犬は米を食べてもいい?犬に米の栄養素や与える際の注意点


お米,犬

犬は米を食べても大丈夫?

結論からいうと、犬は米を食べて大丈夫です!

ただし、生の米は消化が大変悪いので、犬にあげる米はちゃんと加熱調理されたものをあげます。

そして犬はもともと、肉のような動物性タンパク質を消化することは得意ですが、炭水化物である米は肉ほど消化するのが得意ではありません。

その辺をうまくバランスを取りながら犬に与えることで、米は栄養価も大変高い食材なので、犬に与える影響は大きいでしょう。

また米は、小麦粉などよりもアレルギーを起こしにくい食材としても有名です。

アレルギーで悩んでる愛犬にも、米だったらアレルギー反応が起きず、安心して食べさせられるかもしれません。

米の栄養素・効用

米に含まれるタンパク質で犬の健康をキープ

米には植物性たんぱく質が含まれています。

そのたんぱく質は犬の血液や筋肉、細胞を形成する栄養素になります。

よく、小麦粉の方がタンパク質の量は上といわれますが、アミノ酸スコアでいけば、37(小麦粉):61(精白米)で、米の方が良質なタンパク質を含んでいることがわかります。

米に含まれる炭水化物(糖質)は犬のエネルギー源に

米=炭水化物と敬遠されがちですが、炭水化物(糖質)はとても重要な役目を果たします。

特に、神経や脳の働きを活発にさせる役割を持っています。

また、炭水化物には糖質の他に、繊維質にも分けられ、この繊維質は腸内細菌によって発酵され、その時にできる短鎖脂肪酸が、腸内の粘膜を強くし、栄養の吸収を促してくれます。

米に含まれるビタミンB1で神経系の機能を正常に

ビタミンB1は、犬の神経系が正常に機能する手助けをします。

これが不足すると、神経障害や視力障害などの影響が出てきてしまいます。

特に、子犬は成犬よりもビタミンB1の摂取が必要といわれています。

米に含まれる鉄分で犬の貧血予防

米の中には量は多くありませんが、鉄分が含まれています。

  • どうも元気がなさそう
  • 食欲不振
  • 疲れやすい

これらの症状は、単純に加齢からくるものではなく、鉄分不足のこともあります。

鉄分は貧血を予防し、全身の代謝を良くする働きもあります。

犬に米をあげる量とあげ方

手作り食には積極的に取り入れても良さそうな「米」ですが、様々なあげ方があるのでご紹介していきます。

犬に米をあげる方法

犬に米をあげる場合、必ず加熱して、柔らかく調理した米をあげるようにします。

生の米をあげる人はいないと思いますが、注意したいのは、普通に私たちが食べるくらいの硬さで炊いた米は問題ないですが、米自体、犬は消化をすることが得意なわけではないので、硬めに炊いたご飯などは注意してください。

また、子犬やシニア犬にあげる場合、炊いたご飯をさらに柔らかくお粥状にしてあげると消化の助けになります。

犬に白米以外の米に関する食材はあげてもOK?

続いて…

米には白米以外にも、米からできた食材などもありますよね。

それらの食材も犬にあげて大丈夫なんです!

犬に米粉

米を粉にしたものになります。

小麦粉よりもアレルギー反応が出にくいとされるのが米です。

アレルギー持ちの犬に、オヤツを作ってあげたくても小麦粉はあげられない。

大丈夫!

小麦粉の代用で米粉を使えば、色々なオヤツを作ってあげられます。

犬に雑穀米

私たちの食生活の中でも、雑穀米はヘルシーと人気があります。

犬にとっても、栄養価は高く、あげても問題ない食材にはなりますが、消化が悪いので、白米よりももっと柔らかくするように工夫しましょう。

また、白米よりもアレルギーが出ることがあるので、最初は少量からあげて様子を見ます。

犬に米糠

玄米を精米する時に出る米の殻を米糠といいます。

この米糠には抗酸化作用や、皮膚にいい栄養素などがたくさん含まれているため、犬に食べさせても問題ない食材になります。

ただし米糠には大量の食物繊維が含まれているので、大量にあげすぎてしまうと下痢になりことがあるので、量には注意が必要になります。

犬に玄米

デトックス効果、アンチエイジング、皮膚の健康と、玄米をあげることで得られるメリットはたくさんあります。

ただし注意したいのは、玄米は白米よりも消化されにくいことと、アレルギーが起きる犬もいるので、最初は少量から始めることです。

犬に甘酒(米麹)

飲む点滴といわれる甘酒ですが、犬にもOKなんです。

必須アミノ酸が大量に含まれていて、犬にも消化しやすい発酵食品になります。

ただし、あげていいのはアルコールが含まれていない米麹から作られたものだけ、飲ませてOK!

ただし、あげすぎはカロリー過多になりますからご注意を!

犬に米はどれくらいあげても大丈夫?

いくら体にいい米でも、あげすぎはカロリーオーバーで、肥満の原因になります。

1日にあげてもいい量の目安は、

5.0kgの成犬…1日約250〜300g

手作り食の食材比率(肉魚、野菜、穀物)は1:1:1になります。

あとは、愛犬の運動量や健康状態によってバランスを変えていきます。

犬に米をあげるときの注意点

カロリー過多に注意

ご飯が原因で太ってしまうのは、犬も同じことです。

ついつい、人と同じに考えてあげてしまうと、カロリー過多で肥満になってしまうことがあります。

ご飯が好きな犬は多いですが、私たちがきちんと管理して、適量をあげることが大切になります。

犬には犬用のご飯を

人昔よくあった、白米に味噌汁をかけて〜というご飯のあげかたは論外ですが、同時に、きっちり計量して作ったご飯だけど、味気ないだろうからと塩や醤油などで味付けはしないでください。

犬にはそういった調味料は必要ありません。

せっかく体にいいご飯も、味付けをすることで体に負担になってしまいます。

犬に米アレルギーがないか注意

小麦粉などと違い、米はアレルギー反応が起きにくいとはいわれています。

でもゼロではありません。

初めて犬に米をあげるときには、必ず少量から始めしょう。

そして食後の反応を観察してください。

  • 口周りを痒がる
  • 皮膚が赤くなる
  • 指間をしきりに舐める

などの症状があれば、アレルギーが疑われます。

また、下痢や嘔吐があった場合も、米が原因の場合があるかもしれません。

さいごに

米にアレルギーがないようであれば、手作り食に積極的に取り入れてあげたい食材ですよね。

また、白米だけでなく、米粉や甘酒(米麹)を使い、犬への手作りおやつも様々作れます。

砂糖を抑えるなど工夫をすれば、飼い主さんと犬が一緒におやつを食べることもありですよ!

ぜひあなたの愛犬と楽しい米ライフを〜♪