粗相をするマルチーズのトイレ再トレーニング方法

比較的物覚えの良いマルチーズですが、トイレを覚えられず粗相をしてしまう子がいます。 毎回片づけるのも大変で、部屋も汚れてしまい、失敗が続くたびにため息が出ますよね。 そんな時は、しつけ方法を見直して再トレーニングを始めましょう。

トイレ環境を見直す

まず初めにすることはトイレの環境を見直すことです。
サークルの中にトイレとベッドを並べていませんか?犬にとってペットシーツやベッドは、柔らかくおしっこを吸収する同じようなものです。そして、犬は寝床とは離れた場所で排泄する習性があります。トイレを覚えるまでは、トイレはトイレだけの場所にしておくことがポイントです。 お薦めは、トイレの部分に仕切りのあるサークルを準備することですが、すでに準備されているものもあると思うので、その場合はサークル全体にペットシーツを敷き詰め、排泄する場所が特定されてきたら徐々にペットシーツを敷く場所を減らしていきましょう。
そして、トイレのサイズは体調の1.5倍以上のものを準備してあげましょう。

粗相をする原因とトレーニング法

トイレを覚えられないのには必ず原因があります。

褒めるタイミング

褒めるタイミングが遅くなっていないですか?
トイレで排泄しているのを飼い主さんが気付いた時に褒めても、マルチーズは数分前のことを褒められても何のことを褒められているのかの理解ができません。成功例を見逃さず、上手に排泄できたタイミングで思い切り褒めてあげましょう。

自分でトイレに行くことを知らない

子犬のうちは、ソワソワと床を嗅ぎながらグルグル回る排泄するサインを出したときに、トイレに抱っこして連れて行って排泄させていたかと思います。 その為、自分でトイレに行くということを知らない場合は失敗が多くなります。
排泄のサインがあれば、トイレの前で床をコンコンとして音を出しながら「ワンツー」「トイレ」などの言葉を繰り返しかけながら、マルチーズ自らの足でトイレに向かうように促しましょう。 そして上手にトイレができれば褒めてあげましょう。

閉じ込めておけない

トイレトレーニングの最初の段階では、トイレに閉じ込めて排泄するまで出さないことが鉄則です。そして上手にできれば褒めて出してあげるのが効果的です。
閉じ込めた時に、マルチーズがサークルから出してほしいと泣くので、トイレじゃなかったのかな?と思ってすぐに出してはいないですか? 出すことで失敗に繋がっているのです。排泄するまでサークルは絶対に出さないつもりで接してください。

トイレの場所を変えるときや引っ越しした場合

トイレを確実にできるようにあれば、トイレの場所を変えても良いです。いきなり場所が変わるとマルチーズが困惑してしまうので少しずつずらしながら場所を変えてあげるようにしましょう。トイレを置く場所は、できるだけマルチーズが落ち着いて排泄できる場所にしましょう。
また、引越しなどで全く違った環境になることで、それまでできていたトイレができなくなることがあります。そういった時にはトレーニングのやり直しです。排泄のサインを出せば、「トイレ」や「ワンツー」などの言葉を繰り返しながらトイレに誘導し、上手に排泄できれば褒めてあげましょう。

まとめ

トイレトレーニングを成功させるコツは、上手にできた時には大袈裟なほどに褒めることと失敗した時は反応せずに無視をしてメリハリをつけることです。
マルチーズは比較的物覚えは良いので、飼い主さんの接し方を見直すことで簡単に成功するかもしれません。