フレンチブルドックの購入費用はどれ位?

フレンチブルドッグの購入費用の相場とは?

フレンチブルドッグは人気がある犬種で、他の犬種よりも価格が高く設定してあることが多いです。
価格にはバラつきがあり、10万円台~30万円台位になることが多いです。
平均すると20万円台で販売されていることが多いようです。
フレンチブルドッグの購入経路はペットショップよりもフレンチブルドッグを専門に扱うブリーダーから購入することが一般的になってきつつあります。

オスとメスとでは、子犬を出産することができるメスのほうが値段が高くなっていることが多いです。
価格が高いフレンチブルドッグが必ずしも自分に合う犬、良い犬であるとは限りませんので、価格だけで判断するのは避けて、いくつかの犬舎やお店を訪れてから判断するようにしましょう。

価格が高いフレンチブルドッグとは?

フレンチブルドッグは毛色によっても価格にバラつきが出てきます。
一番人気がある毛色は黒と白の模様「パイド」で、1頭ごとに模様が異なるのが魅力で、フレンチブルドッグを代表する毛色です。
しかし頭数が少ないので価格はどうしても高くなります。
その次に人気があるのは「クリーム」で、薄めの色か茶色に近い色まであり、意外と個性が強い毛色でパイドの次に価格が高くなります。
そして茶と白のまだら模様の「ブリンドル」、茶色の「フォーン」という順に価格が下がっていきます。

しかし毛色による価格の差は、頭数の違いと人気によるもので、決して犬の性格や健康状態に差があるものではありません。
またチャンピオン犬を親に持つ子犬は、価格がとても高くなりがちです。
50万円を超えることは決して珍しくありません。
なかなか見つけにくいですが、フレンチブルドッグのチャンピオン犬を多く輩出しているブリーダーを訪ねてみると見つけることができるかもしれません。

フレンチブルドッグの価格が高い理由とは?

フレンチブルドッグは他の犬種よりも価格が高いことが多いのですが、これにはいくつかの理由があります。
まずフレンチブルドッグが人気犬種であるということがあげられます。
飼いやすい犬種であるため価格が高くても売れる傾向があります。
だから値段を下げずに販売されているということがあります。
次にフレンチブルドッグは自然分娩が難しい犬種で帝王切開での出産になることがほとんどです。
生まれる子犬の頭数も2、3頭ととても少ないです。
このように出産に手間とコストがかかり、頭数も少ないために、価格も高くなってしまいます。

安いフレンチブルドッグを探すことは難しいですが、月齢が高い子犬、あまり人気がない毛色の子犬を選ぶと、少し購入費用を抑えることができるかもしれません。
フレンチブルドッグは流通数も少ないために、気に入る子犬を見つけることは難しいですが、月齢や毛色で子犬の質が落ちるわけではありませんので、特に気にしないのであれば安く手購入することも可能です。

まとめ

フレンチブルドッグなどの短頭種の犬は自然分娩が難しく帝王切開の出産になります。
一度の出産で2、3頭しか生まれないので、価格は他の犬種に比べて高くなります。
毛色によっても価格の違いがあり、一番人気があるのは白と黒の「パイド」です。
しかし価格が高いから犬の質が良いというわけではありません。
フレンチブルドッグは家に迎えてからも費用がかかる犬種ですので、そのことも考えて購入費用についてを考えましょう。