に含まれています。

・カルシウム

骨や歯を作り、丈夫にします。

・鉄分

血液を作ります。

貧血を予防・改善します。

・カリウム

体の中の余分な塩分を体外に排出する手伝いをします。

海苔に含まれるEPAやβカロテンで犬の老化防止に!

コレステロールの値を下げる働きがあるといわれるEPAやタウリン、がん予防に効果があるといわれるβカロテンが含まれている海苔を食べることで、犬の老化防止に繋がります。

また、EPAは血液をサラサラにしてくれる働きがあるので、血液年齢を若返らせる効果が期待できるかもしれません。

海苔に含まれるビタミンで犬の健康をキープ

海苔にはビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCが含まれていて、ビタミンの宝庫とも呼ばれています。

特に、熱に弱いとされるビタミンCですが、海苔に含まれているビタミンCは熱に強いといわれます。

ビタミンは犬の皮膚や被毛にいいだけではなく、目にもいいのです。

また、疲労回復の効果もあるので、とても魅力的な栄養素になります。

犬に海苔をあげる量とあげ方

犬に海苔をあげるとき、海苔を主食にするようなあげ方はしないと思いますが、実際、どれくらいが適量で、どうやってあげたらあげすぎになるのかわかりませんよね。

具体的にあげる方法や量についてご紹介いたします。

犬に海苔をあげる方法

海苔はメインの食材としてではなく、あくまでもトッピングという考え方であげるようにします。

あげるときは、大きい海苔のままあげずに、手やハサミで細かく切ってあげるようにします。

大きいままあげると、よく私たちにも起きるように、犬の口の中に海苔がくっ付き剥がれなくなったりします。

それが万が一喉に張り付いてしまうと、息ができなくなるので危険です。

または、手作り食の食材の1つとしてあげるのも方法になります。

その場合、海苔も食材と混ざり柔らかくなるので、口内のどこかに張り付くという心配も必要なくなりますね。

そして、シニア犬や療養中の犬の食事として、チキンスープの中に海苔を散らし、煮た野菜と一緒にあげると、海苔の栄養素をうまく取り入れることができます。

犬にはどれくらいの海苔をあげて大丈夫?

犬それぞれ個体差があるので、一概にこの量という決まった量はありませんが、基本的には、1回にあげる量は刻んだ海苔で例えるなら、ひとつまみ程度で十分な量になります。

参考

  • 5.0kgまでの犬…0.3〜0.5g(海苔約1/4で0.5g)
  • 10.0〜15.0kgの犬…0.8〜1.0g
  • 20kg〜の犬…1.5〜1.8g

*1日に食べてもいいとされる量になります。

そして、毎日毎食にトッピングとしてあげるのは、トータル的に海苔の摂取量が多くなり、あげすぎになってしまうので、海苔をあげるのは週に1回程度にします。

あとは、犬のウンチを見て判断しましょう。

海苔をあげすぎの場合、ウンチが緩くなったり下痢をします。

また、海苔のあげすぎは尿結石の原因にもなるので、おしっこの量が少ないなど症状があるときは海苔をあげるのをやめ、獣医さんに相談しましょう。

犬に海苔をあげるときの注意点

犬に味付け海苔はダメ

味付け海苔はおいしいですが、犬にとっては味が濃すぎるのと、塩分が強すぎになります。

海苔を食べて得られる効果よりも、犬の体への負担の方が大きくなるので、味付け海苔はあげないようにします。

犬に大きいままの海苔はダメ

大きいままの海苔は、犬が食べたときに口内、喉に詰まらせてしまう可能性があるので、あげるときは必ず小さく刻んであげるようにします。

または、手作り食のトッピングとして水分と一緒に与えます。

犬の健康状態によって海苔は禁止食品

海苔にはヨウ素という成分が大量に含まれています。

そのため、犬が甲状腺の持病などを持っている場合、海苔を食べることにより病気が悪化することがあります。

また、腎臓病があったり、腎臓が弱いという場合も、海苔に含まれているカリウムが悪さをすることがあり得ますので、そういうときは、海苔をあげる前に必ず獣医さんに相談してからあげるようにしてください。

犬に市販のおにぎりはあげないで!

私たちは、市販のおにぎりを買って食べることがありますよね。

旅行先でお腹が空いたから買って食べ用としたとき、気になる愛犬の視線。

少しあげてもいいかな〜と思いがちですが、あげてはいけません。

海苔自体に味が付いている場合もありますし、海苔以外に、ご飯には必ず塩が使われていたりします。

結果、犬にとって人の食べるおにぎりは味が濃すぎるものですので、体に負担がかかるのであげてはいけないのです。

犬に海苔をあげすぎたら病気に…

健康にいいはずの海苔ですが、あげすぎてしまうと病気の原因になってしまうことがあります。

海苔には多くのカルシウムやマグネシウムが含まれています。

海苔を大量に摂取することで、それらの栄養素がマイナスに働き始め、尿路結石症を引き起こしたりします。

尿路結石症になると、おしっこが出にくくなることから始まり、トイレの失敗が増え、症状が悪化すると痛みが増し、最悪おしっこが出なくなり、尿毒症になることもゼロではありません。

海苔をあげすぎないということを意識し、万が一、犬のおしっこに変化があったときには、早いうちに獣医さんの診察を受けるようにしましょう。

犬に海苔アレルギーがないか注意

犬に海苔をあげるときに心配しなければいけないことが、海苔アレルギーがないかどうかです。

どんなに少量でも海苔アレルギーがある場合、何かしらの反応がありますので、初めて海苔をあげる場合はほんの少しから始め、食後の様子をしっかり観察するようにします。

海苔アレルギーの症状は、

  • 体を痒がる
  • 湿疹
  • 耳の中が赤くなる
  • 目が充血している
  • 下痢
  • 嘔吐

などがあります。

また、最初は何ともないようにみえて、食べさせていく中である日突然、海苔アレルギーになるということもあります。

ずっと何ともなかったからと安心せず、犬の食後は何もなく大丈夫かどうか、チェックするようにしましょう。

さいごに

海苔は犬の食生活の中で、必ず取り入れなければならない食材ではありませんが、犬が好んで食べ、アレルギー反応もないようであれば、時々少量あげることで、犬の食事に変化をつけることができ、犬の食生活もバリエーションが増え、豊かな楽しい食事になるのではないでしょうか。