犬はゆで卵を食べてもいい?犬にゆで卵の栄養素や与える際の注意点


卵,犬,ゆで卵

犬はゆで卵を食べても大丈夫?

結論からいうと、犬はゆで卵を食べて大丈夫です!

卵自体、犬にとっても大変栄養価が高い、積極的に食べてもいい食材になります。

ただし、卵をあげるには1つ気をつけることがあります。

それは、「生の卵白」はあげてはいけないということです。

卵の卵白には、アビジンという成分が含まれていて、この成分が犬の体内に入ると、ビオチンというビタミンの吸収を妨げる働きをします。

そのため、生の卵白が摂取過多になるとビタミン欠乏症などになってしまいます。そして、ビタミンの吸収がうまくできないことで、免疫力低下なども起こすこともあります。

ただしこのアビジン、熱に大変弱いという弱点を持ちます。

そのため、犬に卵をあげるときは加熱をすることが大切になるのです。

つまり、ゆで卵の場合、完全に卵白部分には火が通っているので、全く問題なくあげてもいいことになります。

ゆで卵の栄養成分・効用

ゆで卵に含まれる9種類のアミノ酸で犬のアンチエイジング!

卵には9種類の必須アミノ酸が含まれています。

それらのアミノ酸は、食べ物から摂取しなければ、体内では作れないものになります。

アミノ酸には疲労回復を助け、免疫力を高めてくれる働きを持ちます。

また、必須アミノ酸の中に含まれているメチオニンには、体内の老廃物や毒素を排泄させる働きがあります。

犬もそんなアミノ酸の力を借りて、アンチエイジングをさせましょう!

ゆで卵に含まれる良質なタンパク質で犬の体づくり

タンパク質を摂取と思いつくのは、肉や魚ですよね。

でも、ゆで卵にも良質なタンパク質がたくさん含まれています。

また、ゆで卵に含まれるタンパク質は、加熱することによってタンパク質が変性し、より体に吸収されやすくなります。

そのため、同じ量のタンパク質でも、ゆで卵の方がタンパク質をより効率よく摂取することができるのです。

良質なタンパク質で、犬の基本になる体づくりにつなげましょう。

ゆで卵に含まれるレシチンで犬の脳を活性化!

犬の高齢化が進む近年。

心配なことの1つが、犬のアルツハイマーではないでしょうか。

ゆで卵には、レシチンという成分が含まれており、そのレシチンの中にはコリンという成分があります。

そのコリンという成分が、脳細胞を活性化させる働きがあるといわれています。

そして嬉しいことに、このコリンは中性脂肪をうまくバランスを取る働きもあり、内臓脂肪が溜まる心配もありません。

また、血液を下げ、高血圧や高コレステロールの予防や改善にも効果が期待できます。

シニア犬の健康を支える成分です。

犬にゆで卵をあげる量とあげ方

犬それぞれ、食べ物に好き嫌いがありますが、ゆで卵を食べないという犬はなかなかいません。

犬世界で大人気なゆで卵ですが、ただひたすら欲しがる分あげてしまうのは、逆に健康を害してしまいます。

正しい量を正しいあげ方で食べさせて初めて、ゆで卵の栄養価が活かされます。

犬にゆで卵をあげる方法

犬にはゆで卵は丸ごとではなく、切ってあげる

犬はもともと、食べ物をよく噛んで飲むという概念がありません。

噛み切ることは得意ですが、歯の構造上、それを噛んですりつぶすということは得意ではありません。

そのため、小型犬にゆで卵丸々1個をあげるということは、量的に過剰ですのでありえませんが、大型犬の場合、豪快に1個ゆで卵をあげて、はしゃぐ犬を見るという光景がありますが、時により危険なので注意が必要です。

特に、何でも丸飲みしてしまうような犬だと、ゆで卵を思わず噛まずにそのまま飲み込んで詰まってしまうなんてことも…

また、ゆで卵は食べてみてわかる通り、口の中で随分水分を取られてしまう食べ物でもあります。

ゆで卵単独であげた場合、飲み込む時に、詰まってしまうことがあるでしょう。

その犬に合わせ、大きく切ってあげたり、細かく刻んであげたり工夫するようにしましょう。

犬にはゆで卵の黄身と白身両方を

また健康のために、白身の部分だけ細かく切ってあげようかな…と、卵の栄養価は興味があるけど、カロリーが気になるからとつい、やりがちではことではないでしょうか。

卵は白身と黄身を一緒に取ることで、うまくバランスが取れた栄養価になるといわれています。

黄身には黄身にしかない栄養価もありますので、

ゆで卵は白身と黄身、バランス良くあげましょう。

犬にはどれくらいのゆで卵をあげて大丈夫?

超小型犬から超大型犬まで、犬にも体の大きさは様々です。

そのため、あげるゆで卵の量も犬の体によって変化します。

基本的には、

5.0kgまでの犬でゆで卵1/4

10.0〜15.0kgまでの犬でゆで卵半分〜1個

20.0kg以上の犬でゆで卵1個〜1個半

これらが目安になります。

ただし、ゆで卵をドライフードのトッピングにする場合や、手作り食の材料の1つにする場合などは、あげる食事のカロリーを計算し、カロリー過多にならないように、ゆで卵の量は調整してください。

犬にゆで卵をあげるときの注意点

犬にゆで卵のあげすぎはNG

卵は完全食品と呼ばれるほど、栄養価が高く、優秀な食材です。

ただそれも、1回にあげる量が多かったり、毎日卵をあげるというのは、栄養過多になり、障害が出てきます。

1回にあげるゆで卵の量は適量にし、あげる回数も、1週間に1〜2回程度に抑え、あげすぎに気をつけましょう。

犬に味つきゆで卵はNG

お店で売っている味付きゆで卵や、おでんの出汁が染みているゆで卵など、私たちが食べる分にはおいしいですが、犬とはシェアできません。

犬にとって味が濃すぎ、塩分が多すぎます。

犬と一緒に食べたい場合は、あくまでシンプルなゆで卵を作ってあげるようにしてください。

犬に卵アレルギーがないか注意

結構耳にする「卵アレルギー」という言葉。

食物アレルギーの中で多いのが卵アレルギーになります。

犬にもそれは例外ではありません。

人と同じように、犬にも卵アレルギーが存在します。

初めてゆで卵をあげる時には少量だけあげ、食後の様子を観察します。

  • 体を痒がる
  • 口周りをカーペットなどに擦り付ける
  • 皮膚が赤い
  • 皮膚に湿疹
  • 下痢・嘔吐

があった場合、卵アレルギーを疑いましょう。

また、ずっとあげていて平気だったのに、ある日突然、卵アレルギーになることもあるので、普段の食後の様子は気にして見るように癖付けるようにし、早期発見できるようにしたいですね。

さいごに

卵は少量でもたくさんの栄養がギュッと詰まっているスーパーフードになります。

そのため、普段の食事に取り入れることもOKですが、療養中やシニア犬の栄養補給などに活躍する食材ではないでしょうか。

ついついたくさんあげたくなりますが、くれぐれもあげすぎにはご注意を〜!