フレンチブルドックを飼うにはどれくらいの費用が必要なの?


フレンチブルドッグを飼うための初期費用

まずはフレンチブルドッグを飼うためには、最初にどれ位の費用が必要なのかを考えてみましょう。
フレンチブルドッグをペットショップから家に迎えるためには、様々なものを準備しておかなくてはいけませんが、その購入費用とワクチンや登録費用などが含まれます。
フレンチブルドッグの子犬を20万円前後として、ワクチン、登録費用で約11,000円、様々なグッズをトータルすると約41,500円位になり、合計が252,500円位と、決して安くない費用を見積もっておく必要があります。

遠方のブリーダーで子犬を迎える場合は交通費が必要になります。
また迎えてすぐにすることはないでしょうが、交配を考えていない場合、去勢・避妊手術をすることもあるでしょう。
そうするとさらに費用がかかってしまうことになりますが、子犬の購入費用、グッズの費用などは差がありますので、工夫次第ではもっと抑えることもできるでしょう。

フレンチブルドッグを飼うための年間費用

次にフレンチブルドッグを飼っていると、一年間でどれ位の費用が必要なのかを考えてみましょう。
毎年必要なものは、食餌やトイレシーツなどの他にも、毎年1回義務付けられている狂犬病予防接種と任意のワクチン接種、フィラリア予防接種が含まれます。

  • 混合ワクチン:8,000円
  • 狂犬病予防:3,500円
  • フィラリア予防:10,000円
  • ノミ・ダニ予防:12,000円
  • ドッグフード(1kg1,000円として1日160g):58,400円
  • トイレシーツ(1枚12円として1日5枚使用):21,900円
  • おやつ:6,000円
  • シャンプー、耳掃除などのケア用品:9,600円

これらを合計すると129,400円になります。
この他にもペットサロン、ペットホテルを利用すると、その費用もかかります。
1人で遊ぶおもちゃ、飼い主と一緒に遊ぶおもちゃも必要になるでしょう。
予防接種などは任意のものであっても、節約のために省くべきものではありません。
節約できるとすれば、トイレシーツを布のものにする、おやつを購入しないで手作りなどの工夫をするなどで、ある程度の節約が可能です。

フレンチブルドッグを飼うための生涯費用

フレンチブルドッグを飼うための生涯費用は、単純計算で年間費用に平均寿命をかけて、それに初期費用をプラスしたものということになります。
フレンチブルドッグの平均寿命を10年位と考えると、生涯費用は150万円を超えるということになります。
これに突発的なケガや病気の医療費、服を着せた時の費用、おもちゃの購入費用、旅行に行ったときの費用など、何がプラスになるかは、それぞれの状況によるのでわかりません。

犬を飼うということは、ある程度の経済的な余裕が必要ですが、それだからこそ、家族として大切に考え癒しの存在ともなってくれるのではないでしょうか。
フレンチブルドッグを飼いたいと考える時は、迎える前にぜひ費用のことを考えてみてください。

まとめ

犬を飼うというのはお金がかかります。
フレンチブルドッグは独特の病気も多く、医療費もかかりがちです。
しかし費用がかかってもフレンチブルドッグを家族と考える飼い主さんにとっては、お金には変えられない存在です。
フレンチブルドッグの子犬が欲しいと思った時は一度冷静になって、その子犬がどういう状態になったとしても、どれだけお金がかかったとしても生涯面倒を見ることができるのかを考えるようにしてみてくださいね。